第329話(4-57)相容れぬ理想

329


 自分には人間が蟲に見える。ブロルの自嘲めいた言葉に、赤毛をおさげにした女執事ソフィが身を乗り出した。


「ブロルさん、わたしなら治療出来るかも知れません。症状を抑える道具を作ることなら、今すぐにでも取り掛かれます」

「ありがとう、お嬢さん。実はそういった道具を使ったこともあった。私だけが生き残り、巫覡ふげきの力に目覚めたのは天からの授かりものだと。失った家族や友人たちの代わりに、他の誰かを助けたいと医者の真似事をしたこともある。でも、違うのだよ」


 ブロルの瞳が、昂ぶる感情に駆り立てられるように青く染まった。


「誰かの命を救った時、誰かの笑顔を見た時、私の中で黒い何かがうずくんだ。痛い痛いと苦しみながら逝った顔。毒で濁った末期の悲鳴。どうして私の家族は、友は、こうならなかったのかと。せめて仇でも討つことが叶うなら、納得もできただろう。しかし、犯人は法律に守られてのうのうと生きている。おかしいだろう!」


 ソフィは目を潤ませて押し黙り、クロードとセイもまた唇を強く結んだ。

 いったいどんな言葉をかければ慰めになるだろう? ブロル・ハリアンは、きっと無意識のうちに力を暴走させている。彼はもう大多数の人間をヒトとして直視出来ないほどに、追い詰められてしまったのだ。


「辺境伯、貴方もこのユーツ領で見てきたはずだ。緋色革命軍が定めた腐った法律を。私は行政長官として守り続けたよ。その結果をどう思う? 身勝手な革命軍兵士たちによる正義と称した殺戮と略奪だ。悪法もまた法なりというが、守るに値しない悪法もある」

「ブロルさん。間違った法律、成立させてはいけない法律はもちろんあると思う。悪法や現実に即していない古い法律は改定、更新すべきだろう。貴方が望まれるなら、僕達にも協力できることがあるかも知れない」


 クロードの申し出は、ブロルによって遮られた。


「そうじゃない! 違うんだ。どれだけ法を定めても悪用するものはいる。穴をつくものだっているだろう。それは人間の限界ではないか? 私が生み出した新生命、ネオジェネシスにはそれがない。なぜなら、感情と記憶の一部を共有できるからだ。この子たちが主人となる理想世界をつくり、人間を家畜として管理運営する。それが、私の望む幸せだ」


 クロードは理解した。

 彼の後ろに誰がいるのかを、これ以上ないほど明確に確信した。


「ファヴニルか。あいつが、貴方にそんな考えを植えつけたのか!」


 クロードは自ら体験し、嫌になるほど知っていた。人間をモノとみなし、領を玩具箱になぞらえる考え方は、誰であろうファヴニルのものに他ならない。


「想像に任せよう。しかし、これは他ならない私自身の望みだ」


 ブロルはきっぱりと断言した。クロードが彼に感情的な反応を返す前に、セイが口を開いた。


「ハリアン卿。貴殿の今の発言は、人間と新生命ネオジェネシスの間に、生存競争を引き起こすものだ。折り合いがつかなくなり、落とし所がなくなるぞ」

「心配はいらない。貴方方が望むなら、私が新生命へと改造しよう。どうしても嫌だというのなら、名誉ネオジェネシスとして遇してもいい。共に世界を革命しないか?」


 クロードは呻いた。座ったまま、拳を強く握りしめる。


(ファヴニルが力を貸すはずだ。ブロル・ハリアンは、あの馬鹿が好きなタイプの人間で、目標があいつに近い)


「ブロルさん」


 クロードはソフィを見た。セイを見た。彼女たちもまた頷いた。持ち帰って合議にかけるまでもなかった。


「ブロルさん、僕は、僕たちは人間だ。一時的な停戦ならばまだしも、その思想は受け入れられない」


 それはどうしようもないほどに、相容れない理想ゆめだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます