第9話 夜宴の始末(前編)

9 


 開いた窓から差し込む風に吹かれて、厚い絨毯の敷きつめられた廊下のカーテンが翻った。

 金糸銀糸で織られたきらびやかな薄衣をまとい、無駄にバレエの野鳥めいた決めポーズをとっている美少年、ファヴニルはおそらくあの窓から入ってきたのだろう。ちゃんと出入り口を使いなさいと、躾けられなかったのだろうか?

 クロードは、レアとソフィを背中で庇うようにして、ファヴニルに問いかけた。


「こちらは四人、無力化したよ。そっちはどうだ? “暴動”は終わったのか?」

「とっても楽しかったよ。クローディアスも見てみる?」


 ファヴニルが、妖精のように愛くるしい笑顔で親指をぱちんと鳴らすと、空中に大きなディスプレイが浮かび、屋敷の丘下にある訓練場の様子を映し出した。


「うぷっ」


 クロードは、こみ上げてきた吐き気を、胸に手を当てて必死でこらえた。

 エリックが絶望したかのように項垂れ、ブリギッタは悲鳴をあげて泣き崩れ、アンセルは腰が抜けたかのように座り込み、緑の蔦にから這い出ようとしていたヨアヒムの手が止まった。

 酷すぎる惨状だった。襲撃者たちは、何処からか現れた豚鬼オークによって切り刻まれ、潰され、砕かれて、肉塊となって断末魔のあえぎ声をあげている。楽に死ねた者はまだしも幸福だ。息のある者は未だ地獄の渦中にあった。


「ころせ、ごろじでぐれ」


 ある者は黒い獣に腹や胸を噛みちぎられて、介錯を求め……。


「くっしない、くっしないんだから」


 ある者は半身を大蛇に呑まれ、溶かされながら悲痛に叫び……。


「……」


 ある者は物言わぬ石像として転がされ……。


「たしゅけて、ころしゃないで」


 ある者は四肢を昆虫に似たナニカへと変えられ、豚鬼達のオモチャになっていた。

 クロードは、失禁しそうな恐怖に耐えて、映像を見続けた。今、彼に出来る事は、それだけだった。ファヴニルと戦うことを選んだ以上、眼前の風景はいずれ来る未来だ。


(あの怪物は遺跡で見たやつだ。ファヴニルが連れてきたのか? どこが変だ。……服だっ。あいつら、人の服を着てるんだ)


 映像を細部に注意して見れば、瀕死の襲撃者たちと、彼らを痛めつける豚鬼の装備は似通っていた。ひょっとしたら、あの怪物たちは、元は自分達と同じ人間だったのではないか?

 戦慄するクロード達を気にも留めず、ファヴニルはあいかわらずの芝居がかった格好で、両手を天に掲げて勝ち誇った。


「どうかな、クローディアス? これこそボクの芸術。エンタァーテイメント!」


 率直に言って悪趣味過ぎて、クロードには批評不可能だ。


「ファヴニル、彼らはどうなる?」


 助けてやれ、なんて偽善者じみた台詞を、クロードは言えなかった。どんな正当な理由があろうとも、彼らは自分の命を狙った相手だ。法に照らせば、武装蜂起した犯罪者として裁かれるだろうが、せめて治療して人間らしい最期を迎えさせてやりたかった。


「マラヤディヴァ国法および、レーベンヒェルム領法に基づいて、領主殺害を企んだ犯人は死刑だね♪」

「レア?」


 青い髪のメイドを見ると、無言で頷いた。おそらく正しいのだろう。中世において、領主殺害未遂や大規模暴動は一般的には極刑だ。


「わかった。念のため襲撃者たちは拘束、治療して裁判をしよう。死刑が決まったら、仔細はファヴニルに任せる」

「ちぇっ。面倒だなあ。どうせ結果は同じなんだから、今すぐボクが、……あれ、クローディアス、処刑はボクにやらせてくれるの? ほんとに? 好きにやっちゃうよ?」

「構わない。法律の範囲内でやってくれよ」


 この世界の法律、マラヤディヴァ国の刑法もレーベンヒェルム領の刑法も、クロードは知らないため、消去法による決断だったが、ファヴニルは上機嫌でステップを踏んで踊り始めた。やっぱり、この悪魔とはわかりあえそうにない。


「じゃあ、その子たちも連れてくよ」


 ファヴニルの呼びかけに、クロードの背筋が凍る。だが、動揺を顔に出す前に、アンセルという小柄な少年が金切り声で叫んでいた。


「待ってくれっ! ぼくが主犯だ!!」


 クロードは呆気にとられ、ファヴニルは害虫でも見るように綺麗な顔をしかめ、他の三人が「何を言うんだ」「違う!」などと否定の抗議をあげる中で、アンセルは自らの頭を廊下に叩きつけ、声もかれよとばかりに叫び続けた。


「ぼくの名前はアンセル・リードホルム。領主、貴方と、ファヴニルによって殺された、ボリス・リードホルムの子だ。他の三人は、ぼくが復讐のために金で雇ったんだ。だから、無関係なんだっ」


 そのりくつはおかしい。

 クロードは、喉まで出かかったツッコミを噛み殺した。 

 金で雇われたから無関係、なんてスジが通るわけもなし、だいたい復讐の為だなんて初めて聞いた。

 エリック達が散々怒鳴っていたじゃないか。四人は、拉致された仲間、ソフィを奪い返すために来たのだ、と。


「ボリス・リードホルム? ああ、あの口うるさい出納長か。代々の名士だかなんだか知らないけど、税金下げろ、無駄遣いやめろって、うざかったやつだ。そういえば、二人息子がいるとか言ってたね」


 ファヴニルは、赤い瞳を爛々と輝かせ、蛇のように舌を伸ばして唇をちろりと舐めた。


「ねえ、クローディアス。戦闘はまだ終わってないよね? こいつら、ひきつぶして家畜のえさにしちゃおうか。ねえ、ボリスの息子、それともお前、食べてみる? おともだちはどんな味がするのか、教えて欲しいなあ?」


 朝の陽ざしに照らしだされたファヴニルの影から、無数の黒い手が浮かび上がる。


「や、やめろっ。おねがいだ、やめてくれぇっ」


 アンセルが絨毯に顔を押しつけるようにして許しを請うも、ファヴニルは一顧だにせず、影より生まれた黒手がエリック達へと伸びて、クロードは思わず制止の声をあげていた。


「待て、ファヴニル。この子たちは、友人を助けに来ただけだ。僕を殺そうとはしていない。だから、極刑じゃない」


 ファヴニルの赤い瞳が、頭にこぶをつくり、裂けてよれよれになった外套をまとった惨めなクロードを写し出す。


「ふぅん? クローディアスがそう言うならいいよ」

「あ、ありが……」


 エリック達が息を吐き、アンセルが涙ながらに感謝の言葉を口にした瞬間――。


「なーんちゃって♪」


 無情にも、再び影から黒い手が伸びた。


「っぐあ」「ひっ」「うおおっ」


 無数の手に掴まれてエリックの右腕が不自然な方向にねじれ、ブリギッタの左肩関節が外れ、ヨアヒムの右脚が嫌な音をたてて折れるのをクロードは見た。


「ファヴニル、止せと言った!」


 わかっていた。わかっていたのだ。この悪魔が、こういう相手だということは。

 だから、クロードは準備していた。脳裏に浮かんだ言霊をつむぎ、二四種からなるルーン文字をつづり、現実を魔の力によって書き換える。

 最初は爪だ。遺跡で見た豚鬼を引きちぎった魔法、空間を断ち割る爪を呼び出して、ファヴニルの足元から伸びた黒い手を半ばからぶった斬った。


「全部だ! もってけ」


 続くのは焔だ。クロードの手のひらから、あかあかと燃え盛る炎の渦が噴き出して、ファヴニルを焼き焦がさんとほとばしる。


「なまあたたかいね」


 しかし、巨大ネズミやナメクジを蒸発させた焔も、悪魔の竜を相手取るには力不足だったらしい。ファヴニルが左手で扇いだだけであっさりと消失し、しかし、クロードの本命は、意識を焔に逸らせた上での鎖による拘束だった。

 蔦ではない、頑丈な鋼鉄の鎖が四方八方からファヴニルを絡みとり、十重二重に縛りつける。

 やったか! なんて心の中でガッツポーズを決めたのが間違いだった。


「悪い冗談はよしなよ、クローディアス」


 ゆらりと、湯気のような白い煙がたち昇ると、ファヴニルを縛る鎖が砂のように崩れ去った。


「……」


 恐怖で頭の中が真っ白になる。


「いけないっ。領主様、鏡を!」


 ファヴニルの赤い目が光ったような気がした。

 その寸前、背後に控えていたレアが、小さな何かを手に飛び出して、クロードが眩しさにまばたきをした直後、廊下の隅に飾られた銅像が、透明なガラス像へと変わり果てていた。


「が、ら、す、だって?」


 思わず背後から彼女の肩を抱き寄せて覗きこむと、レアの手の中には、小さな化粧鏡が握られていた。


(なんだよ、それ? 神話のメドゥーサとかバロールの、邪眼?) 


 今こそクロードは確信できた。外の訓練場に転がっていた石像も、暴れまわっていた豚鬼オークも、ファヴニルによって姿を変えられた元人間だったのだと。自分が挑む相手は、このような非道をいとも容易く行う規格外の悪魔なのだ。

 レアが、庇ってくれなかったら、どうなっていたか? まるで氷柱つらら脊髄せきずいに刺し込まれたように、全身の震えがとまらなくなる。


「本気で喧嘩したら、クローディアスがボクに敵うはずないだろ」


 離れていた距離が一瞬にして詰められ、レアは邪魔だとばかりに振り払われ、クロードは喉首を掴まれてファヴニルに吊りあげられた。

 心はもう折れていた。土下座して泣きながら許しを請いたかった。でも、そんな真似をすれば悪魔は自分を見限って殺すだろう。だから、クロードは、からっぽの心でクローディアス・レーベンヒェルムの演技を続けるしかなかった。


「ひとのエモノを、よこどりするのは、趣味が悪いぞ。ファヴ……ニル……」

「それもそうか」


 どこまで本気なのか、ファヴニルは手を離し、クロードは咳きこみながら廊下に崩れ落ちた。

 目眩が酷い。酸欠のせいか頭ががんがんと痛む。情けないことに、悪魔にしがみつかなければ、立つことすらままならなかった。


「さ、さいばんの後、下の連中は刑に従って好きにしろ。だけど、この四人をどうするかは、僕が決める」


 クロードの宣言を聞いて、ファヴニルはしばらくの間、瞳を閉じて沈黙を続けた。


「残念だよ、クローディアス。キミはもっと頭のいいヤツだと思ったのに」


(あ、死んだ)


 クロードは、何度目かになる死の恐怖に、ついに耐えきれなくなった。

 しかし、彼が尻餅をついて意識を手放しかけたその瞬間、ファヴニルはあいまいな笑みを浮かべて窓を開け、出て行ってしまった。

 張り詰めた空気のまま、どれだけの時間がたったことだろう? 最初に口を開いたのは、あまり空気の読めそうにないエリックだった。


「かえせよ! ソフィ姉を返せっていってんだ。この悪党」


 ブリギッタとアンセルが身ぶり手ぶりで制止を試みているが、まるで通じていないようだ。

 ……部長や会計も彼に似たタイプだった。無駄な虚言を弄さないエリックの直情的な性格には、多少の好意を覚えもする。


「いいだろう。だが条件がある。裁判が終わったら、つぐなう為に僕の下で働け。そうすれば、彼女の命を保証し、いつかお前達に返してやる」

「いつか、だって。ふざけるな。何がつぐなうだっ。殺してやる。いつか必ず俺がお前を殺してやる!」


 ブリギッタとアンセルとヨアヒムが、その前に殺されちゃうでしょ、気持ちはわかるけど今すぐだまって、死刑になりたいのかあほー、と、やんややんやとボディランゲージに勤しんでいて、こんな時だというのに噴き出しそうになった。


「言われなくとも、僕はきっと、地獄へ落ちる」


 今のままでは、絶対にクロードはファヴニルに勝てない。

 戦いを挑み、敗れた人間の末路は、襲撃者達が身をもって示してくれた。

 そして、戦いを挑まずとも、クロードの場合、飽きられた時点で同じ未来へと収束するのだ。


「その角を曲がった先に地下へ降りる階段がある。牢屋に入ってじっとしてろ」

「牢屋? なんで俺たちが!? ……ってイタイイタイ、ひっぱるんじゃない」

「いいから立って。本当にもう、そんなんじゃ命がいくつあっても足りないわよ。ヨアヒムは立てる?」

「無理だ。肩を貸してくれ」

「ぼくが行くよ。つかまって」


 お互いの怪我を庇い合い、歩いてゆくエリックたちを、クロードは座り込んだまま見送った。

 腰が抜けてしまったのだ。


(俺YOEEE……)


 馬鹿だった。与えられた力に酔っ払い、自分がちょっとでも強くなったのだと誤認した。

 自分自身は、無力貧弱意気地なしのもやし男のまま、なにひとつ変わっちゃいなかったのに。


「ちくしょう、ぼくは、なんで、こんなによわい」


 クロードの目から熱い雫が滴り落ちた。涙はとまらず、あとからあとから溢れ出てくる。

 くやしかった。みじめだった。こわかった。非力な自分が憎くて憎くてたまらなかった。


「ちくしょう。ちくしょうっ、ちくしょう……」

「領主様。だいじょうぶです。もう、だいじょうぶですから」


 レアが小さな身体でクロードを抱きしめて、あやすように背中を何度もさする。

 彼女から伝わってくる体温が温かくて、いま生きていることが嬉しくて、情けない自分が恥ずかしかった。


「……。強くなってやる。……ならず、必ず!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます