#161 光るメシェーラ


 長年レトラにしか居なかった翠にとっては、外の風景は新鮮に思えた。ただ、その綺麗そうに見える町並みもよく見てみれば、紛争の傷跡が残っていた。ちらりと見える路地裏に見える弾痕、爆破の後なのかそこだけ色が違う道。未だに忘れきれないレトラが襲撃されたときの記憶が蘇ってくる。

 ガルタに話があるといわれて乗ったのにユミリアは難しそうな顔のまま黙っていた。ガルタ自身は車窓の外を眺めながら、苛ついた表情をしている。


"Lkurf plax教えてください. Harmae ci es彼女は何者なんですか?"

"Edixa deliu言うべき mi lkurf la lexだったな mels ci'd彼女の cirla'd本当の molo正体について."


 ユミリアの口調はなお沈んでいた。ハンドルを切りながら、ため息を一つついた。


"Edixa ete'd彼女は他の unde ler ci世界から klie来た. Edixa xelkenシェルケン ad la lexe'd relodとその家族 l'esである hahulisn-tarlibハフリスンターリブが letixerlst ci'd彼女の国の人々を icco'd lartass我々の世界や misse'd unde'c他の世界へと ol ete'd unde'c連れて行った mal werlfurpそしてウェールフープを leus ci ad galta使い彼女とガルタは klie fal fqaここに fua pusnisto殺戮と retoo ad拉致を止めに letixerlsto'it来た."

"hmふむ,"


 シェルケンというのが、何か悪い組織であるというのは授業を受けているうちに知っていたが、それと家族関係にあるハフリスンターリブという人間が彼女の国の人々を拉致していたと言う話に始まるらしい。ウェールフープが何なのかはよく分からないが。そして、ユエスレオネなどに拉致されていた事実を見たユミリアがカリアホとガルタを受け入れたのは想像に難くない。シェルケンやハフリスンターリブによる殺戮と拉致を止めにやってきたと言っている以上、多分政治利用もしやすかったはずだ。


"Deliu lertasal教会は異教徒である reto fentexolerシェルケンをすべて殺さなければ l'es als xelkenならなかった. Paしかし, icco'd lartass国民は jaes niv retooただの殺戮には zu letix niv賛同 kanteしない. Fal fgir'd liestuその時に, ci ad galta彼女とガルタは klie fal fqaここに来た. Malそうして, mi lus ciss私は彼女たちを利用した."


 車窓に流れる町並みは見覚えのないものであった。バスで何回か通っているルートとは違う。ユミリアは前を見つめたまま、話し続けていた。


"Xelken reto ciシェルケンが彼女を殺せ mal cisse'd icco elm彼女らの国は我々を yuesleone'c標的にする cun ci es彼女は ci'd icco'd彼女の国の nermetixalo."


 ユミリアは一気に話しすぎたという感じでまた一つため息をついた。

 文脈上から考えるとカリアホは国の重要人物であって、そういう意味でも殺されてはいけないのだろう。


"Pusnist待て jumili'astiユミリア! Pusnist tierij……を止めろ! Ci es kali'aho彼女はカリアホだ!"


 驚いた表情でガルタが窓に張り付いて、道路を見ている。確かにそちら側を見ると少女が立っていた。カリアホと最初にあったときと同じような服を着ている。伝統的な重さを感じる光沢のない赤茶色と白の服装は、確かに記憶のとおりだ。翠とガルタは降りようとドアノブに手をかけるが、その瞬間ドアに何かが差し込まれた音がした。ドアノブを引いても、ドアが開かない。前を見るとカリアホらしき少女を睨みつけながらユミリアがドアロックを操作していた。


"Co es harmie'i何やってるんだ, movisti! Co xel kali'ahoお前カリアホを見た jaだろ?"

"Niv違うな."

"Ha?"

"Ci es niv kali'aho彼女はカリアホではない."


 怪訝そうに見つめるガルタに対して、ユミリアがそういった。瞬間、少女は振り向いて何かをこちらに投げた。数本の竹の枝のような色の棒が車の外装に高速で突き刺さる。ガルタは驚いて刺さった側の外装をから身を引くようにこちらに寄ってきた。


"Harmiなっ――"


 刺さった複数の棒は割れて足を展開し、中身の白い何かを車体に固定した。瞬間爆音と炎が車を取り巻いた。衝撃が車を揺らすが車内には何のダメージもない。公用車だから防弾仕様だったのか全員無事だった。

 ユミリアは舌打ちしてクラッチペダルを踏み、ギアを変える。乱暴に踏み変えて、アクセルペダルを踏む。車体は急発進し、ガルタと共に翠は前の座席に押し付けられた。


"C, ci es harmaeあ、あいつは何者だ!?"

"Fi alsat, vynutいい! Paだが, ers……だ zirk!"


 ユミリアはガルタの問に吠えるように答えながら、車を高速で少女に向かわせる。少女は焦りながら、懐から先ほどと同じような竹のような色の棒を取り出して、投げつけてくる。しかし、今度は車体に刺さらず跳弾して近隣の住宅や木に刺さる。通過した後ろで轟音が響くのもつかの間、顔を前に向けるとフロントガラスの目の前に少女は居た。


"Ulesnぶつかるぞ!"


 ユミリアがぶつかる一瞬前に警告するように叫んだ。この言葉は知っている。シャリヤが警告する時に叫んだ言葉だ。すぐに前の座席にしがみつくように耐衝撃姿勢を取る。次の瞬間、強い衝撃が車を震わせた。耐衝撃姿勢を取りながら、真横の車窓を吹き飛んでいく少女の体が見えた。「きゅむ」とおかしい音を立てて、少女は車にはねられて路上に叩きつけられていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます