#140 れしゅれしゅ語

 広場のテラスでぼーっとしていると時間はすぐに過ぎ去っていった。結局インリニアはカリアホの問いに答えることはなかったし、カリアホが問いかけたことが何だったのかもよく分からなかった。小一時間ほど、インリニアの言った"naa'ra fon hataナーラ・フォン・ハタ"がなんなのか記憶の中を探ってみたが結局の所、何も思いつくことはできなかった。シャリヤからも、エレーナからも、フェリーサからも、その他の誰からもその名前を聞いたことはなかった。


 考えるのが億劫になってくるとこんなことは忘れてシャリヤと約束した日本語学習をやりたいと思えてきた。昼飯を食っていないと思って、適当に食堂によった後に、家に足を向けることにした。カリアホをなんだか適当に連れ回している気がして、申し訳ない気になっていた。しかし、そもそも、この問題は自分一人で抱え込むにはいささか大きすぎる。リパライン語が通じれば、まだいろいろな情報を集めることはできただろうがそうですらない。

 言葉が通じないのは今に始まった話ではないが、一体何言語話せればこの世で生きていけるのだろうか。そんなことを考え始めると身が震えた。インド先輩ならば飛びついて全部の言語を習得するのだろうが、そんなことが出来る自信はまったくない。リパライン語だけで精一杯なのだ。


 部屋につくとカリアホはうとうとしながら、寝室の方へと行ってしまった。全く喋らずに本当に疲れた様子であった。意思疎通もできず、聞いたこともない言葉が眼の前を飛び交っているのを見ているだけというのはきっと疲れることだろう。インド先輩のようにさっぱり意味のわからない少数言語に興奮するのは特殊な性癖ということだ。

 部屋にはシャリヤがすでに帰ってきていた。彼女は丁度いいタイミングで帰ってきたとばかりに、嬉嬉としてノートを見せてきたのであった。


"No io hirlagana'iひらがなを krante書いてたの!"

"Hmmうん, ers vynutいい感じだね."


 笑顔のシャリヤが持っているノートにはひらがなを練習した様子が見えていた。お手本となる翠の文字は綺麗な文字とは言い切れないが、シャリヤはみるみるうちに文字を覚えていくので、書かざるを得ない状況だった。単語も少しずつ覚えているので、いずれシャリヤと日本語で話ができるようになるのかもしれない。


"Lirs, selene mi nun一つ訊きたいことが panqa'd iuloあるのだけど. Hame cene mi「……言語を話す」 lkurf iulo xaleみたいなことってどう <lex lkurfやって lkurftless>いうの?"

"lexレシュ?"


 オウム返しに分らない単語を訊き返すと、シャリヤは"hmm......んむぅ……"と説明するのに悩んだ様子で目を瞑って考え始めた。

 多分、"lex"が動詞の前についているということは主語の名詞か何かなのだろう。短めの名詞ということは代名詞の類なのかもしれない。


"Lecu miss lersse日本語を lineparine pesta勉強する前に lerssergilリパライン語を nihona'd勉強し lkurftless'itましょう."

"...... Jaうん."


 シャリヤは落ち着いた様子で日本語勉強を中断し、リパライン語を教えようとノートに何かを書き始めた。なんだか申し訳ない気になってくる。確かに日本語を教えようと思ったのは、特有の間違いからリパライン語の深層にある認知の仕方や表現の塊を知ろうとしたからだ。しかし、中断してリパライン語を教えられるまでとなると、この異世界に来てからもう三週間近くになろうというのに悲しくもなってくる。


"<lex> letix"lex"は三つの用法を dqa'd lusel持っているわ. Fgir esそれは <lex ad ftona>"lex"と動詞 ad <eo lex>eo lex ad <la lex>la lexよ."


 シャリヤは三つの用法を書いたノートをこちらに見せてきた。どうやら、"lexレシュ"という単語は三つの用法があるようだ。他の2つと"lex ad ftonalexと動詞"というふうにわざわざ区別するあたり、代名詞というより機能語に見えてくる。

 シャリヤは、"lex ad ftona"と書かれた横に更に記述を足していった。


"<lex lkurf larta>'d"lex lkurf larta"の kante es lkurfer意味は「話す人」よ. <lex>'i"lex"を lex amol………… ftona kraftan動詞は…… xale krantiagのように……."

"Firlexなるほど,"


 最後の方の言葉は何を言っているのかよく分からなかったが、多分、"lexレシュ"を動詞に前置することで後ろの単語を修飾することが出来るのだろう。"lex lkurf larta"が「話す人」になるのも、なるほど納得がいく。

 シャリヤは続けて、"la lex"と書かれたところの横に文章を書いていた。


"<la lex>'d"la lex"の kante es意味は fgir ol fqa話すことの fal lkurferl"fgir"か"fqa"よ. fi selene co lkurfもしあなたが mels elx edixa誰かが話したことに……関して lkurferl fhasfa'st言いたいなら, elx lus fqaこれを使うわ."

"Hmmふむむ......"


 どうやら、"la lex"というのはそれが代名詞の一つのようだ。"lex"が代名詞かもしれないというのはあながち間違いではなかったらしい。たいてい、自然言語では具体的なものを指す現場指示と話の中に出てきた物事を指す文脈指示はどちらも同じ指示代名詞で指すらしいが、リパライン語では遠近の現場指示代名詞"fgirあれ"と"fqaこれ"と文脈指示代名詞"la lexこれ"は使い分けるらしい。てっきり、今まで"fgir"でいいものと思っていたが、全く別の代名詞を使うようだ。

 シャリヤが「分かったかしら?」と訊きたげに、首を傾げてこちらの顔を覗き込んでくる様子はとてもかわいい。笑顔で"mi firlexわかったよ."と返すと、最後に残った"eo lex"の横にも何かを書き足そうとしていた。しかし、書きかけて深く悩むような表情で考え込んでいた。


"La lex esこれは少し ekce snietij難しいのよね ti……......"


 翠は一体どのような難しい用法が出てくるのかと覚悟した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます