#7 本当に喋れないの?

 男はといえば、黒髪の少女の話を聞いて、また怪訝な顔をしていた。


"Si esである waxundeener......?"

"Ja ti, si esである waxundeener."


 どうやら話していることに気づいたのかシャリヤは起き上がって、男の問いに答えていた。男は更にシャリヤに問いかける。


"Jei, costi, hame la lex esである iulo?"

"Si josnyn yuihurk mal la lex voles niv filx werlfurp mag si g'es waxundeener, deliu kanti lineparine."


 「ふむ」という感じで男は頷いていた。当然だが、翠には長文は全くわからない。まだ等式文の使い方くらいしか分かっていないのだ。


"Mi es lexerl私はレシェール. Si'd aloajerlerm es harmie?"

"Si es......〇〇は……だ"


 シャリヤは困ったようにこちらを見てきた。文脈的に考えて、男の名前は多分レシェールでレシェールは私に名前を訊いているのだろう。コミュニケーションのチャンスだ。

 今まで覚えてきた単語を駆使して異世界人との信頼を勝ち取ってやる。これこそ異世界もの主人公の真髄――ご都合主義だストラテジー・オブ・オポチュニズム!(そんな表現があるかどうかは知らない)


" Salarua!どうも! Mi es Jazgasaki.cen!私は八ヶ崎翠です!"


 そう勢いよく言い放つと、シャリヤも黒髪の少女もレシェールという男もみな「え?」という顔をした。調子に乗りすぎて、なにか間違えたのかもしれない。


"Jei, vaj. Edixa co lkurf ny la lex fal lovik nestil? Cene niv si lkurf lineparine."

"Ja...... ja, pa edixu cene niv si lkurf...... Merc, cenesti."


 シャリヤが、翠を指さして、こいつは怪しいとばかりに顔を近づけてくる。絶対に何かを間違えた。完全に何かを疑われている雰囲気だ……。


"Cirla io, Cene coあなた lkurf lineparine?"

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!