第243話(3-28)悪徳貴族 対 オッテルⅢ

243


「海上の火竜に告げる。十賢家当主が一人、マルク・ナンドの裁きを受けよっ!」


 オッテルがルンダールの町へ砲塔を向けたまさにその瞬間、マルクの大きな掛け声が遺跡のキャンプから響いた。

 ダンジョンから発掘した戦利品だろう。数本の炎や氷の魔杖による一斉砲撃が行われたものの、照準はぶれぶれで的中するどころではなかった。


「雑魚ガっ。殺気もなくちゃちゃをいれるナ!」


 オッテルは、真剣勝負に水をさすマルクの振る舞いに立腹したらしい。九門の砲口から禍々しい光を発すると、収束させて極太のレーザーを生みだした。

 ダンジョンの封印を破り、海底から海面まで貫通する一撃だ。膨大な熱量を孕んだ光条は、魔杖の砲弾を飲み込んだ。更に運悪くかすめた山頂すらも消し飛ばし、標的を更地に変えた。

 だがその惨状は、クロードの目に入っていなかった。


「ショーコ、全速前進だ。仲間がチャンスを作ってくれた」


 勇ましい名乗りとは裏腹に、キャンプからの攻撃はいかにもおざなりだった。

 相対したオッテルが殺気もなく、と罵ったのも無理はない。おそらく遠隔操作による攻撃で、目的はこちらへの支援、すなわち囮だ。

 マルク達の献身によって、最高のタイミングで好機が舞い降りた。


「いくわよっ。行けばいいんでしょう」


 そして、ショーコもまた好敵手たる友を信じた。

 サメ――ならぬイルカ型ゴーレムが高速で突撃する。

 オッテルによる砲撃はない。収束レーザーは爆発的な威力と引き換えに、九門全てを使用する。そのため、次弾発射まではわずかなりとも時間がかかるのだ。


「鋳造――八丁念仏団子刺はっちょうねんぶつだんござし」


 クロードは千切れた袖口のボタンを変化させて、最後の愛刀を創りだした。

 岩融いわとおし雷切らいきりは失われ、火車切かしゃぎりも半壊している。修復には相応の時間と魔力充填が必要だ。

 オッテルには砲撃が無くとも、まだ四肢を用いた武術マーシャルアーツがある。この一刀で、死地に活路を開くしかない。


「クロードくん、防御はわたしに任せて」

「ソフィ、なにを?」


 ソフィがクロードの手を引いて、彼の一歩前へと踏み出した。

 彼女の手には、師であるササクラから受け継いだ杖が握られている。

 ソフィは浅い息を繰り返し、早鐘のように脈打つ心臓に酸素を送り込みながら、薙刀の構えを取った。


(わがつえをたくす、とササクラ先生はおっしゃった)


 シンジロウ・ササクラは、ソフィがファフナーの一族の末裔まつえいであることを知っていた。

 その血筋ゆえに抵抗勢力の神輿となると考えたか、あるいは不肖の弟子が暴政を見過ごせぬと予見したか、ササクラはソフィがルンダールの遺跡最深部へと至ることを確信していた。

 だから、一見何の変哲もないように見えて、託された杖にもきっと意味はあるはずだ。

 思い返せば、彼女の記憶にある師はずっとこの杖を手にしていたのだから。


(レベッカちゃんが言ったように、もしもわたしに巫女としての力があるのなら、どうか力を貸して!)


 そう念じた瞬間、ソフィの視界は真っ白な光に埋め尽くされた。


――

―――


『ねえ、貴女は何のために戦うの?』


 どこからか柔らかな女性の声が聞こえてくる。

 ソフィの視界は眩んだままで、声の主の姿は見えない。


「愛する人と家族を守りたいから」


 しかし、ソフィは迷うことなく彼女の真意を伝えた。


『そう、いいよ。力を貸してあげる』


 声は懐かしそうに、ほんの少しだけ嬉しそうに応えた。


「貴方は、誰なの?」

水霊みずちって、ササクラは呼んでいたよ。川や淵に宿る精霊なんだって。彼の故郷では、いずれ人を守護する竜神になるとも、荒れ狂う大蛇になるとも伝えられていたそうよ。でも、私を創った人と同じ想いを抱いた貴女なら、きっと大丈夫だよ』


 声が遠くなってゆく。光が薄れる。

 ソフィは思わず手を伸ばそうとして、叶わなかった。せめてと声を張り上げる。


「待って。みずち、貴方を創った人って――」


 水霊は答えなかった。でも、ソフィはなんとなく理解できた。

 根拠となる刻印はない。でも、杖から伝わってくる気配は、どことなくハロルド・エリンが作ったキャリーバッグやコートに似ていたからだ。


―――

――


「みずち、お願い力を貸して!」


 ソフィの祈りに呼応するように、海面が波立ち水柱が立ち昇った。

 脛から面へ、面から胴へ、彼女の振るう杖に同期して、水の暴威はオッテルへと撃ち込まれる。


「水柱を刃に見立てカ。やるじゃないカ。”妹”弟子!」


 オッテルは鱗を震わせながら高々と笑い、巨大な四肢を駆使して、自身に迫る水柱という薙刀の連撃を受け流した。

 火竜の爪が宿す熱で海水が蒸発し、湯気の熱気と白い霧が瀑布ばくふのように立ちこめる。

 互いの視界が閉ざされる寸前、クロードは鎖をオッテルの首元へ投げつけた。

 そして、イルカちゃん一号の背を蹴って、ソフィと共に空中へと飛び出す。


「オッテル、覚悟!」

「クロードくん、一緒にっ」


 二人の手に握られた八丁念仏団子刺しが、虹色の軌跡を描いて空間を断ちきる。

 執念の一撃は、契約神器の核たる心臓と、上半身の砲門四つ、更に腹部の大砲をまとめて消し飛ばした。


「アア、良くやっタ。だが惜しかったナ。あと半手足りなかっタ」


 オッテルは嘆く。

 挑発で砲撃を無駄うちさせて、格闘術を水柱で封じ、心臓と砲門を破壊した。

 クロードたちは最善を尽くしただろう。それでもなお、彼の命には届かなかった。

 二人が握りしめた打刀が、光の粒子となって消えてゆく。全力稼働で魔力を使い果たしたのか、ササクラより継いだ杖もまた灰色に染まって水柱が崩れ落ちた。

 その一方で、怪物と化したオッテルは瀕死といえ健在だ。すべての武器を失ったクロードたちに向けて、残された四門の砲口に光が灯る。


「オレの勝ちダ」


 オッテルがほぼ零距離から放った熱線が、鎖にしがみついたクロードとソフィを焼き払った。

 否――!


「いや、”ちょうど”ぴったりだ」


 クロードは、ハロルド・エリン製作の対魔術コートを盾のように広げていた。

 千年前の遺産は半ば消し飛びながらも、見事にオッテルの攻撃を防いでみせる。


「チンドン勇者のコート!」

「クロードくん、今だよ」


 コートの残骸をソフィに預け、クロードが半壊した火車切を掲げる。


「……熱止剣」


 クロードがもはや無い頭部の下、オッテルの首元に魔術文字を刻む。

 それらは、瞬く間に火竜の全身に回っていった。


「懐かしイ。チンドン勇者の技ではないカ? あア、お前の傍にハ、臆病な鍛冶師もいタのだったナ。さもあらン。まさカ、このような切り札を隠しもっていたとハ」

「オッテル……」


 やがて、オッテルを覆う魔術文字が光と熱を発した。

 全長五メルカの巨体が、焼けて解けて灰になり散ってゆく。

 それでもオッテルは、笑っていた。まるで祭りの後、上気した高揚がおさまらぬとばかりに、崩れゆく全身で喜びを歌っていた。


「これも因果カ、喜べチンドン勇者。千年の刻を越えて、お前の遺志と技は受け継がれたゾ。ならバ、オレもまタ……!」


 オッテルは、最後に何かを伝えようとしたのだろう。

 けれど彼に残された時間はもはや無く、灰となって空と海の狭間へ消えた。


「オッテル、お前と戦えたことを誇りに思う」

「ありがとう。そして、おやすみなさい」


 ルンダールの海岸から、歓声が聞こえる。

 中には、マルク侯爵やガブリエラの声も交じっていた。

 ショーコの操るイルカちゃん一号に救助されながら、クロードとソフィは彼らへ向けて手を振った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます