丗一日目

#148 嫉妬じゃない


"Josxe nivもう翠を追い cen fal回さないで fasta ti plaxくれないかしら."


 アレス・シャリヤ――私は、確固たる意思で無人の教室に立っていた。目の前の黒髪ロングの――カリアホ・スカルムレイをこの教室に呼び出したのは言っておくべきことがあったからであった。学校に来てから、数十分は空き時間が存在する。この間に、彼女に忠告しておくべきだと思った。何かの間違えが起こる前に。

 彼女は、私の言葉を聞いて困惑した表情で硬直している。多分、私が言ったことは理解出来ているのだろう。何を意図しているかはともかくとして、少なくとも言葉の意味は。


"Co'st molo esあなたの存在は justadirten fal私達みたいな farfeler一般人には xale miss ti危険なの. Lirsそもそも, vytiet l'esあのユミリアとかいう lu jumili'a xici人があなたを kantileche私達に vaifiste'c任せたから fai derokramcolo面倒が起こって co'it misse'ctいるのよ."

"Paでも, mi letix niv私には rattel falこの世界では fqiu unde lu知り合いが居なくて......"


 ぽつぽつとラネーメともリナエストとも取れないような訛りのリパライン語が彼女の口から聞こえた。その表情は、本当に苦しいような感じであった。彼女は早くなっていく心臓の拍動を抑えるかのように、その胸に手を当てた。

 その外面にあるものを信じてはならないと思った。革命内戦が終わってからも深く心に残り続けているのは誰も本当のことを表には出さないということだ。反革命主義者フェンテショレーであれ、人民の姉ターフ・ヴィール・イェスカであれ、今の偽りの平和の中でさえ私達は政治に巻き込まれている。レトラのフィアンシャのシャーツニアーは政府軍の人間だった。イェスカは私と翠の関係を破壊しようとした。


 彼らの共通点は一つでしか無い。人間であるということだ。革命を受け入れるか、受け入れないかなどはもはや関係ない。荒れたこの世界でひたすら無力で危機に常に触れている私達こそ救われなければならない。

 翠は、私を守ってくれる。それなら、私も彼を守るために彼の知らない脅威を排除できるようにするべきだ。少なくとも、私から彼を奪おうとするような存在は彼には必要ない。あらゆる意味で、彼が安全で居るためには私の助けが必要なのだから。


"Co letix niv知り合いが居ない rattel magからって co tisod ny la lex.一般人 Malefe'ctを危険 farfeler'itに晒して cilierko velesも良いっ farmesoて言うの? Xelいい, mi m'olfesユミリアさんに lu jumili'a連絡して xici, karx住む場所も furnkieo変えて sietival co'stもらうから."


 申し訳なさそうにしていたカリアホも、シャリヤの強い言い方に反感を覚えたのか少し顔をしかめた。


"Firlexain plax luよく考えてください. Harmie esあなたの嫉妬 le jurlet fallerと人道的な国益と cardeo co'stどちらが ad ple重要な iccartelet luことか."

"Cardeostipe嫉妬?"


 違う、嫉妬なんかではない――そう否定しようとするも言葉を繰り返すことしか出来なかった。前から感じていたこの感情は、嫉妬だったのだろうか。カリアホと仲良く話している翠を見る度に、なんとも言えない感情が湧き上がるのは確かにそうだ。でも、今の話はそれとは関係ない。私は翠のためにシェルケンに狙われ続けている彼女を彼から遠ざけようとしただけだ。


"Co merli'eあなたが cardergol嫉妬を我慢 melxすれば cene miss私達は eo icveシェルケンと xelken adハフリスンターリブを hahulisntarlibこの世から fal unde mal排除して......"


 長々とカリアホは話し始めようとしたが、その理想に満ちて現実から剥離したような話に自分の感情はついていくことが出来なかった。


"Co lkurf desvele faiリパライン語が firlexenerfergol通じてない lineparine'itみたいね. Cene 3'd kraxaiun leus単語で qante xale簡単 ny la lexに言え fal elxること lkurfel plascekonj. Lern lerj cen翠から離れなさい."

"......"


 話し始めた言葉を遮られて、カリアホはすっと肩を落として疲れたような表情になった。その目は申し訳なさそうにシャリヤを見つめていた。


"Firlexわかりました, co lkurf liそこまで言う la lex malのであれば mi zirl nivもう彼には si fal fasta lu近づきませんん."

"Ers snylod賢明な dirawirngle tirja判断ね."


 "dirawirngle賢明な"という言葉を聞いて、カリアホは何やら彼女の母語でぶつぶつと呟いていたが、やがてため息をついて肩を落として"feracisさようなら"と言って、とぼとぼと無人の教室から出ていこうとしていた。


 勝った――そういう感情が心の中に満ちていた。何に勝ったのかは、よく分からない。だが、本能的になにかに勝ったという感情が巡っていた。きっと、翠に降りかかる火の粉を振り払ったという意味での勝利なのだろう。この件で再び私達の間に危機が訪れることは無いだろう。

 シャリヤはふと、とぼとぼと出ていくカリアホの背中に何かを言いたくなった。


"Jeiねえ, Co'd icco ioあなたの国には kertni'ar molケートニアーは居ない niv tirja lysんでしょ?"

"...... Ja luそうですね."


 カリアホは歩みを止め顔を向けずに答えた。


"Mi es私は kertni'ar magケートニアーだから taston zirl si欺いて彼に近づいたり malしたら ny knon kjilfどうなるか la stis tirne分かるわね?"

"......"


 カリアホは無言で教室を去っていった。その後姿に自分の勝利を更に強く確信した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます