第七章 悪徳貴族の恋愛事情

第121話(2-75)告白Ⅰ

121


 復興暦一一一〇年/共和国暦一〇〇四年 木枯の月(一一月)二六日午後。

 クロードは、レーベンヒェルム領で主だった要職に就いたメンバーを、屋敷の会議室に集めた。

 参加者は――。


 辺境伯    クローディアス・レーベンヒェルム

 侍女     レア

 御者     ボー


 役所出納長  アンセル・リードホルム

 特別警備隊長 エリック

 外交担当職長 ブリギッタ・カーン

 公安情報部長 ハサネ・イスマイール

 新式農園監理 ソフィ

 領主付護衛官 アリス・ヤツフサ


 領軍総司令官 セイ

 領軍参謀長  ヨアヒム

 領軍騎馬隊長 イヌヴェ

 領軍歩兵隊長 サムエル

 領軍魔法隊長 キジー

 領軍艦隊司令 ロロン    


 侯爵家令嬢  ローズマリー・ユーツ  


 文官武官の代表者と客人を加えた一六人である。

 クロードは、共和国系帰化人を代表する実業家パウル・カーンと、同盟者たるヴァリン公爵も招こうとしたのだが、あいにく先方の都合がつかなかった。


「皆、今日は集まってくれてありがとう。先日のドーネ河会戦の結果だが……」


 会議の始まりは平穏だった。

 潜入させた工作員たちが偵察した結果、虎の子の巡洋艦と艦隊を損なったルクレ領、当主と大軍を失ったソーン領、二領は共に混乱状態に陥っており、これ以上の戦闘続行は不可能だということがわかった。

 レーベンヒェルム領から銃器を始めとする情報が流出した最大の原因――ドクトル・ビーストの焼き鏝による奴隷契約も、どうにか解呪の目処が立ちつつあり、ローズマリー・ユーツを安堵あんどさせた。

 そして、最後の議題が終わったあと、クロードは一座の顔ぶれを見渡して、静かに告げた。


「今日、この場に集まってもらった皆に。明かしたいことが二つある。ひとつめは、アリスのことだ」

「たぬ」


 ∩の字型に形作られた席の上座、クロードの隣へ、なぜかローブを着こんだ黒虎姿のアリスが移動して、ぼふんと煙を立てた。


「よろしくたぬ♪」


 一瞬前までスレンダーな黒い虎がいた場所には、腰まで伸びた真っ黒な髪と長い尻尾、金色の虎耳と猫目が愛くるしい、日焼けした肌のグラマラスな美女がローブに包まれて立っていた。


「「な、なんだってぇええええ!?」


 会議室は、蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。

 アリスがドクター・ビーストの改造手術を受けた結果、人間に変化できるようになったことを知っていたのは、クロードたちマラヤ半島から帰還した面々と、レア、セイ、ハサネ、診察した医師の4人だけであり、エリックやイヌヴェたちからすれば、寝耳に水の驚嘆すべき出来事だった。


「ちっちゃくもなれるたぬ」


 さらにぼふんと煙が立つと、アリスは、黒い髪と尻尾が金色に染まり、日焼けした肌も真っ白に透きとおり、幼い子供姿の省エネルギーモードへと変化した。

 クロードは、サイズが合わないぶかぶかのローブを着て背中にじゃれつくアリスに、冷や汗をかきつつも説明を補足する。


「アリスは、マラヤ半島での戦闘で人間の姿に変われるようになった。医師の見立てでは、”省エネルギーモードにならない”ことを前提で、僕たちとの……、あー、うん、子づくりというか、妊娠、出産も可能になったらしい。いいか、アリス。もしそういうことになったら、絶対注意するんだぞ!」

「もう心配性たぬね。相手はクロードしかいないから、大丈夫たぬ」


 事情を知らなかった会議の参加者は、目の前で見た光景に開いた口がふさがらないようだった。


「へ、辺境伯様。この情報は秘密ですか? それとも、部下たちに話しても宜しいのですか?」


 イヌヴェの質問に、アリスは満面の笑顔でVサインを掲げ、クロードはしかめつらして応える。


「アリスたっての頼みだ。この件については、領に公開する」

「「わかりました」」


 直後、会議参加者の大半が怒涛どとうの勢いで手紙を書き、あるいはメモを取り始めた。


「次のデモのネタはこれで決まりだ」

「ちくしょー、悪徳貴族絶対許さねえ」

「爆発しやがれこのスカタン」


 今更のことだが、レーベンヒェルム領の文武官の幹部には、首都を練り歩くデモ隊のメンバーががっつりと入りこんでいた。


「まさに獅子身中しししんちゅうの虫ですな。お気持ちをお察しします」


 ハサネが葉巻を口から外して目礼したが、彼の持ち込んだ鞄のポケットから、タブロイド誌宛ての住所が書かれた分厚い封筒が見えていた。


「ああ。僕の孤独ぼっちぶりを改めて認識したよ」


 このような玩具箱をひっくり返したような騒ぎの中でただひとり、エリックだけはまるで我を失ったように呆然と黙り込んでいた。ようやく混乱に収拾が突き始めた頃、彼はぽつりと呟いた。


「アリスって、女の子だったのか。俺、今日までずっと男だと思っていたぜ」

「エリックっ! アンタ、どれだけ目が節穴なのよ!」


 恋人のブリギッタに襟首を掴まれて折檻せっかんされる哀れな犠牲者を見ながら、会議室参加者の多くがそーっと上座を伺ったのは言うまでもない。つい先日まで気づかなかっただろう人物クロードが、いかにもすました顔で座っていた。


「……ひと息入れるか」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます