第59話(2-17)姫将と金鬼

59


 オーニータウン守備隊と山賊軍の決戦も、いよいよ決着を迎えようとしていた。

 セイとゴルトの一騎討ちの結果、偶然にも魔法道具マジックアイテム、通信貝を奪った山賊軍首魁アーカムは、これを利用して守備隊を混乱させようとした。


「愚かな劣等民族どもよ聞けっ。我々はすでに本陣を陥落させ、小娘は討ち取った。降伏するがいい!」


 ゴルトの偽報、呼びかけに対する反応は、以下の通りだった。

 はじめに、町の東部で市街戦を展開していたイヌヴェの隊は、誰もが怒りで顔を赤く染めて、激情に打ち震えた。


「セイ隊長が殺害された?」

「俺達の希望をっ、我々の母親になってくれたかもしれない御方をっ、よくもぉおおっ」

「撃て撃て撃てぇっ」


 隊員の中には、劇的な反応を示したものもいて――。

 この場にセイがいなかったのは、彼女にとっても彼らにとっても、幸運といえるだろう。

 逆上したイヌヴェの隊は、壊走する山賊軍をどこまでも追いかけ、鉄砲を撃ち放った。


 一方、西部農業地区で山賊の撃退に成功し、防衛を固めていたサムエルの隊は、ゴルトの勝利宣言を半信半疑で受け止めた。


「隊長殿が、そう簡単にくたばるタマかねえ? 妙に危ういところはあったが……」

「だがよ、サムエル。もし万が一本当だったとしたら、テメェの女を殺された辺境伯はどんな顔をすると思う?」

「まずい。敵軍くらい討たないと、こっちのクビが飛ぶな」


 サムエルは、追撃に入ると通信貝に向かって宣言。手馴れた動きで、追撃を始めた。


 最後に代官館で燃えおちる砦のベイリーを見下ろす、アリスとキジーが率いる部隊は困惑に包まれていた。

 アリスが、黄金色の毛玉のような体を弾ませて、小躍りしていたからである。


「作戦通りたぬ。セイちゃんが手はずどおり砦を爆破して、今こそまさに攻撃のチャンスたぬ」

「で、でもアリス副長。セイ隊長の通信貝が敵の手に奪われています」

「きっと落っことしたぬ。セイちゃんもうっかりさんたぬ」


 いや、セイ隊長はアリス副長よりしっかりしてますよ!

 と、思わず総出でツッコミを入れようとした隊員たちだが、案外正しいのかもしれないと思い直した。

 高所にある代官館からは、天守であるプレハブ小屋が未だ健在だと、遠目ながらも確認できたからだ。


「さあ、おでかけたぬよ」


 部隊の半数、二〇名を自警団の監視と民間人の防衛に残して、アリス&キジー隊はマイペースに突撃を開始した。


――

―――


「駄目だな。アーカム叔父貴、連中はまるで聞いちゃいない」


 セイの砦を囮にした火計によって、守備隊砦攻略に参加した山賊軍の半数が死亡、もしくは生死に関わる重傷を負った。

 相棒の巨大熊に救出されたゴルトもまた火傷に軟膏なんこうを塗り、包帯を巻きつけながら、お手上げとばかりに肩をすくめて苦笑した。


「こっちの勢いは完全にくじかれた。シーアン叔父貴からの連絡も途絶えて、東西の攻撃部隊は敗走している。このままだと追っかけてくる守備隊に、四方を囲まれて全滅すっぞ」

「ゆ、許されない。許されるはずがなぁい。強者こそが正しいのだ。世界の先端を走る巨大国家、西部連邦人民共和国が正義なのだ。その、選ばれた強者であるオレ達が、よりにもよってあんな小娘風情に負けるだと? そんなはずがないだろう。なあ、ゴルトォオオオッ」


 叔父であるアーカムが、ガマガエルに似た腹を揺らし、己の肩を掴んで喚く見苦しい光景を、ゴルトは冷ややかな目で見ていた。

 兵数は、まだ山賊軍が勝っている。だが肝心の兵士達の心がへし折れていた。こんなお通夜みたいな士気では、戦闘の続行は不可能だ。

 ならば逃亡するのか? いったいどこへ? 共和国が租借した十竜港へは、辺境伯の本拠地である領都レーフォンを越えなければ入れない。

 生き延びる可能性を検討するならば、むしろ分散して他領へと逃れ、潜伏するべきだろう。

 だが、それすらも、この場を脱出しなければ不可能だ。


「アーカム叔父貴。奪いたいものは好きに奪え。壊したいものは好きに壊せ。少数民族よわいものは糧となり、教団員つよいものが喰らう。それがこの世の真理だと――、そう言ったな?」

「なにか策があるのか、ゴルト? あの忌まわしい小娘に、身の程を思い知らせる手段を思いついたのか?」


 すがるように見上げるアーカムに対し、ゴルトは冷ややかに言い捨てた。


「おいは、おいの仲間と生きる。アンタは好きにするといい」

「み、見捨てるのか、ゴルト。血の繋がった叔父であるオレとアニキを?」

「アーカム・トイフェル! アンタとシーアンが父者を殺し、母者を犯して狂わせた日から、おいは、この体に流れる血がずっと憎かった!」


 ゴルトは、アーカムを大斧の柄で殴りつけて黙らせた。

 父母の仇だった。だが、育ての親ではあった。だから、ゴルトは己が手で命を奪うことはしなかった。

 ゴルト・トイフェルは、良き父と良き母の間に生まれ、畜生に育てられようとも、おとこであった。

 彼が砦を見れば、すでに火は消えている。もう時間は無いだろう。守備隊長、セイの追撃が来る。


「……弔ってやれず、すまんな」


 死んだ仲間達の名前と顔を胸に刻みこんで、ゴルトはえた。 


「皆聞けぇっ。おいは今日限りでパラディース教団とは縁を切る。生きる気力のあるヤツはついて来い。もっと楽しい戦場で、殺したり殺されたりしようじゃないか!」


 ゴルトの誘いを、アーカムが雇った私兵の大半は、死んだ魚のような目で聞き流すばかりだった。

 だが、ゴルトと共に戦場を駆けた戦友の生き残りと、私兵の中にもわずかながら呼びかけに応える者がいた。


「ああ、嫌だ。クソッタレた教団の、クソッタレたいぬとして死ぬ。そんなつまらない死に方は断固として御免だ」

「素晴らしい戦場があるはずだ。もっと華々しくで愉快で痛快な逝き場所があるはずだ。それまでくたばってたまるものか」

「ゴルト隊長。でも、逃げ場なんてどこにあるんですか?」

「おう、あるともよ。おいの言うとおりに陣形をつくれ。目標は敵主力部隊。突撃して、退却すっぞ!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます