第14話 人員増強

14 


 時はさかのぼり、復興暦一一○九年/共和国暦一○○三年 紅森の月(一〇月)三一日の夕刻。

 エリック達は顔を突き合わせて相談し、かつての悪徳貴族『クローディアス・レーベンヒェルム』と、今その名前を名乗っているクロードがまったくの別人であるという結論を出した。

 アンセルがトウモロコシ色の髪を右手で押さえ、そばかすの浮いた頬に冷や汗を浮かべて、状況を確認する。


「ソフィ姉さんがさらわれたのは涼風の月(九月)の二五日。翌日には、クローディアス・レーベンヒェルムはファヴニルを連れて遺跡の巡察に向かい、紅森の月(一〇月)二日に帰還した。入れ替わったとしたら、この間以外には有り得ない」


 エリックが椅子にもたれかかり、天井を見つめた。事態は、もう彼の想像を越えていた。


「アンセルよお、どうする。マラヤディヴァ国主様に申し出てみるか?」

「エリック。証拠がないし、意味もない。襲撃の前にも説明したかもしれないけど、今、クローディアス・レーベンヒェルムが死んだら、共和国が何をするかわからない。下手をすれば、無理やり併呑されて、マラヤディヴァ国内で内乱という最悪の事態にさえなりかねない」

「最近はすっごいハードワークで領地運営やってるし、今の辺境伯様なら、まかせておいても大丈夫でしょ」


 ヨアヒムの言葉に全員が頷いた。


「ね、アンセル。アタシ達が入れ替わりに気づいた事は、彼に伝えるべき?」


 ブリギッタの質問に、アンセルは首を横に振った。


「言わないでおこう。彼がファヴニルとどういった関係なのかまだ不明だし、たまに呟いている独り言、”部長”とか”先輩”という単語が気にかかる。ひょっとしたら、どこか別の領の、諜報部や工作機関から派遣されてきたのかもしれない」

「そうそう、痴女先輩なら……とか、言ってるよね。聞いてると、まるで人間じゃないみたいな評価をしちゃってるけど」


 ブリギッタ達の目から見ても、今、辺境伯を演じている少年は、相当のキレ者だった。その彼が手も足も出ず、時に恐怖し、時に憧れる先輩達とはいったいどのような人物達なのか、想像もつかなかった。


「なーる。つまり、架空エア友達ってやつか。俺は詳しいんだ!」


 冗談めかしてヨアヒムが笑った瞬間、エリックが彼の頭をガツンと殴った。


「ヨアヒムよぉ。辺境伯……、じゃねえな、今の言葉は、いくらなんでもクロードに失礼だろうが」

「アイテテテテ。本気で言ったわけじゃねーよ。どうしたんだよ、エリック、お前、辺境伯、じゃない、もうクロードでいいか。クロード様のこと嫌ってたじゃないか」


 ヨアヒムにたしなめられて、エリックはうつむいた。声も心なしか小さくなっている。


「ソフィ姉ちゃんに酷いことをした奴なら、当然だ! でも、よ。ソフィ姉ちゃんの言う通りなら、あいつは犯人じゃなくて。それどころか、俺に殺されかけて、でも、俺を殺すどころか、俺達をファヴニルから守ってくれたんだよな」


 自分なら、あっさりと見捨てただろうとエリックは思う。そんな恩人にひたすら噛みつき続けてきたのだ。彼だって己の態度を振り返って反省もする。


「オレたち、襲撃犯だもんな。裁判で、合成獣キメラに食われてても不思議じゃなかったんだ……」

「ア、 アタシは押し倒されたし。エリックはもうちょっと怒ってもいいと思うよ」

「そうだった。あの野郎っ!」


 ブリギッタの言葉でエリックは椅子から立ち上がろうとして、すぐに座り込んだ。


「……やっぱ、許した。クロードは、別にお前に色目使ったりしねーし」

「むしろ露骨に興味ないって感じだよな。ま、ブリギッタの色気じゃ、しょうがない」

「死ねッ。アタシだってちゃんと着飾ったら、ちょっとしたものだし」

「馬子にも衣装ってやつ? よせ。髪のセットどんだけ時間がかかるとっ、グワーッ」

「因果応報」


 髪の毛をむしられているヨアヒムをあっさり見捨て、アンセルはため息をついた。


「ぼくたちは、どうするべきなんだろう? 正直、ぼくもまだクロード様を信じきれない。ひょっとしたらとんでもなく危険なことを、企んでいるかもしれないんだ」


 ヨアヒムの悲鳴と、ブリギッタがモヒカンをむしる音だけが部屋に響いた。

 沈黙、というには騒々しい室内で、言葉を発したのは今まで黙っていたソフィだった。


「えっと、わたしってクロードくんの人質なんだよね」

「そ、そういうことになってるけど……」


 今後の交渉次第では、返してもらえるかも? とアンセルは続けようとして、言いだせなくなった。


「じゃあ、人質らしく、クロードくんの傍で見守ってるよ。大丈夫! わたしが命に代えても、皆へ危険なことはさせないから」



――

―――


 こんなにも穏やかな眠りは、何時ぶりだろう?


 復興暦一一○九年/共和国暦一○○三年 木枯の月(一一月)八日。

 クロードは、布団の中で惰眠をむさぼっていた。右手のひらが温かい。鼓動の音が聞こえる。まるで母親に抱かれた赤子のように、ただただ安心できた。


(一週間ぶり、いや、もっと前だ。劇が終わって、片づけて、休日の昼に起きた時、あれはいったいいつ頃だったっけ?)


 遠い日の残照に、心が震える。

 起きなければならない。鳥の啼き声が聞こえる。早くしないとレアが起こしに来てしまう。最悪の場合、あの悪魔ファヴニルが――。


「領主様」


 耳元で声が聞こえた。


「起きてください」


 まぶたを開くと、眼と鼻の先に、青い髪と赤い瞳が特徴的な美しい少女が、ほんの少し頬を桃色にそめた困ったような顔で、自分と手を繋ぎ、メイド服を着たまま同じベッドの上で横になっていた。


「あsdfghjkl」


 クロードの眠気は吹き飛んだ。ついでに言葉とか正気とか、色々と無くしてはいけないものも吹き飛んだ気がした。自分と同じ顔の死体が転がっていた時だって、ここまでの衝撃は受けなかった。


「昨夜、カーン様の邸宅から、ブリギッタさまと戻られた後、ひどくうなされていたので、添い寝をしました」


 クロードはパクパクと口を動かすものの、まるで声にならない。


「問題ありません。メイドですから」


(そんなメイドはいなぁあああいっっ!!)


 もしも、いたら、それはキャバクラか、部長が大好きないかがわしいDVDの中だけだ。

 クロードは衣服を確認した。ちゃんと寝巻を着ていた。これですっぽんぽんだったら言い訳も効かないだろうが、互いの着衣に大きな乱れもない以上、何も特別なことはなかったはずだ。


(そうだ。なにも問題はない。……昨夜、どうやって着替えたか覚えてないけど、問題なんてない!)


 レアに促されるまま顔を洗い、歯を磨き、ついたての陰でシャツとズボンに着替えた。今日の起床はいつもより一時間遅い。日課の走り込みは、夕方に回した方がいいだろう。

 そういえば、と、クロードは気付いた。レアがもし今まで、クロードに寄り添っていたのなら――。


「レア。今朝の、ちょ、朝食は?」

「領主様、本日の食事は」


 レアが冷静に応えようとしたところで、ノックもなく寝室のドアが乱暴に開いて――。

 

「おっはよう、クロード様。レアちゃん、お食事できたよっ」


 赤いおかっぱ髪の少女が、橙色の上着ジュストコールと若草色のベストを着て、臙脂えんじ色のキュロットパンツを履いた格好で元気よく飛び込んできた。

 彼女の胸は裸で見た時と同様、胸襟きょうきんの大きく開いた上着とベストを盛り上げて、実に豊満だった。


(って、部長でもないのに、僕はどうして胸を凝視してるんだぁっ!?)


「ソフィさん。寝室に入る時はノックを忘れずに。それに、廊下を走るなんて、礼儀以前の問題です」

「あちゃ。ごめんね。はしゃいじゃって」


 レアがソフィに厳しい視線を向けている。自分も冷たい怒気のようなものを感じるが、気のせいだとクロードは思いこむことにした、現実逃避? 知ったことか。それよりも、尋ねなければいけないことがある。


「ど、どうして執事服を着ているんだ?」


 ちがうだろっ。他に聞くことがあるだろうっ? と、クロードは後悔したがもうあとの祭りだ。


「レアちゃんの服って、ちょっと動きにくいんだ。だから、こっちにしたよ」


 黒い瞳をパチンと閉じてウィンクする。その姿がさまになっていて、クロードの胸は思わず高鳴った。


(男装先輩! 貴女の知らないところでアイデンティティが奪われてますよーっ!)


 男装という数少ない萌えポイントがかぶってしまったら、あとはもう、メンタルブレイクしか残っていないじゃないか!

 本人がその場にいたら、無礼討ちにされても文句は言えないツッコミを心の中で入れつつ、クロードは混乱している自分を自覚した。

 なぜなら、クローディアス・レーベンヒェルムは、ソフィに対して返しきれない膨大な負債を背負っているのだから。


「レア、聞いていないぞ」

「申し訳ありません」


 レアは、しゅんとうなだれている。クロードは、その様子を見て、おそらくソフィが横車を押したのだろうと想像した。


(どうやって断ればいい? どうやって償えばいい?)


 クローディアス・レーベンヒェルムは、ソフィの人生を無茶苦茶にして、視力ひかりすら奪ったのだ。クロードは、レアと医師たちの助けを得て、地下で拷問を受けていた少女たちの傷をファヴニルの力で治療した。

 奪われたソフィの片目も、どうにか再生し、見えるようになった。けれど、クローディアスの罪は消えない。少女たちの心に刻まれた傷は癒えず、焼き付けられた烙印らくいんが彼女たちを責めさいなむ。男性恐怖症になった娘がいた。親族から家に戻ることを拒否された娘がいた。

 少女たちは、いま、教会で子供たちに混じって文字を学び、農園や役所、市場の手伝いで日々の糧を得ている。彼女たちが奪われたものを取り返し、本当の幸せを掴むまで、いったいどれだけの時間がかかるのか、クロードには想像もつかなかった。


(僕は、どうやってこの子に)


 目の前にいる、ソフィだってそうだ。

 エリック達は気性のまっすぐな連中だが、それでも彼女を気遣うだろう。その気遣いが彼女を追い詰めるだろう。元の世界で、気のいい先輩たちの優しさが、逆に自分の無力さや無能さを、思い知らせてしまったように。

 

「僕は、いったいどうすれば、あなたに償えるのかわからない」


 クロードは跪いて、土下座をした。殺されたって文句は言えない。なぜなら、今の自分は、クローディアス・レーベンヒェルムなのだから。


「え!? え、えええええっ」


 ソフィはなぜか泡をくって、目を白黒させ、右手を口にあて、左手を振りながら、蟹のように変なステップを踏み始めた。

 レアが、クロードを抱きしめるようにして強引に立たせた。彼女の赤い瞳が、焦燥に駆られたクロードの顔を映し出す。


「領主様。ソフィさんが困っています。領主たるもの、そのように頭を下げてはなりません。貴方は、その肩と背中にレーベンヒェルム領を負っていることを、ご理解ください」

「しかし!」

「そ、そうだよ。ほ、ほらごはん冷めちゃうって。ね、ね!」


 朝食は、米のご飯。鶏肉と野菜、キノコに大量のスパイスを加えたスープ、万寿瓜パパイヤ檬果マンゴーの漬物だった。忘れてはならない梅干もちゃんと小皿に用意されている。

 いつもながら、レアの作る食事は香りといい、絶品だ。と、クロードは思い出した。今朝は確かソフィが朝食を作ったのだっけ。


「ごめんね。クロード様。わたし、高級な料理って知らなくて……」


 マラヤディヴァ国では、一般的な朝食メニューだったはずだ。

 ソフィが申し訳なさそうに俯いたが、クロードにとっては充分だった。


「いや、いい。美味しそうだ。レア、ファヴニルは、昨夜も帰ってこなかったのか?」

「何かの準備が忙しいと、領辺境にあるペナガラン要塞に篭っているようです」

「軍隊もろくにないのに、あんな廃墟で何をやってるんだか」


 最近姿を見せないファヴニルの動向に心を痛めつつ、はて、とクロードは気づいた。ソフィの分だけ、朝食が用意されていない。


「ソフィさん。自分の分を忘れてる。とってこようか」 

「え!? ええっ!? わ、わたし、新入りで、使用人だよ。あとでいただくから……」


 遠慮するソフィに、思わずクロードは大きな声をあげていた。


「ソフィさんっ。家族は、一緒にメシを食べるんだ」

「は、はいっ」


 クロードに怒鳴られて、ソフィは台所へとすっとんでゆく。

 慌てふためいた後ろ姿を見て、強く言いすぎたかと反省したが、決して間違ったことは言っていないと後悔はなかった。


 それは、クロードと部長先輩が珍しく共有できた価値観のひとつだ。


 会計先輩と男装先輩の家は、家族が、組合活動だか宗教集会だか選挙運動だか、わけのわからん活動に没頭して、みんなで揃って食事を取る日もほとんどないという。


(そんなのは、寂しいじゃないか)


 今朝の朝食は、レアの絶品料理で肥えたクロードの舌には、若干物足りなく感じたものの、それでもたいへん美味しかった。 



―――

――


(べ、別人なのは最初からわかってたけど、全然違うんだ)


 クロードが食後の珈琲をブラックのまましかめ面しながら飲む様子を、ソフィは赤いおかっぱ髪の下、黒い両の瞳で見つめていた。

 見たところ、年齢は自分よりひとつ下か、同年代。エリック達よりひとつ上か、やっぱり同年代だろう。


(あの子たちよりずっと、落ち着いてるんだ)


 ソフィは、エリック達の反対を押し切ってレアに頼み込み、使用人として仕える許可を得た。彼女は並外れて有能で、屋敷の維持管理だけでなく、秘書役から特使役まであらゆるサポートを「メイドですから」の一言でこなしていた。

 が、最近になると、肝心のクロードともどもオーバーワークの弊害が、主に体調面で如実に出ていた。人手が足りていないのだ。ならば、自分が、彼と彼女を支えればいい。


(くるくるして可愛い瞳)


 ふと、視線が交わった。

 困惑するクロードに、ソフィは柔らかくほほ笑んだ。

 寝癖の取りきれていない髪、あっちこっち動く三白眼、肌色の悪い顔に、一文字に結ばれた唇。


(わたしを、たすけてくれたひと)


 この顔だ。この顔に似た男が、ソフィの瞳を奪った。ある意味で、彼女を穢した。

 でも、見ようによっては愛嬌があり、整ってもいるこの顔の少年こそ、ソフィの瞳を取り返してくれた。

 真っ暗な闇の中で、毎日『必ず見えるようになる』と、彼女に声をかけ続けてくれた。


(だから、わたしは人質として、貴方が取り返してくれた瞳で、貴方を見守る)


 ソフィは自分のカップに入った、たっぷりの紅茶に加糖練乳コンデンスミルクを入れてかき混ぜると、甘い香りが広がった。

 食後のティータイムが終わり、クロードは外出の準備のために部屋に戻った。最近になって家族の元へ帰ることが許されたという、御者のボーお爺さんが出勤すると同時に、今日も彼の忙しい一日が始まる。

 ソフィもまた、今日から新しい仕事を覚えなければならない。

 と、レアが、今まで見たこともない剣呑な表情でソフィに近づいてきた。


「ソフィさん、領主様は美味しかったと仰いましたが……。今朝のスープ、香辛料の使い方が適当すぎます。今日から、私がみっちり鍛えます」

「は、はいっ」


 レアの瞳には、なぜか焔がめらめらと揺らめいていて、ソフィは思わず後ずさった。


(な、なんでレアちゃん、こんなに燃えてるのぉ)


 ――先輩メイドによる新人教育は、たいへんスパルタでした。



 復興暦一一○九年/共和国暦一○○三年 晩樹の月(一二月)。

 マラヤディヴァ国首都クランに入港する共和国の船に、ひと組の親子が乗っていた。


「わーい外国だ。外国だよっパパっ」


 歳は八歳くらいだろうか?

 父親の背におぶわれて、嬉しそうにはしゃぐ蜂蜜色の髪の女の子。


「イスカ。仕事が終わったら、色々見てまわろうなあっ」


 歳は二〇代の前半から半ばほど。

 クランの町並みを少しでも早く見たがった娘をおんぶして、穏やかな笑みを浮かべるがっしりした体格の青年。

 二人がマラヤディヴァの大地に上陸すると、ローブを羽織った特徴のない顔の男が近づいてきた。


「マラヤディヴァへようこそ、偉大なる冒険者、ニーダル・ゲレーゲンハイト。マティアス・オクセンシュルナ議員の命により、貴方を迎えに参りました」


 イスカとニーダル。

 二人の来訪がもたらす運命の風は、マラヤディヴァの大地を渡り、レーベンヒェルム領の扉を大音量で叩くことになる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます