#147 相の謎


 シャリヤの可愛い困り顔を楽しむのもいいが、多少は考えよう。

 多分、"ediollエディョル"は「過去時制」を表現する助動詞だろう。左から右に文字を書くリパーシェを使うシャリヤの時空認識は、左が過去で、右が未来という風に想定できる。つまり、それに基づくと一番左の"nestilネスティル"が「過去」、"telietテリェト"が「現在」、"stisnielスティスニェル"が「未来」を表していると思える。つまり、"edioll"は「過去時制」、"wiollウィョル"は「未来時制」を表す助動詞ということになる。ただ、"lia-リャ"というのがよく分からない。時制関連でいうと助動詞"liaxaリャシャ"、"liaxuリャシュ"に関係していそうだ。


"Edixa mi"edioll"と firlex <edioll>"wioll"は ad <wioll>分かった paけど <lia-> es"lia-"は harmieなんなんだ?"


 翠の質問を聞いたシャリヤは頷いて、ノートに先程書かれた線の下にまた線を引いて、中心に縦に線を引いてその下に"liaxaリャシャ"と書いた。その左にまた縦に線が引かれ、"liaxiリャシ"と書かれる。"liaxi"と"liaxa"の間に"liaxuリャシュ"が書かれた。"liaxa"の右にも縦に線が引かれ、その下に"liaxoリャショ"と書かれ、"liaxa"と"liaxo"の間には"liaxeリャシェ"と書かれた。"liaxo"の更に右の空間には"liacyリャスュ"と書かれていた。

 一気に書かれたのでよく分からなくなってしまったが、分けて書くということはどうやら時制とは別の概念らしい。


"Fqass esこれらは lipalainリパライン語の disarajuto文法相よ."

"Firlexなるほど......"


 シャリヤは"disarajuto"や"dicuraturt"というたびに得意げな顔をして胸を張っている。リパライン語を話す人にとっては難しい文法用語を言っていることになるのだろうか。その真偽は分らないが、シャリヤが可愛いということは間違いない。

 ノートに書かれたこれらがリパライン語の相の助動詞だとすると、それぞれは動作の完了度を表しているのだろう。ただ、これだけではどの段階がどの段階かわからない。

 "edixaエディシャ"と"liaxa"があまり変わらないと感じていたわけだが、"liaxa"が文法相なのであればここは「完了」や「完結」と捉えるのが筋だろう。その前段階の"liaxi"は「開始」や「将前」あたりだろう。間に来る"liaxu"は「継続」だろうか、開始から完了の間を表すらしい。

 そこまでは分かるが、"liaxe"以降が分らない。完了の後に伸びる文法相といわれてもあまり頭に浮かんでこないのだ。


"Pa, xalijastiでもシャリヤ, mi firlex niv俺は"liaxe"の後 kraftona pestaの助動詞が <liaxe>分らない."


 ノートに書かれたシャリヤの筆跡を"liaxo"から"liacy"まで指でなぞった。シャリヤはそれを見ながら、「そういえば、なんなんだっけ」という顔をしていた。頬に手を当てて、じっと時制と相の表を見つめる。宝石のような美麗な双眸が瞬いた。


"Fi co lersseあなたがリパライン語を lineparine学ぶとして, <liaxo co"liaxo co lersse lineparinelersse lineparine"> letix kanteはリパライン語 zelx co firlexを理解して lineparine mal何かを es harmie'iするということよ. Mal, <liaxo"Liaxo lartass pusnistlartass pusnist elmelm"> es kante zuでは国が is under平和に fal iccoなることよ."

"Firlexなるほど,"


 "liaxo"というのは「完了した後に何かが起きる」ことらしい。「リパライン語を学ぶ」という結果として「リパライン語を理解して何かをしている」、「人々は争うことをやめた」という結果として「国が平和になった」ということになる。その間の"liaxe"や"liacy"はその前の点の状態が継続しているという状態だろう。

 名付けるとすれば、"liaxi"が開始相、"liaxu"が存続相、"liaxa"が完了相、"liaxe"が完了存続相、"liaxo"が結果相、"liacy"が結果存続相ということになるだろう。

 そんなことを考えているうちに、左肩を指でつつかれた。その方を振り返るとシャリヤが腕を組みながら、不満そうに頬を膨らませていた。シャリヤの説明を聞きながら、じっと時制・相の表を見ながら考えていたからか、無視されたのかと思ったのだろうか。しかし、いちいち動作が可愛いなあ、この娘はもう……。


"Malそれで, hame nihona'd日本語では lkurftless ioどのように qanteそれらを la lexess表すの?"

"Ar, jaあーえっと nihona'd日本語 lkurftless ioでは......"


 言いかけたところで、玄関を叩く音がした。シャリヤが不思議そうに頭を傾げながらそちらに目を向けた。椅子から立って、彼女がドアを開けるとそこにはガルタとカリアホが立っていた。どうやら、用事から帰ってきたようだった。

 カリアホは靴を脱いでシャリヤの横を通り抜けて、翠の前に来た。手を胸において言う。


"Salaruaこんばんは, lu censti翠さん, edixa sysnul io今日は mi lersse私はリパライン語を lineparine勉強しました."

"Ar, jaあっ、うん......"


 流暢なリパライン語に度肝を抜かれる。全くリパライン語が話せなかったのに、あれだけ戸惑っていたというのに。

 心なしか、カリアホの頬が紅潮している気もした。学んだ異国の言葉が通じて、悲しいことはほぼ無い。嬉しそうな表情になるのもわからないことはないが、それ以上に翠の頭の中を占めていたのは一日でこれだけ上手に話せるようになっていることであった。


 横を通り抜けられたシャリヤは、カリアホを一瞥してため息を付いた。ガルタになにか一言だけ告げて、寝室に行ってしまった。日本語の話をしようとしていたのに中断されてしまった。よく分からないが、シャリヤも疲れていたのかもしれない。

 休みたいなら休ませてあげよう。その間にカリアホがどれだけリパライン語が出来るようになったのか、夕飯の時間までまだ微妙に時間があるし調べるのが良さそうだ。

 カリアホの顔を見ると、その顔は喋れることに自信を持った表情で満ちていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます