#222 抵抗開始


 翠は人々の前に歩み出た。閉ざされたドアの前で座り込む難民の方へと向くとそれまで疎らだった視線が一挙に直接的に翠へと集中する。


"Fqa'd iccoこの国に lex mol korxli'a居る難民は veles issydujo今日まで酷い目に el sysnul会わされた. Miss lex es俺たち korxli'a難民は klie fqa'dこの国に icco'c fua助けられに celdino来た pelxだが cene miss今俺達は lkurf mels elx助けられていると veleso celdino言えるの fal no?"


 翠に視線を向ける人々の反応はそれぞれだった。苦しそうに俯く人、そんなことは分かっていると言わんばかりに反抗的な表情を向ける人、いきなりこいつは何を言い始めたのかと驚いている人。自身がどう思われていようと彼らを救うためには彼ら自身を糾合しなければならなかった。

 そんなことを思って次の言葉を探していると元々居た難民たちに加えてぞろぞろと人が集まってきていることに気づいた。その奥の方にはシャリヤが居ることに気づいた。薄暗いフィアンシャの入り口でも白銀の髪が誰よりも美しく光って見える。その蒼い目は人々の前に立つ翠を心配そうな表情で見つめていた。それと同時に彼女の言葉が頭の中に想起される。


"Harmy veleser何で助けら celdino elxれた人が deliu veles酷い目に合わないと issydujoいけない? Miss furnkie niv俺たちが変えなか felxったら wioll harmae一体誰が furnkie la lex変えるんだ?"


 人々は翠の言葉に当てられて、各々頷いていた。雰囲気は翠に賛同するような方に一気に傾いていた。

 シャリヤのサファイヤブルーの瞳ははっきりと翠を見据えていた。自分の言葉が引用されて少し気恥ずかしいのか頬を赤らめながらも、信じていたとばかりに静かに微笑んでいた。安心したらしく顔のこわばりも解ける。


"Paでも――"


 反接の接続詞は座り込む難民たちの端の方から聞こえた。弱々しくも諦めに満ちた強い決めつけがそこから感じられる。


"Paでも, miss esそれを la lex'i malしたら niss celes俺らを ny klieo misse'stユエスレオネに yuesleone'lt送るんじゃ......"

"Jaそうだ! Siss letixあいつらが大きな set anfi'e力を持っているんだ. Jol miss……俺達が furnkie mal veles変えても ny klieo misse'stユエスレオネに yuesleone'lt送られるか ol retoo lap殺されるだけだ. La lex esそれは使い方 eso filx luselがない行為だ!"

"Jaそうだ, Jol co reto……お前は俺らと miss ad misse家族を殺す'd relodつもりか?!"


 辺りがざわつき始める。それと共に人々は翠に対する反感で息巻いていた。


"Niv違う!"


 翠の一喝に人々はざわつくのを止めた。それほどに迫力があったのか自分では気づかなかったが、それはともかく彼らが間違った考え方に飲み込まれていることを気づかせたかった。

 一歩前に出て、更に人々の注目を引いた。


"Miss furnkie niv俺たちが変えなかった felx wioll lartass人たちが権利を icve nirfe得られるのか? Niv違うな, fi miss俺たちが furnkie niv変わらなかったら, korxli'a'd難民の lartass veles人々が issydujo. Ers酷い目に la lex lap合うだけだ. La lex esそれは殺される niv veleso retooのと同じじゃないか?"


 多くが銀髪蒼眼である難民たちはお互いに顔を合わせて、翠の言葉について話していた。今度は反感ではなく、その言葉に真実味を感じて心細くなったようだった。その中で男が一人立ち上がって翠を指さした。


"Malじゃあ, Lkurf答えろよ. Deliu miss俺たちは es harmie'iどうすればいい? E pusnist仕事を止 duxienoめるのか?"

"Deliu lkurf……に言う faixese'cべきだろ."

"Miss elm ai'rアイル人と戦争か?"


"Deliu es nivそんなことは iulo'i xale la lexやらなくていい."


 立ち上がった男に続いて、各々大喜利のように方法を提示していくのを翠はきっぱりと否定した。全て現実性もなければ効果もはっきりしないものだった。口々に言っていた難民たちは皆、疑問符を頭の上に浮かべたような顔をしていた。


"Ers panqa'd一日 snenik. Fal panqa'd一日あれば snenik lap終わる, lususことだ."

"Panqa'd一日 snenikestiだあ? Cene miss一日で es harmie'i俺らに fal panqa何が'd snenikできる?"


 立ち上がった男の答える声は拍子抜けしたように調子がおかしかった。他の難民たちも大体そんな感じだったが、シャリヤはその答えは大体分かっていたようで彼女だけは言葉に頷いていた。


"Miss derokPMCF korxli'a'd中の難民 lartass zu mol fal PMCF'd alsal集めて mal missでデモ行進を es vosepust'i.やるんだ"

"PMCF'dPMCFの alsalasti全国から!? Cene niv esそんなの la lex'i無理だ!"


 悲鳴のような声が立っている男の後ろから聞こえる。それでも翠は毅然な態度を崩さずに向き合う。


"Harmy cene何故 niv es無理 la lex'iなんだ? Xelここに klier来た人を fqa'ct見てみろ!"


 へたり込んでいた難民たちはずっと俯いてばかりいたが、翠に言われるがまま周りを見渡した。その表情が輝くように変化したのは言うまでもなかった。周りには見知らぬユエスレオネ難民たちが大量に押しかけていた。それまでに見てきた難民の苦しみと嘆きしか無い乾ききった、枯れ切ったような表情ではなく、闘志に火が付いたような挑むような表情をした者だらけだった。

 へたり込んでいた難民たちは助けを求めるように翠に視線を戻した。


"Retovo leus殺しで elm niv pa戦うんじゃない lkurftless leus言葉で俺たちは miss elm niss戦うんだ! Text cossやるかどうかは faller eso ol皆が決める eso nivことだ!"

 

民衆は静まり返った。ざわざわと騒ぎ立てるものも、はっきりと賛意を表すものもいなかったが少ししてから一人が立ち上がって翠の横に立って難民たちを見渡した。訴えかけるように拳を振った。


"Jeiおい, Lecu missやろ es la lex'iうぜ. Wioll miss俺らは petex is faller……からなる jisesno ol tlemsmit dorja."

"Ers panqa'd一日だけ snenik lap jaなんだろ? L'ankalefenes………… kante mol意味はある."

"Jexi'ert. M'es e'i dalle no, elx wioll cene変えることは niv furnkieできない fhasfa'd alsだろう. Ete'd lartasti他の人は!"


 立ち上がった一人続いて何人も賛同に回る。最後の呼びかけで多くの難民が立ち上がって、腕を上げて"Wioll es e'iやろうじゃないか!"と答える。いつの間にかフィアンシャの前はユエスレオネ難民たちが言う翠への賛成の唱和で埋め尽くされていた。


"Cene miss es明日から la lex'iこれを finibaxli ler始めてもいいな?"

"""Jexi'ert!!!"""


 意味はわからないが、賛同の言葉であろう。そう直感的に感じた。やらなければならない正義感の確証を得た難民たちはお互いに既に案を出し合っていた。更にこの高揚感を刻まなければならないと翠は感じた。


"Lkurf今こそ fal no言おう! Niejodリパライン語 lineparine万歳!"

"""Niejodリパライン語 lineparine万歳!!!"""

"""Altricve lkurftless言葉で言葉を leus lkurftless……だ!!!"""


 難民たちはお互いに手を組み合わせたり、肩を組み合ってこれからの抵抗に高揚していた。シャリヤの強い憧れに満ちた視線が痛いほどだった。

 完全に同意を得ることに成功したところで安心した翠はエレーナに目を向けた。彼女は感動した表情でぼんやりと翠を見つめていたが、翠に見られていることを意識した途端に頭を振ってむっとした表情に様変わりしていた。全く素直じゃないと思って翠が笑ってしまうと、彼女もしょうがないとばかりに笑顔を見せてくれた。

 こうして、ユエスレオネ難民たちの抵抗は始まった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます