第306話(4-35)完全なる生命、ネオジェネシス

306


 クロードはもはや隠す意味もなくなったと飛行自転車を降りて、ウジたちを率いる白い女に勧告した。


「バレてしまった以上、しようがない。僕はクローディアス・レーベンヒェルムだ。こちらの目的は、シェルクヴィスト男爵の保護だ。貴方が領都ユテスに引き返すというのなら、これ以上の戦闘は望まない」


 クロードたちの強襲で、女が率いたウジの群れはすでに全滅していた。

 視点を広げて戦況全体を俯瞰ふかんすれば、ユーツ領解放軍は緋色革命軍親衛隊を散々に打ち破って優勢に立っていた。

 そのため、クロードは捕虜一人を取るよりも、彼女を見逃すことで交渉の窓口を得ようと考えたのだ。

 しかし、彼の言葉を聞いた白い女は、整った顔を大きく歪めた。


「やはり劣等種は救いがたい。もう勝利したつもりですか? 我々"新生者ネオジェネシス"は完全なる生命。肉体がある限り、無限に蘇るのです!」


 ガルムが蹴り倒したウジが、テルが殴り飛ばしたウジが、レアが祓ったウジが、黄金色に輝く。傷が埋まり、肉が生まれ、地に伏した怪物達は再び立ち上がった。


「バウ!?」

「この反応は、まさカっ」

「……っ」


 銀色の犬が、勇敢なカワウソが、お淑やかな侍女が警戒も露わに再び防戦の構えをとる。

 ウジたちの挙動は、再生したばかりのせいか目に見えてぎこちなかった。けれど、その無機質な一挙一動が、相対する者の恐怖を一層駆り立てる。


「さあ、おののきなさい。畏れなさい。旧き人類よ」


 白い女がの目と口が裂け鼻が割れた。彼女は人面の崩れ去った顔で高々と笑う。が――。


「たぬ? 動かないたぬよ」

「あの、卵みたいに固まってるんだけど」


 アリスが肉球でのしたウジは、ペチャンコに潰れたままだった。

 クロードが自転車で轢き倒したウジは、球体状に溶けて固まって全く反応がなかった。


「え?」

「え?」


 お互いに、想定外だったのだろう。  

 クロードと白い女はこれは一体どうしたことかと、揃って顔を見合わせた。

 そして、その隙を見逃す侍女ではない。


「領主さま、お手をこちらに」

「お、おうっ」


 レアが、頬を紅く染めながらクロードに抱きついた。彼女は彼の手を引いて、二人に迫る触手をはたきで払った。

 白い体が動きを止める。触手は枯れ枝のように折れ、本体もまた卵の殻のように脆く砕け散った。


「ああっ、レアちゃんズルいたぬっ」

「バウ!」

「むうん。ガッちゃん、わかったぬ。いっせーのーせっ」


 アリスは一瞬へそを曲げたものの、ガルムと手を取り合って空中高く跳躍した。

 二人は、大口を開けてマルグリットたちに迫るウジを蹴飛ばした。ダブルキックの威力は絶大だ、白長い身体は砂の如く崩れて消え去った。


「こんな、こんなことはあり得ない。我々はネオジェネシス。まったく新しい完全なる生命なのに」

「いいヤ。嘘ダネ。先刻の反応ハ、一〇〇〇年前に飽きるほど見た光景ダ。お前達の正体は、第一位級契約神器イドゥンの林檎の残骸と、ドクター・ビーストとやらが持ち込んだ異世界技術をかけあわせタ、ただの融合体ダロ?」


 そして、推理小説の名探偵の如く格好つけたポーズを決めたカワウソが、狂乱する白い女に対し真相を告げていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます