#199 恨めしい言葉


"Erえー, no lerこれより cossあなた方は veles cesnerto fai東諸島共和国連合難民法に PMCF'd従い korxli'a'd sopit lu管理されます."


 前方に立ちイライラした様子の職員が書類を机に叩きつけて言う。一人はラネーメ人っぽいフェリーサに似た職員、もう一人はリパラオネ人っぽい銀髪の職員、もう一人は黒髪だがどっちとも似つかないような顔つきをしている職員だった。PMCFは前々から民族のるつぼと聞いていたが、職員の配属まで徹底しているとは思っていなかった。

 そのうちの一人、恐らくリナエスト人であろう職員の舐め回すような視線が私――スカースナ・ハルトシェアフィス・エレーナの顔を通過した。職員は言葉こそはっきりと、堅苦しくも礼儀正しく聞こえるが隠しきれない訛りのようなものがリパライン語の母語話者でないことを何よりもはっきりと表していた。

 "cesnerto管理"という言葉を聞いて、良い気がしなかったのは私だけではないのだろう。レシェールの目元が歪んだのが横目に見える。


"Fqa l'es 3'd lartaそいつの三人は melfert en'iar fai我々の指示に従い misse'd lurykreso職を探します. Selunussustanその子供たちは tydiest menas公立学び舎に lerssergal lu行きます."


 調子外れの語法が出る度に彼らへの信用度が減っていく。まるで路地裏にでも居そうなリパライン語が上手く話せない裏商人のような印象を与える。そんなことを考えていると目の前でヒンゲンファールが立ち上がっていた。彼女は怪訝さと心配を織り交ぜたような表情で職員たちを睨みつけていた。後ろに座るシャリヤが驚いた様子でびくりと震えていた。


"La lex kantetそれはつまり...... lerno lerj子供たちと別れる selun luってことですか?"

"Jaはい, fai sopit法に従う."


 いきなり片言になったリパライン語で吹き出しそうになるが堪える。良く考えれば全く笑うべき状況じゃない。大人たちと離れるだなんて安定した生活と全くかけ離れたものだ。レトラに来る前までは確かにシャリヤと二人だけで助け合いながら生活していたにしろ。それは革命派の町に配給制度があったからこそだ。噂で聞いていたPMCF東諸島共和国連合の様子は革命派と正反対方向に位置するような場所だということだった。そんなところで安定した生活を得られるとは思えなかった。


"Malそして, cene selunuss子供たちは sietiv irxergal寮に住めます. La lex niurnそれ安全."

"Firlexなるほど, malそれでは hame is mels私達大人に miss l'es neverfess関してはどうなるんですか?"

"Irxergal mol nivあなたたちに寮は fua coss無い. Magだから, deliu cossあなたたちが寮を melfert sietival探さなければならない."


 ヒンゲンファールは全身から力が抜けるようにして椅子に座り込む。レシェールとミュロニユも面倒なことに何も分らないここで住居を探さなければならないようだ。ミュロニユはずっと仏頂面だったが、レシェールの表情はどんどん険しくなっていった。一番可哀想なのはフェリーサだ。レシェールとフェリーサの関係の詳しいところは知らないが、あれだけ仲が良くて別々で居ることなんてほぼ無いところを見ていると、私とシャリヤが引き離されるくらいに辛いことは分かっている。表情からも伝わってくることだった。


"Deliu pesta細かい処理を tiliest ferlする前に, fenklorv liorverl細心の注意を払うべき z'es ny la lex次のようなこと elx molがある luます. Alcames niv我々の指示に menas lkurferl従わなければ melx jol coss isあなた達は kna fon国外退去処分 dystrarsili'austの対象になる."


 更に不快さを高めるような警告だった。言っていること自体も不快だったが、もっとも言っている職員がずっと紙を読んでいる様子だったのも気に入らなかった。真後ろに座る翠は言っている言葉が分かっていないのか、ヴェフィス文字でも読んでいるような顔になっていた。


"Ers beslto faus忌々しい言葉と veleso stieso呼ばれるのも la culp'ct dorne納得できるな? Ers stylup恨めしい culp lkurftles忌々しい言葉だ."


 レシェールが何処ともなくぼそっと言った。最近は"pemecepelukupp"と呼ばれる東島通商語は私たちにとっては"culp"または"culp lkurftless"と呼ばれてきた。この"culp"は彼らが自らの言葉のことを"culup lukup"と呼んでいたのが由来で、リパライン語の"stylup恨めしい"が語源らしくユエスレオネでは差別用語となったらしい。だが、今になってはその言葉を「恨めしい」と思うのも分かる気がしていた。


"E firlex分かるわ."


 どことなく発したはずの言葉が拾われて、レシェールはため息を付きながらも頷いていた。

 職員たちがレシェールたちを別室へと連れて行くまで時間は掛からなかった。別れの言葉を言う暇もなく引き離されていく彼らを私たちは見つめることしか出来なかった。レシェールは出ていく直前に振り返って私たちを見渡した。それはすぐにまた会えるという無言の意思表示に見えた。フェリーサは今までに見せたことのない苦しさに満ちた表情で、シャリヤは心配に満ちた表情で、翠は何も分かっていない混乱に満ちた表情で大人たちが部屋を出ていくのを見送った。

 私自身がどんな表情をしていたのかは、分からなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます