#2 言葉は通じずとも


「うわああああああ、分からん!!!!」


 翠は椅子からのけぞって作業を投げた。目の前の銀髪少女は驚いていたが、そんなことは知る由もない。

 数時間ぶっ続けで、頻度解析と、それに沿って音韻を当ててをやっていたが、意味不明な文字列しか出てこないのである。少女はその間、翠にお茶(この異世界にもお茶があるのか、やっぱり都合が良いように出来ているらしい)を出していたり、翠を眺めていたが決して焦ったり、翠を追い出そうとするような行動に出ることはなかった。

 だからこそ、作業に集中できていたのだが、


「ははぁ…………。」


 さっぱりである。

 文字はどうやら40数種ほどあるらしく、そのうちのアルファベットのuっぽい字形が一番出て来る回数が多かった。これに日本語の仮名だと仮定して「い」を当てはめたり、ローマ字の「a」を当てはめても、全くお目当ての日本語訳が出てこない。

 これだけ時間を掛けても出てこないのであれば、やっている場合ではないのではないかと翠は思い始めた。

 少女はいつまでも翠を見つめ続けるが、人間は腹も減るし、寝場所を探さなくてはならない。それをここにするにしても、無言で寝食べするほど翠の人間性は腐っていないのである。


 しかし、最初のコミュニケーションをどうするかというのは割と問題である。


 少女を眺めると、目が合った。

 翡翠のように綺麗な青い目、地球では見られないような銀色に輝く美しい髪に目を奪われる。作品の世界ではいくらでも見てきたそれを実際に目の前にするとまた違った感情を抱くものである。


(さて、最初のコミュニケーションか)


 最初のコミュニケーションも有意義である必要がある。

 少女が今まで翠の頻度解析の作業を邪魔したりしていないところを見ると敵意は持っていないし、自分の作業を眺めているところを見ると興味を持っているまでに見える。

 言葉が通じずとも、言葉を通じさせることが出来る――というのは、昔関西に飛ばされたとある先輩が言っていた言葉であった。


「俺は八ヶ崎翠。やつがざき、せん。」


 自分の顔を人差し指で指して言う。

 次は少女を指して。


「君の名前は?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!