第236話(3-21)悪徳貴族と驚愕の事態

236


「ショーコちゃんはこれを着て。クロードくんは服をつくって!」

「わかった。この下着はどうしよう?」

「こっちへちょうだい。わたしが乾かすよ」


 ソフィがショーコに上着をかけてなだめている間に、クロードは鋳造魔術で簡単なチュニックとレギンスを作った。


「その、ショーコさん。趣味は尊重すべきだと思う。でも、ダンジョンの最下層で全裸徘徊ストリーキングをキメるのはさすがに危険過ぎるんじゃないか?」

「クロードくんっ!」

「この破廉恥はれんちっ、スケベっ、むっつり貴族っ。ストリーキングなんてしないわよ! 南側に温泉があって、つかっている間に服が流されたの!」

「温泉だって?」


 ソフィとショーコに左右の腕をつねられつつ、クロードが遺跡の奥へと進むと、洞窟の一角にむせかえるような硫黄いおうのにおいを発し、うっすらと湯気が立ち昇る岩場があった。

 匂いからしても、硫黄泉なのだろう。区画一帯は黄土色の結晶で彩られ、湧き出る湯は無色透明ながらも、広がるにつれて白色そして土色へと染まってゆく。

 岩場からあふれ出た湯は、洞窟を流れる海水と入り混じりながら散っていった。

 クロードが触れるとじんわりと温かい。熱風呂好きにはやや物足りないが、身体を温めるには充分だろう。


「これは圧巻だな……。使わせてもらおう。ソフィ、ショーコちゃんと先に入ってくれ。僕はあの岩場の陰で見張りをしておくよ」

「先にいただいていいの? 呪符と鋳造魔術があるから、きっと一緒に入っても大丈夫だよ」

「てけリリリリリリリッ!!」


 ソフィが提案すると、ショーコが荒ぶって、どこから出してるのかわからない声でクロードを威嚇いかくした。


「こほんっ。私はもう入ったからいいわ。クロードみたいなおエロいひとを放置なんてできません」

「ちょっと待ってくれ。おエロいひとって、その評価はあんまりだろう。ショーコさんこそ下着が……」

「なに文句でもあるのかしら? この前会ったアリスちゃんがすっごく可愛かったから、話を聞いて私もイメチェンしたの。いきなり変えるのは怖いから、まず見えないところから変えてみたのよ」

「一理あるな。僕も試しにブーメランパンツを、いや、部長を見習ってふんどしという選択もあるか」


 見えないところを変化させてもイメージチェンジにならないだろう、という常識的な発想は、クロードとショーコには望めないようだった。


「クロードくん。帰ったらショーコちゃんと一緒に買い物へ行こうね」

「いいね。ソフィ、グッドアイデアだ」


 怪物災害後は飛躍的に改善されたとはいえ、クロードが極端にかぶいたセンスの服を着ないよう、ソフィたちは順番に買い物へ同行することにしていた。デートも楽しめるし、それはそれで一挙両得だったのだ。


「え、いいの? お邪魔じゃない?」

「ううん。最近、領都に新しいお店が増えたんだよ。色々見て回ろうね」


 ソフィの声がわずかに遠くなり、水音も小さくなった。入浴を始めたらしい。

 ショーコは近くの岩場に腰かけて、隣に座ったクロードの顔を伺うように仰ぎ見た。


「ふーん」

「どうしたんだ?」

「べーつに。死相が抜けて、ちょっとはマシな顔になったかなって。たらしに何があったかなんて興味ありません」


 その評価は不本意だと思ったが、クロードは否定できなかった。

 どうにもおかしなことになっていて、彼自身が戸惑いながらも足踏みしている自覚があったからだ。


「ところで、よくこんな所まで来られたわね」

「テレポートトラップで飛ばされたんだよ。ショーコさんは……、ルンダールの町で言っていた、ラボのある海底地下遺跡ってここのことなのか?」

「いいえ、東にある機能停止した遺跡よ。このダンジョンにはずっと入れなかったのだけれど、一週間ほど前に突然結界が弱まったの。だからイルカちゃんに乗って調べに来たんだ」


 なるほどと、クロードは相槌あいづちをうった。

 遺跡の封印を解いたことで、イル……サメ型ゴーレムによる来訪も可能になったのだろう。


「クロード。帰りは私が送って行くから、お風呂が終わったら離れた方がいいわ。この最下層にはなぜか近づかないけれど、とても危険な竜が住み着いているのよ」

「火竜のことか、あいつなら三日前に僕たちが倒したよ」

「うそっ。昨日泳いでいるのを見たわよ。頭と片翼が無くて何事かと思ったけど、あれはクロードたちがやったの?」

「なんだって!?」


 クロードは衝撃のあまり腰を浮かして足をすべらせ、ひっくり返った。


「あいつ、首を落としても生きてるのかよ!?」


 クロードは驚きながらも、さもあらん、と心のどこかで納得していた。

 あの火竜は、≪核≫たる心臓を半ば失っても生きていたのだ。完全に破壊しなければ、決して滅ぶことがない。


「ショーコさん、悪いけど帰るのは後回しだ。あの火竜を倒すなら弱っている今しかない。ここで逃したら、どれだけの被害が出るかわからない」

「そう。だったら私が手伝ってあげる!」


 ショーコはにんまり笑って胸を張り、人差し指を振った。


「こんなチャンスないわよー。たっぷり感謝して御礼をはずみなさい。そうね、スイーツとかお勧めよ」

「霜雪の月(二月)に屋敷の冷蔵庫から、プリンとパイとケーキとマカロンが消えていたのはひょっとして君の仕業か?」

「……ごめんなさい。おせんべいと団子とイモ餅とシロップ漬けを食べたのも私です」

「太るぞ」


 いくらなんでも食べすぎである。


「……ぐすっ、えぐっ」

「お湯あがったよー。クロードくん、なんでショーコちゃんを泣かせてるのっ!?」

「待ってくれ、僕は悪くない」


 風呂上がりの柳眉を逆立てるソフィをどうにか説得し、クロードもまた汗と汚れを温泉で流した。

 そして二人はショーコに案内されるがまま、火竜の住み処へとやってきたのだが――。

 

「まさかの沈没船かよっ」


 火竜が泳いで入ったという場所は、石化した沈没船だった。


「クロードくん、船名を見て。古代文字でエーデルシュタイン号って書いてある」

「なんてこったい」


 よりにもよって千年前に沈んだという、伝説と同じ名前の船である。


(ササクラ・シンジロウは、ここでいったい何を見つけたんだ?)


 クロードの背筋に冷たいものが走った。

 もしも千年の昔からダンジョンに取り込まれていたのなら、どんな罠があるかわかったものではない。

 クロードとソフィは船体に空いた大穴の前で、入念に聞き耳をたて、呪符を取り出して気配を探り始めた。


「何をまごまごしているの。さあ、早く探検しましょう」


 が、そんな二人を尻目に、ショーコは大胆にも船内に踏み入った。

 その瞬間、天井と足場から血のように赤い体色の巨大な肉塊がせり出して、不注意な犠牲者を包み込むように喰らいついた。


「……はいいっ!?」

「ショーコちゃん、今助けるからっ」


 クロードとソフィは、入り口に罠を張っていた怪物――。

 おそらくは食虫植物に類似した人食い植物へと切りかかり、巨大な葉を落とし、人間三人分はあるだろう太い茎を裂いた。

 人食い植物とて黙ってはいない。グロテスクな見かけとは裏腹に、怖気がするほど美しいチューリップ状の花弁から、霧のように濃い黄色い花粉をまき散らした。


「いけない。解毒符を張るね」

「いいや焼きつくす。ソフィはショーコの救出を!」


 クロードは火車切を使って花粉を焼き払い、雷切を盾に四方から襲い来るツタを阻んだ。

 ソフィはそのわずかな隙を逃さず、薙刀で肉塊をこじ開けて、どうにかショーコを引っ張り出す。


「クロードくんっ。強化いくよっ」

「頼む」


 ソフィの力で活性化した火車切が、刀身に燃え盛る火柱をまとう。

 クロードは器用に炎の大剣を振り回して、巨大な人食い植物をまっこう唐竹割からたけわりに焼き斬った。


「これで終わりだ」

「ショーコちゃん、怪我はない?」


 助け出されたショーコは息を荒らげる二人を見ながら、どこか寝ぼけたような顔でこう言った。


「わあ、びっくりしたぁ」


 クロードとソフィは、瞬時に目配せをした。

 ”血の湖ブラッディドラゴン”との戦いを見ても、ショーコは桁はずれに強い。

 反面、入浴中に衣服を流して素裸で歩き回るように、およそ危機意識に欠けている。

 おそらく遺跡探索の経験は、一般の冒険者どころか、マルク侯爵やガブリエラ女史にも及ばない。


((まったくの初心者だこの子――!?))


--------------------------------------------------------------------------------------

☆スライム状態なら、超ベテランです

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます