二日目

#13 無意識の英雄


 暗闇に居た。


 手も足も、上も下も、右も左も、分からず。存在せず。


 自分が何者なのかも、分からず、ただそこに存在している。


 精神が融合し、全となり、自らを分割し、個となる。


 故に私は、全であり個であった。


 淡い光が近づいて、自分を照らす時、自分はそれを忌んだ。


 私の睡眠を邪魔する存在は近づき、光は私を包んだ。


 全であり、個であったそれは、つまり私を包む存在であった。


 私であり、それは私でなかった。


「まだ、変なことを考えているつもりか」


 変なこと。


 変なことを考えることが私は出来たのだろうか。


 全であり、個である私が何を考えるのだろうか。


「お前を個にしたのは私だ。」


 光が更に近づく。


 無いはずの手や足、頭、胴体が露になる。


「お前を変え、更によくするために私はやってきた。」


 よくする?


「無意識の英雄に従え、うわべだけの目的にとらわれるな」


 目的?


 私の目的は……何?


「これ以上は、お前に触れられない。また、いつか会えたら会おう。」


 光は消え、手も足も、頭も胴体も、自分も、何もかも消えて


 眠った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!