第116話(2-70)生還

116


 復興歴一一一〇年/共和国歴一〇〇四年 木枯の月(一一月)一二日夕刻。

 クロードを乗せたヴァリン領艦隊の駆逐艦が、領都レーフォンに近い中規模港ディダへと入港した。

 ソーン領軍への対応を放置したまま医務室で壁を眺めていたセイは、生存の情報が入るや化粧もせずに馬に飛びのって走り出し、レアもまた病み上がりを押して領主館から駆けつけた。

 エリックが選りすぐった警備隊員と、黒虎姿のアリスが警戒する中、ソフィに支えられてクロードが船から桟橋へ降りてくる。


「棟梁殿っ」

「領主様!」


 セイは駆け寄ろうとして硬直し、レアはクロードにすがりついて膝をついた。――彼は、両の腕が無かった。


「ソフィ・”ファフナー”! 貴女は、いったいなにをしていたのです?」

「レア、僕の勝手が招いたことだ。責める相手が違う」

「そうじゃないたぬ。クロードはたぬを庇って怪我したぬ。たぬが悪かったぬ」


 レアは、クロードを傍らで支えるソフィの襟首を掴み、赤い瞳からポロポロと涙を流した。

 ソフィは、唇を動かそうとして動かせず、沈黙を続ける。黒い瞳から一筋の雫がこぼれた。

 アリスは、その光景を見て、レア、ソフィ、クロードの三人を包みこむように丸くなった。


「ごめんなさい。ごめんなさい。領主様、私は肝心な時にお役に立てなかった」

「レア、何を言ってるんだよ。なんかよくわからないけど、助けてくれただろう?」


 アリスの身体に抱かれながら、レアはソフィとクロードを抱いて号泣していた。


「……馬鹿は、私だ」


 セイの胸に炎が灯る。不甲斐ない己への怒りが、熱となって血潮を全身に押し流す。

 ソフィは、アリスは、クロードを生還させた。レアも、きっと何かを――倒れるほどの何かを行っていた。顧みて、彼女自身はどうなのか?


「棟梁殿」

「セイ、皆になんとか言ってやってくれ。セイが止めたのに、僕が馬鹿を――むっ」


 セイは、なだめようと右往左往するクロードの唇を奪うように、キスをした。

 甘く、溶けて、焼けつくような、熱を味わう。


「せ、セイ。し、舌、いま、したが」

「棟梁殿。……クロード、愛しているよ」

「セ、セイ? 何を言って」

「すぐに戻る。連中に目に物みせてやる」


 セイは再び馬に飛び乗って、領軍司令部を目指した。

 会議室にはもう誰もいない。サムエルが、ロロンが、イヌヴェが慌ただしく指示を飛ばす練兵場へと走って、兵士たちの前で深々と頭を下げる。


「勝手をしてすまなかった。私は、役目を放棄した。司令官失格だ!」


 レーベンヒェルム領の誰もが、未曾有(みぞう)の混乱の中で、己が責務を果たそうともがいていた。にも関わらず、セイだけが愛する男に託された役目から目をそむけて逃避した。


「私の大好きな男が重傷を負わされた。だから、仇を討ちたい。どうか皆の知恵と力を貸して欲しい」


 セイの耳に笑い声が聞こえた。

 恐怖が刃となって、彼女の心を切り裂いた。メッキがはげたのだ。皆に称えられる姫将様なんて、どこにも居やしない。ここにいるのは、負けて生き延びてしまった敗残者だ。ただのちっぽけな女の子だ。

 きっと罵倒されるだろう。蔑まれるだろう。それでも、彼女はどうしてもやりたいことができたのだ。

 しかし、彼女が顔をあげた時、笑い声にかけらも悪意など宿ってはいなかった。


「セイ司令、何を言ってるんですか」

「貴女のお帰りを待ってました」

「一緒に侵略者どもを叩きだしましょうや」


「あ、ありがとう!」


 かくして、ただの恋する女の子は、再びレーベンヒェルム領の軍事を束ねる座へと戻る。

 それは、レーベンヒェルム領史に残る大逆転劇、ドーネ河の戦いが起きる一週間前のことだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます