第294話(4-23)見出した攻略法

294


 クロードの降伏勧告に、ベックは口角をつりあげた。


「罪だって、あり得ない。革命は法に優先される!」

「その妄執の犠牲となった人々に贖え。ラーシュくん、力を貸してくれ」

「はい。辺境伯様っ」


 ラーシュの儀礼剣が輝き、クロードの所作が軽くなる。


「馬鹿なことを。重さのない攻撃なんてハンデを負ったも同然だ。そして、お優しい辺境伯は、果たして無抵抗の人間を傷つけられるかね?」


 ベックの花に覆われた強化服から花粉が噴き出し、気絶した親衛隊兵士たちを覆った。

 彼らは、まるでホラー映画のゾンビのように緩慢な動きであったものの、クロードとラーシュに襲いかかった。


「ドクター・ビーストの菌兵士を再現したつもりだろうが」


 クロードはかつてベナクレー丘で大敗し、亡くなった博士の恐ろしさを身にしみて知っていた。


「素っ裸の男を盾にするんじゃあない!」


 ゆえに、全裸の一団を容赦なく殴りとばした。ベックが指摘したとおり、物理的な重さは軽くなっているから死にはしないだろう。


「もっともだ。では、切り札を開帳ターンアップしよう」


 ベックが、自らの契約神器であるルーンオーブに口づける。


「術式――”恐怖劇グランギニョル”――起動!」


 そして、異形の花々による蹂躙が始まった。

 ベックの強化服の肩部から大輪の花が咲き、まるで豪雨のように鋭い種と毒花粉を吹き付ける。

 埋もれた種からは、無数の針めいた枝もつ花木が地面を突き破るように生えて、倒れた親衛隊員もろともクロードを串刺しにしようとした。

 退避すべきだった。だが、クロードは身動きできない全裸男達を助けようとして、木から舞い落ちる葉に肉を裂かれ、花から零れる毒蜜に骨を焦がされ、庭の中へと飲み込まれた。

 それは、まさしく異形の花庭ストレンジガーデンによる恐怖劇。巻き込まれた者は、ただ色とりどりの花によって貪り喰われるのみ。


「へ、辺境伯様。嘘だ。こんなことって」


 ラーシュはがっくりと項垂れた。自分が彼を巻き込んだ。

 恋人の兄バーツの仇を討とうとして、再び頼れる兄のような存在を失った。


「辺境伯。君は私を詐欺師と呼んだが、嘘つきは君だろう。悪徳貴族を名乗るなら、冷徹に悪を貫くべきだった。無能な役立たずを庇い、敵である私の部下の命を守ろうとして果てるとは。残念だよ、君もまた革命者ではなかった」

「……当然だ。エカルド・ベック。仲間の命すら無惨に踏み潰すクソヤロウが。お前に、革命者などと呼ばれる筋合いはない」

「辺境伯様っ」


 ラーシュの叫びに応えるように、異形の花庭が裂ける。

 花木は雷に断たれ、炎に焼かれ、灰となって消えてゆく。


「勘違いするなよ。こいつらは法によって裁かれる。罪を償うために、こんなところで死なれちゃ困るだけだ」

「ハハっ。法、ね。ここは戦場で革命の場だ。そんなくだらないものを持ち込むな」


 ベックのルーンオーブから無数の光線が迸り、丸太よりも太い蔦や、ドリルめいた根が踊るように生まれた。しかし、そのすべては、クロードが振るう二刀によって瞬く間に灰に変わる。


「グランギニョルの語源は、荒唐無稽こうとうむけい、そして、虚仮威こけおどしだ。お前のことだよ、エカルド・ベック!」


 クロードの雷と炎をまとった斬撃は更に速度を増し、ベックの庭を焼き尽くした。


「虚仮威しは君だろう、辺境伯。この強化服の守りを打ち砕くことは誰にも出来ない」


 そう吠えるベックにクロードは密着し、刃を重ねた。一回、一〇回、一〇〇回いったい幾度、雷と炎を叩きつけただろう。斬撃の加速は止まること無く、強化服はついに耐えきれず燃えあがり、花は枯れ落ちた。


「馬鹿なっ」

「一回で砕けない鎧なら一〇〇〇回斬ればいい。お前は、僕とラーシュ・ルンドクヴィストを甘く見た!」


 クロードの拳が、ベックの顔面に突き刺さった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます