第93話(2-47)姫将の決断

93


 商業都市ティノーの住民たちに避難勧告を出して、クロードたちが荷物をまとめた昼過ぎ、連絡用の水晶にセイから慌ただしく通信が入った。


「棟梁殿。今朝もらった連絡の通りだ。本日正午に、緋色革命軍首魁ダヴィッド・リードホルムは、国主グスタフ・ユングヴィ大公により禅譲を受けて、革命政府を樹立したと宣言。ソーン侯爵領とルクレ侯爵領は、ダヴィッドをユングヴィ大公の正当なる後継者と認めるそうだ。彼らはレーベンヒェルム領を含む残りの十賢家を賊軍と言い張り、宣戦を布告した」

「賊軍に賊軍呼ばわりされるなんて、痛快なことだな。ヴァリン侯爵は?」

「先ほど声明をあげた。馬鹿め! だそうだ。棟梁殿はどうする?」

「言いたいことを先に言われた……。テロリストは交渉に値せず、とでも送ってやろう。後は、メーレンブルク領と、グェンロック領、ナンド領か」


 クロードは嘆息した。

 ユングヴィ領、ユーツ領はすでに陥落し、ソーン領、ルクレ領は敵に回った。

 ヴァリン領は屈さずとも、他の三領が敵対あるいは占拠される可能性は濃かった。


「棟梁殿。ひとつ伝えなければならない件がある。宣戦布告を受けた直後、ルクレ領海軍の攻撃を受けて、我が領の港町ボルグが焼き払われた。棟梁殿からの連絡と……ハサネ公安情報部長の間諜からの情報もあって、騎馬隊を救出に向かわせた。幸い人的被害は出ていないが、次は難しい。どうやら連中、西部連邦人民共和国の御下がりで、ルーシア国の巡洋艦を購入したらしい」


 セイの声音には張りがなかった。

 レーベンヒェルム領には、未だまともな軍艦がない。

 拿捕だほした海賊船や、木造商船を改装した簡易軍船だけだ。

 数はあっても、戦闘艦相手に海戦を挑むには、極めて不利な状況と言えるだろう。


「私も対策を考えた。領都レーフォンの近くまでひきつけた後、火薬を満載した舟を突っ込ませて魔法で起爆させるとか、襲われそうな湾にヤマを張って大砲で待ち伏せするとかだ。しかし、いまひとつ決め手に欠けるんだ。なにかこう、意外性のある戦術が欲しい」


 セイの言葉に、クロードは記憶をひっくり返して考え始めた。どれだけ時間が経ったのか、ある単語がぽろりとこぼれた。


接舷攻撃アボルダージュなんていうのはどうだろう? 駄目だ。宮古湾海戦は負けているじゃないか。危険が大きすぎる」

「アボルダー……? よく聞こえないぞ、棟梁殿。どんな戦術だ?」

「海賊が輸送船相手によくやるやつだよ。自軍の艦船から敵軍の艦船に、戦闘員を乗り移らせて攻撃するんだ。それで敵艦船の船底を破るか、あるいはそのまま船を占拠して持ち帰る」


 クロードの提案に、セイは一瞬絶句した。

 戦国時代に似た異世界から来た彼女にとって、接舷攻撃はむしろ一般的な攻撃手段であったからだ。


「棟梁殿。さっき負けたと言ったが、その海戦はどういう条件の戦闘だったんだ?」

「甲鉄という金属装甲の船を巡った海戦だ。攻撃側は、優秀な指揮官あらいいくのすけ艦長こうがげんご最強級の剣客ひじかたとしぞうが率いる元治安部隊を中心とする切り込み部隊含めて数百人と軍艦三隻。――防御側は歴戦の指揮官ますだとらのすけが率いる数千人と軍艦、軍用船合わせて八隻。当時最高級の参謀くろだきよたかが居あわせて、歴史上最高峰の提督とうごうへいはちろうが砲術士官として従軍していたはずだ」

「両軍の武装はわかるか?」

「攻撃側が剣とマスケット銃。防御側は槍とライフル銃に加えて、今レーベンヒェルム領でも研究中のガトリング砲を配備していたという説がある」


 セイはクロードから聞き出した条件で、脳裏で状況を組み立てた。


「それは、さすがに厳しいな。接舷しても乗り込む前に渡し口を槍衾で防がれるか、ガトリング砲で狙い撃ちにされる。マスケットとライフルでは射程の差が歴然だから、援軍が後詰めをする前に射殺されかねない。奇跡的に船の奪取もしくは爆破に成功しても、優秀な参謀と数に勝る敵船が健在ならば、撤退もままならないだろう。だが」


 セイの声音に力が戻っていた。


「棟梁殿、我らがレーベンヒェルム領とルクレ領。今装備と練度に勝るのはどちらだと思う?」

「そ、それは」

「接舷攻撃か。面白いじゃないか。棟梁殿と私たちに喧嘩を売った無礼者どもの鼻をあかしてやろう!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます