#305 もう泣かせちゃダメですよ


 レフィを探して学園の中を走り回っていた。彼女が居る場所といえば、限られている。だが、学園の中に彼女の姿は見当たらなかった。どこか外へと出ているのだろうか。

 だとすれば、場所は一つに限られていた。


"Xatvasti先輩......"


 レフィは顔を上げて近づいてくる俺の姿を見た。その表情は疲れ切ったようなものを感じさせる。

 ここは洪水のときに彼女が避難していた用水路の脇の小さな祠のような建物だ。今日の天候は晴れで、あのときと比べれば水位はとても低かった。

 彼女は浮かない表情でこちらから視線を外していた。


"Lefhistiレフィ, senost miとりあえず lkurferl fal俺の話を panqa plax聴いてくれないか."

"......"

"Jol co niv信じてくれない tvarcar pelxかもしれないが edixa penilestan目を覚ました xelerl'it lerあの時から mi is niv dalle俺は君の知っている tuanerl co'st俺じゃなくなってたんだ. mi qune niv目を覚ます前に tisoderl mi's俺が考えていた pesta penilestanことは分から xelerl'itないんだ."


 彼女は俯いて、受動的な姿勢で俺の話を聞いていた。


"Paでも, mi ny lirf君のことが嫌いな niv coわけではないんだ. Tvarcar mi melsそれだけは la lex lap信じてほしい."

"......Malそれじゃあ, harmie coなんであんな lkurf xale la lexことを言ったんですか?"

"lefhistiレフィ,"


 こちらを見上げたその瞳は涙で潤んでいた。その視線で俺の心は乱される。


"Fal cirla実は, Mi mol fua俺は一人の人の panqa'd lartaためにここに fal fqa居るんだ. Deliu mi celes俺は彼女の記憶を icveo gennitekerl取り戻さないと ci'ltいけなかった."

"Cistan esその彼女ってのが ales.xalija jaアレス・シャリヤなんですね?"

"Jaそうだ."


 レフィは深くため息を付いた。


"Edixu mi veles私はそのために luso fua la lex利用されていた. Zuつまり, Co lkurf la lex jaあなたはそう言うんですね?"

"Ci es jurleten彼女は俺にとって larta fua mi大切な人だったんだ."

"Co tisod nivあなたは私がどう mels tisoderl mi'st思ってるかなんて考えないで mal tisod lapjアレス・シャリヤが icveo ales.xalija得られればよかったんだ."

"Nivそれは違う!"


 俺は思わずレフィの両肩を掴んでしまった。彼女はびくっと驚きに身を震わせて反応した。


"Mi tisod mels co fal俺は君のことを lolerずっと lolerずっと lolerずっと liestu mal考えて malfarno melsこの問題にどう les vynut gennunel答えれば最良なのか fafsirlestan考えてきた. Paでも, cene mi es fqa'i lap俺に出来るのはこれだけだ."

"Xatvasti先輩......"

"Wioll jol co君は俺に genelirf mi幻滅するだろうな. Paでも, cene niv miそれ以外俺には text filx la lex選べなかったんだ. Co is werlfurpu'd君がウェールフープの belarxte nyj malお偉いさんになって mi mol xalija'tj俺がシャリヤと一緒に居るには."

"Naceごめんなさい, paでも......"


 レフィは静かに泣き始めた。いつも元気な彼女らしくなく、しめしめと泣きながら鼻をすすっている。


"Paでも, cene niv mi私先輩のこと gentuan xatvastan忘れられませんよ. Cunだって, mi lirf co ja私あなたのことが好きなんだもん, xatvasti先輩."

"Niv gentuano忘れなくても es vynut良いんだよ."


 彼女は俺のことを見上げた。


"La lex esそう...... julesn jaですよね."


 そして、潤んだ目を擦ってから、精一杯の笑顔を見せてくれた。


"Mi vusel fal私のことが好き senosto lirfo miだって聞けて良かったです."

"Naceごめんな, lefhistiレフィ."

"Nacees niv plax謝らないでください, xatvasti先輩. mi xelvin私はこれからも...... es vynut大丈夫ですから."


 そういってレフィはその場から立ち上がって、逆に俺の両肩を持った。


"Deliu wioll coもう……を celes lijiesto泣かせちゃだめ lartavertzerkhですよ."

"Arああ, firlex分かってる."


 "lartavertzerkhラータヴェーッツェーフ"は以前聞いたことのある"estyvertzerph小太りの男"に似ている。語尾の"-ph"と"-kh"は前者が男性、後者が女性を指す語尾で今回は女性を表している。あとは語幹だと思われる"larta"と性別語尾を除いた部分が共通する。"-vertzerヴェーッツェー"だ。恐らく、最初の"v"は緩衝子音で末尾の"er"は人を表す語尾"-erエー"だろう。そうなってくると"-ertzエーッツ"という接尾辞は「小さい」という意味を持つように思える。となれば、"estyvertzerph小太りの男"の語幹"estyvエステュヴ"は「太る、太っている」のような意味になりそうだ。

 そんなことをさらっと考えて、俺は"lartavertzerkhラータヴェーッツェーフ"が「女の子」を指すことに気づいた。


"Paでも, edixa mi俺は君を celes lijiesto co泣かせてしまったな."

"Li'este g'unses niv涙が落ちてなければ, liaxu lijiest niv泣いてることにはならないんですよ!"


 元気一杯にレフィはそう答えた。その瞳にはもう涙は無い。


"Mi korlixtel私は絶対に泣 lot lijiest nivきませんから."

"Ny farfelen変な考え方 tisodelestan es jaだなそれ."

"huh huhふふっ...... merえっと, malそれじゃあ, salarua xatvastiさようなら先輩."


 再び俯きながら彼女はそういった。別れの言葉を聞いた俺の足は動かなかった。何か言い残したことはなかっただろうかという名残惜しさが足を麻痺させていた。


"Tydiest jaもう行ってくださいってば, xatvasti先輩. Xatvastan las先輩なんて...... melsj mi tisodもうどうでも niv fal als ja良いんですから!"

"......"


 レフィはそう言っている割に目をこちらから背けて、表情を見せないように頑張っていた。

 彼女は健気な子だ。俺が居なくても、十分やっていける。そう確信した途端に足の麻痺は解け、気づけば歩き出していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る