#261 輻輳する関係


"«xorlnem»ショールネムは qante fhasfa'd何かとても set vynut良いことを iulo表すわ. Paでも, «xorln»'dショールンの kante niv意味はそういった es xale la lexものじゃないの. «xorln»ショールンは qante letixo何か訊きたい elx seleneことがある nunerlという fhasfa ti意味……よ."

"Jaああ, ers julesnそういうことだよ. Mi kornites私は彼女が deroko ciこの休みの今日 fal sysnul呼び出されてる zu esのが desniexil……だった. Edixa miそう lkurf la言った lex jaだろう? Fi co arcies君が私の話を lkurferl mi'st……ていれば, is niv fafsirl……にはならなかったんだ."

"Arあー, merえっと...... naceごめん......"


 二人はしょうがないというような表情でこちらに視線を向けていた。つまるところ、今回は逆"fenxe baneart"ということだったのだろう。

 整理すると、"xorlnem"と"xorln"は根本から意味が違うということだ。前者は「素晴らしい」で合っているが、後者は「疑問を抱く」のような意味の形容詞だったようだ。つまり、インリニアが"la lex es xorln"と言ったのは「それは奇妙だな」という意味だったということだ。ついでに文脈的に"arciesアースィェス"と"fafsirlファフズィール"はそれぞれ「(人の話を)聴く」、「問題」という意味だろう。

 インリニアは不機嫌になってしまったらしく、腕を組んでこちらを睨んでいた。


"La lex esそれは viedosten……な la firlexili'a解る…… firxj cis…………! Ers tirfao'i……を…… celde fai………… naveushouten………… lineparinerganfyリパライン語……だ."

"Intarmerdertt ti……. Lirs……, harmie liaxaなんであなた達 coss fas lkurferlはこんなことを mels la lex言い始めたの?"


 シャリヤは不思議そうにインリニアの方に手を向ける。インリニアは片眉を上げ、怪訝そうに彼女を見返した。


"Cunだから, co derok君がこの休みに fai en'iar仕事…… fal desniexilestan呼ばれたからだよ. Merc……, Edixa co何の用事で derok fua呼び出さ harmieれたんだ?"

"Joppえっと, edixa mi私は呼び出さ veles nivれてない derokoんだけど."

"Lulas mol……が… luaspast…にある. Edixa cen lkurf翠がそれ…… dalle la lex言ってたんだ!"


 インリニアは同意を求めるようにこちらにまた視線を向けてきた。オブシディアンブラックの瞳には自分の姿が映っている。反面、シャリヤは彼女の言葉を聞いた瞬間何かを思い出したかのように視線をこちらから逸していた。


"Arあぁ, merえっと, edixa yst………… kenis jaしたわ! Mi...... veles deroko……過去……そ jujojeserstana'sの……する ylar lovik nestil人に呼ばれてたの."

"Edixa co yst……していた kenis neuのか, mels lovik…… nestile'd過去のこと iuloに関して?"


 インリニアの追求にシャリヤは顔を歪ませる。何か言いたくないことでもあるのかもしれない。もしくは誰かに呼ばれていたというのはあの時あの質問を訊かれた時に抜け出すための方便だったのかもしれない。


"Pusnist ja止めておけよ, inlini'astiインリニア. Ci at letix彼女にも話し elx seleneたくないこと niv lkurferlはあるだろ."

"......"


 シャリヤは申し訳無さそうに俯いて黙ったままになってしまった。インリニアはといえばバツが悪そうに頬を掻きながら雨が降っている外に視線を向けていた。とてもじゃないが酷い空気だ。話題を変えたほうが良さそうだ。今の空気を塗り替えるくらいの話題といえばあれしかないだろう。


"M, merえ、えっと, qasti二人とも, selene miss元の世界に tydiest ladir'd戻りた unde'c jaいだろ? Magだから, mi tisod melferto夕張という名前 anniastan zuの男を探そうと veles stieso考えて jurbaliいるんだ."

"Jurbalistiユーバリ? Ni es harmae彼は誰なの?"


 シャリヤはいきなりの話題の変化に驚きながらも興味津々な様子でこちらに向き直った。アイオライトのような瞳が答えを待っている。一方、インリニアは静かに続きを待っていた。


"Si es jurleten彼は俺達が元の larta mels世界に帰るのに tydiesto ladir'd重要な鍵を握る unde'ct misse'st人物なんだ"

"Jurbali l'es siユーバリってのは es niv chaku zelx君を殺す…… jol reto……じゃない co……のか?"


 いきなりの夕張の話を訝しげに思っているのかインリニアは即座に疑問を示してきた。その声色からは彼に関わるのが危険ではないかという考えが感じ取れた。だから、ここは分からない単語をはっきりと理解してから話しを進めねばならない。さっきのように中途半端な理解で話を進めれば今度こそ信用してもらえなくなるだろう。


"Naceごめん, inlini'astiインリニア. «chaku» ad «jol»"chaku"と"jol”'d kante esの意味って何 harmieなんだ?"

"«chaku» m'es"chaku"…… ny zelk敵の反対, «jol»"jol"は es kraftona何かをしようと zu qante tisodo考えている eso'i fhasfa'itことを表す助動詞だ."

"Hmmうーん, «m'es» es harmie"m'es"ってのは何なの?"


 インリニアは矢継ぎ早の質問で会話が続かないのにフラストレーションが溜まったのか大きなため息を付いた。その間を縫うようにしてシャリヤが手を挙げた。


"Mi plasiそれは私が mels la lex説明するわ. «m'es»'d ladir"m'es"の元の形は es «m'-» ad «es»"m'-"と"es"ね. Malそれで, cene kranti'a xale"mal", "mag", "cun", "pa", «mal», «mag»"zu"などの……は, «cun», «pa»,そのような単語 «zu» is ftlessになること xale la lexができるの. Zuつまり, la lexess isそれらは «m'-», «g'-», «c'-»,"m'-", "g'-", "c'-", «p'-», «z'-» "p'-", "z'-"になるわ. Malそれで, la lexessそれらは……へ nol ftona'lと……するの. Kranti'a'd……が ladir'd元々の molalあった場所 ioでは krante arlat……が文章で fal kranteerl書かれるわ. E firlex分かった?"

"A, arあ、あぁ, edixa mi firlex分かった."


 一部は知らない単語だったが、文脈を追えば理解は苦しくなかった。"kranti'aクランティア"は"malそして"、"magだから"、"cunなぜなら"、"paしかし"、"zuすなわち"の類い、つまり「接続詞」のことを指すのだろう。"nolノル"は"noleu接辞"に似ているので「膠着する、接着する」といった意味のはずだ。ならば対象である"ftonaフトナ"は「動詞」という品詞を表しているだろう。明確には分からないが"arlatアーラット"はおそらく何らかの約物なのだろう。

 動詞についている"m'-"などはどうやら文接続詞の縮約形だったらしい。つまり、"«chaku» m'es ny zelk, «jol» es kraftona."は"«chaku» es ny zelk mal «jol» es kraftona."と同じということらしい。

 シャリヤは説明を終えて、会話のバトンをインリニアに返すように彼女の方に視線を移した。インリニアは説明が終わったのに気づくとともに"malそれで?"とこちらに返答を要求してきた。


"Malそれで, Co'st君の lkurferl es言うことは julesn正しい. Paだが, miss mol俺達が fal fqaここに居る cunのは si tisod実は彼の xale la lex仕業 fal cirlaなんだ."

"Hmうむ......."


 インリニアは未だに訝しげな表情を崩さなかった。当然だ、話の信憑性を担保する情報がまったくない。彼女は夕張に対面こそしたが日本語が分からない以上、浅上の後にやってきて去っていった謎の人物という印象しかないだろう。


"Miss tisod考えて fie…… la lexe'dその yst edioll……は…… is nivにはならな suiten tiないわ. M'ers……なの konametisであれば, fal panqaまず最初に es la lex'iそれをやるべき deliuだわ."


 気づけばシャリヤが胸に手を当ててインリニアに訴えかけていた。良く考えれば、一番元の世界に帰りたいのはシャリヤだろう。エレーナだけではない。多くの知り合いと断絶されてしまった。気丈に振る舞っているように見えて彼女は弱いのだ。

 そんな訴えが通じたのか、インリニアは彼女の言葉に自然に頷いていた。


"Firlex分かった, mal fal qaじゃあ次だ, hame ceneどうやって miss melfert si彼を探すんだ?"

"Wioll Jol missユフィアにそれを nun yfi'a'c mels聞こうと思って la lexいる. Ci qune loler iulo ja?"

"Arああ, ci tydiest彼女なら今は elmo fal no戦いに出かけているよ."

"Elmosti戦いだって?"


 インリニアは情報を出して頷く以上詳細を教えてはくれなかった。というより、彼女自身も又聞きの情報だったのだろう。合戦のようなものが行われてユフィア自身が指揮を取っていると見ると、長引けば当分戻ってこない可能性もある。

 当分戻ってこないのならば、野盗刈りのようなものでは無いことになる。近隣の情勢も不安定になっているということだろう。


「……嫌な予感がするな」


 日本語で呟いた言葉は雨音に飲み込まれて消えたが、二人には聞こえていなかったようで追求を受けることは無かった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る