#215 じゃあ、フェンテショレーって何?


 本を読んでいたはずのエレーナがいきなり立ち上がった。

 その視線の先、壁際に画鋲で固定されているのは30の数字が四角の中に書かれているカレンダーのような紙だった。かすれたインクで幾つかの四角にはバツ印が付けられている。そんな紙を見てから、シャリヤの方へと向く。少し焦っている様子だった。


"Edixa miss私達って今の tydiest fi'anxa……にフィアンシャ fal no'd postusに行ったかしら?"

"Merえっと...... mi tisod行ってない tydiesto nivと思う."


 シャリヤも気づいた様子でカレンダーを見上げていた。その蒼い目からはそんなこともあったかなあという程度の反応しか感じられなかった。

 恐らく、"postusポストゥス"は「週」を表す単語だろう。彼女らは一週間に一回はリパラオネ教の宗教施設フィアンシャに行かなければならない。リパラオネ教徒にとっては長い間フィアンシャへと向かわないことは恐らく宗教的なタブーなのだろうと薄々気づいていた。だが、どうやら彼女たちの間でも捉え方はまちまちのようだ。それにフィアンシャへ行こうという考えが浮かぶあたり、PMCFにはある程度のリパラオネ教徒が居るのかもしれない。フェリーサがアイル人の宗教はタームツィ教であると以前言っていたから、タカン人も合わせてこの国は多宗教国家らしい。


"Fqa'd icco ioこの国にフィア fi'anxa molンシャはあるの?"

"Jaええ, ekce lartass esアイル人の tvasnkerいくらかの lipalaone人たちは faller ai'r'd lartaリパラオネ教徒よ."


 シャリヤは優しい眼差しで翠を見つめながら答えた。アイル人の宗教は主流がタームツィ教で、少数派としてリパラオネ教徒が居るということなのだろう。


"Pa, ci es niv彼女は違うけどね."


 被せるように指差しながらエレーナが言う。指しているのはフェリーサの方だった。エレーナはつまり、フェリーサのことを異教徒フェンテショレーだと扱っているのだろうか。翠には彼女が冗談や皮肉でそういっているようには感じられなかった。だからこそ、違和感を感じた。


"Felircastiフェリーサは, harmie co何を信じて tvasnkいるの?"

"La lex esタームツィ tarmzi教だよ."


 フェリーサははっきりと自分の信仰を言った。フェリーサもエレーナもそれに何ら嫌悪感を示したりはしなかった。

 それが翠にとっては奇妙に感じられてならない。レトラにはっきりとした異教徒が居たとすればすぐに裁判にかけられただろう。そもそも、異教徒はシャリヤとエレーナの親を殺した。フェリーサがその事実を知っているならば、はっきりと自分の信仰を告白することなんて出来ないはずだ。


"Zuつまり...... Edixa co es君は異教徒 fentexolerだったんだ?"

"Harmyなんで!? La lex esそれは正しく niv julesnないよ!"


 フェリーサは非難がましく大きな声で反駁した。シャリヤもエレーナも、発言の意味がわからない様子で不思議そうに翠を見ていた。どうやら、"fentexolerフェンテショレー"は「異教徒」という意味ではないらしい。


"Felirca esフェリーサは niv fentexolerフェンテショレーじゃないよ. Als tvasnker全ての宗教の tvasnko es信者がフェンテショレー niv fentexolerってわけじゃないん fal alsilだから."

"Jaそうだよ, mi es tvasnker私はフェンテショレー tarmzi filx無しのタームツィ fentexoler信者だもん!"


 エレーナはため息をついてから諭すように言い、フェリーサはそれに同調して何回も頷いていた。彼女は不当な嫌疑を掛けられたと言わんばかりに頬を膨らませて無言の抗議をしていた。完全に自分が変なことを言っているような雰囲気になってしまっている。リパライン語がある程度話せるようになったとはいえ、まだ初学者であることは忘れてほしくはなかった。

 ともあれ、"fentexoler"が「異教徒」という意味では無さそうなのは分かった。全ての宗教信者自体が必ずしも"fentexoler"ではないと言っているあたり、この単語自体が宗教に関係しているかどうか自体が怪しい。そうなってくると、"xol改宗"の意味も宗教的なものではないのかもしれない。


"Lirs, lecu miss私達はフィアンシャ tydiest fi'anxa'lに行きましょう."


 シャリヤが雰囲気を切り替えるように手を叩く。そんな彼女の周りをエレーナは何かを探すように見ていた。


"Co letix地図か何か lael ol et持っているの? Mi qune niv私はフィアンシャが何処に molal fi'anxa'stあるか知らないわよ."

"Mi at私は…… qune niv知らないわ. Mag, lecu nun mal訊いて探しま melfertしょう."


 出かける準備をするシャリヤたちに飛び込むようにフェリーサも手を掲げた。太陽の下に輝くように咲く向日葵のような元気な明るさが薄暗い住居を照らしているように感じられた。


"Mi at私…… tydiest cossa'tj皆と行く!"

"Co es nivあなたは tvasnker lipalaoneリパラオネ教徒じゃない jarneでしょ."


 エレーナに止められたフェリーサは不服そうにまた頬を膨らませる。だが、それ以上文句を言わないあたりが彼女らしく感じられた。フェリーサが止められて、未だ正式にリパラオネ教徒になっていない翠が行くのを許されるのは良く分からない。だが、そんなことを言っても話がややこしくなるので、翠は黙っていた。

 そんなところで彼女は何かを思い出したように人差し指を立て、頬に当てた。


"Fi edixa melfertもしレシェール……が lexerl at, la lex見つかったら es vynut良いね."


 その言葉に頷きながら、翠たちは住居を後にした。フェリーサが名残惜しそうに手を振って見送る。早く行って帰ってきてやらないとフェリーサが可哀想だ。翠はそう感じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます