#6 蒼い旗を掲げよ


"Viojassasti! shrlo is zantanascheu! Farviles stoxiet farvil'i no'ceu!"


 歌声が聞こえてくる。

 力強く、何人もが歌っているその歌声はやはり聞いたことが無い言語であった。何かを訴えかけ、そして連帯を求めるその歌は言葉が分からなくても、心に染み入るものがあった。

 つまり、つまり…………


「俺死んでなかったのかよ!?」


 がばっと起きたところ、翠はソファーの上に寝かせられていた。痛みは感じない。歌声は、翠が起きたことにも気づかずに続いていった。


"Viojssasti! fe ydicel la lex. Fqa es luarta elmo da."


"Snerien ladirccosti! Verxen nyrtatasti! Sysnulustan es klantez co'd axelixfantil."


"Lecu text blir'erchavil faller siburl'd snenik. Ispienermedarneust shrlo da enomionas!"


 なるほど、全く分からないが、凄い熱気だ。全く分からないが。

 しかし、翠には身寄りが居ない。そりゃあ、異世界なのだから家族も知り合いもいるはずがないのだが、異世界転生物の主人公なんてものはチート能力を使って、ハーレムを構成するはず…………


 だが、現実はそう甘くないようであった。


 起き上がってきた横にシャリヤがソファーに寄りかかって、床にぺたんと座って、顔を伏せて寝ていた。場の熱気に関わらず、その銀色の髪は艶やかな光を放って、ソファーの局面に沿って垂れていた。

 可愛い彼女の様子を観察しているうちに、歌を歌っていた集団の方から一人、男が歩いてきた。


"Salarua, xij. Cene co riejiel?"

「あ、ええっと……。」


 だめだ、全然何言ってるかわからない。多分、「ザラーウア」というのは挨拶のようなものだと思われる。黒髪の少女がシャリヤを訪ねてきたときにも言っていたからそんな感じだろう。

 外を見るともはや昼とも朝とも言えず、日が暮れていた。黒髪の少女は日中に来たのでこの挨拶の単語は「おはよう」や「おやすみ」のように時間を気にするわけではないらしい。

 翠が答えに窮していると、先程の黒髪の少女が横から男に近づいてきた。


"Salaruaこんばんは, Xij. cene niv si lkurf lineparine."

"Harmie? Cene niv lkurf lineparine mal si esである lanerme ol et?"


 男は翠の方を一瞥し、黒髪の少女に尋ねた。


"Niv, Si esである waxundeener zu ci'st lkurf."


 黒髪の少女はシャリヤを指差して言った。何の話をしているのかよくわからないが、多分寝ているシャリヤについて話しているのだろう。

 シャリヤはといえば、まだぐっすりとソファーにもたれて寝ている様子であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!