#83 党の広告塔


"Waxundesti?異世界かい、 xalijasti,シャリヤ君"

"Ja.はい"


 イェスカは眉を上げて怪訝そうに私を見てきた。

 私とイェスカは街の外れの喫茶店でリウスニータを頼んで、イェスカが強く興味を持っている翠に関して話していた。自分が提供したリウスニータはラネーメ風味が強いと文句を言われたから、レトラの喫茶店に頼んでリパラオネ風のリウスニータを出してもらった。正直自分では何が違うのかよくわからないけど。


"Paだが, si lkurf takang'd彼はタカン lkurftless.語を喋っている Si es niv彼はタカン人 takangni'ar?じゃないのかね"


 イェスカがポケットから小箱を取り出しながら言う。開けた小箱から紙に包まれた板状のものを取り出す。そのまま、紙を開いて、中身を口に含んだ。


"Ers korniusti'eコーニュス lu tirne?ティエですか"

"Jaああ, co karx?要るかい"


 優しそうな顔で箱を差し出すイェスカに首を横に降って否定する。「ちぇっ、おもしろくないな」という顔で箱を胸ポケットに戻す。私はケートニアーとはいえ、まだ未成年だ。見ればわかると思ったが、人の年齢を容姿だけで断定するのは至難の業だ。ラネーメ人っぽい容姿でなければなおのことそうだ。


"Fai sysito本題に戻りますが, si'd lkurftless彼の話している言語は es niv takang lu.タカン語ではありません Edixa flarskastan io例の裁判には akrunfter mol ly通訳者が居た lu pa elxそうですが cene niv cen翠は彼の firlex takang'd話している lkurftless zuタカン語が si lkurf.理解できなかった"

"Malじゃあ, harmie si'd彼は他のラ lani'ar esネーメ民族 niv ete'd ranermian?ということにならないかい"


 イェスカは未だ訝しんだ顔でテーブルの手をひらひらとさせていた。私の話をあまり信じていない様子だった。他のラネーメ民族といえばパイグ人やバート人、リパラオネ・ラネーミャンくらいしか知らない。翠の挙動、言語、慣習はそのいずれにも当てはまっては居なかった。


"La lex esもしそうだったら felx jol si'd彼の民族は lani'ar es誰にも levia'st分からない akrantiol lu.でしょうね"

"Lirsというか, cene niv si彼は本当に lkurf lineparineリパライン語が話せ fal cirla無いのか? Edixa si velesヒンゲンファールに kantio lerj教えてもらえた hinggenferl dea?様子じゃないか"

"Nivいえ, Edixe mi istacerges.あれは言いすぎました Liaxu si彼は着実に lostuton lersseリパライン語を lineparine melx学んでいます、だから kranteerl'it本を渡し letixeinoたのも is niv ecpelnt jol.無駄にはならないはずです"


 「ふーん」とイェスカは言うと、リウスニータの残りを呷っていた。あまり興味がない様子だが、ここは話を切り出すチャンスじゃないだろうか。さっきから気になっていたイェスカがレトラまで来た理由だ。革命派の最前線に立つ共産党アドコンステールツェン・レータザルの党首が何故こんな小さい街にまで来たのか。


"Co lkurf"翠に興味がある"って <vxorlneso cen'it>言ってましたが lu pa la lex esあれは一体 harmie'd kante lu?どういう意味なんですか"

"Harmie selene何故、知 co qune la lex?りたいの"


 イェスカはスプーンでテーブルに置いてあるバネクリャナショの表面をなぞった。甘いものが好きだとか、年頃の女の子みたいで人民を引っ張って闘争するイメージには合わないが、気に入ってくれたら何よりであった。おかげかは知らないが、質問を聞いて、アンニュイな表情で視線を逸して返した言葉には所々で見た嗜虐心のかけらも感じられなかった。


"Cen nat tyrnees翠はまだユエスレオネ niv fal yuesleone.に馴染んでいないんです Cene niv si彼は流暢に lkurf lineparineリパライン語が dektanfylonj mag話せないから mi私が――"

"<Deliu mi celdin私が助けなきゃ> ersjaかい?"


 イェスカはため息を付いた。楽しそうに口角を上げて、目を閉じて、頭を振っていた。


"Co lirf彼のことが si ja?好きなんだ"


 突然何を言うかと思ったら、突拍子もない事を言い出して心が焦る。衝撃を受けすぎて私は何も声が出せなかった。ただただ、顔が赤くなっていくのを隠そうとしている私を見てイェスカは吹き出して、ついにはケラケラと腹を抱えて笑いだしてしまった。顔の火照りを振り払って、イェスカに向き直る。


"Agesquik niv lu tiからかわないでください...... Fi la lex esもしそうだったら, fontles ler最初に会ってから celdino'd lamiet助けてきた理由は es harmie?どうなるんですか"

"Gelx, edixa一目惚れ co ilvefan?したんでしょ"


 ため息をつく。元々の話から脱線しすぎた。


"Co apasken結局なんで derok cenイェスカさんは翠を mels lertasaler.党員にしたいんですか"


 楽しそうだったイェスカの表情も"lertasaler党員"という単語を聞くと一瞬で引き締まる。私に向けた目の威圧感がたまらない。しかしそれでも、意思を確かめたいがためにイェスカの目を見続ける。理由もよくわからず連れ去られていった人々と同じ目に翠があうかもしれないと思うと、心配でたまらない。その一心でイェスカの本当の意思を確かめたかった。革命内戦で戦っている人間なんか前線にいくらでもいるはずなのに何故翠を選ぶのか。


 しばらく、目を見続けるとイェスカが根負けしたように目を逸して頭を振った。


"Si letix hark.価値を持っているんだ Ers hark zu党の広告塔に lertasala'dなれるだけ la xelt-an'gil.の価値を"


 イェスカの低い声は更に詳しく目的を述べ始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます