#179 何故分かるのか


 質問を聞いたレチェーデャは困惑していた。シャリヤも近くに居たシャーツニアーもその質問に対して頭の上に疑問詞を浮かべるような表情をしている。脳裏に"baneart"の悪夢が蘇る。

 だが、レチェーデャはすぐに優しげな表情に戻ってまた、メガネを上げた。


"Cene tvacferlke'd……名前の tesnoken aloajerlerm ler mi firlexから私は彼女の ci'd ferlk名前が分かるのよ."

"Mi'd tvacferlke'd私の……名前の tesnoken aloajerlerm es karedza melxは……だから edixa la lex leusそれを使って ci firlex mi'd ferlk彼女は私の名前を理解したの."

"Hmmふむ......"


 レチェーデャの説明に被せるようにシャリヤが説明を入れる。どちらも同じ語を繰り返しているところを見ると、どうやらこの話をするのはリパラオネ教徒には珍しく説明しづらいらしい。分かっていて当然の常識といったところだろうか?転生者には厳しい世の中だ。

 話を噛み砕くとすると、"tvacferlk"の"tesnokenテスノケン aloajerlermアロアイェーレーム"を使うことで人の名前が分かるようだ。シャリヤのそれは"karedza"であるらしいが、どうやらそれで分かったらしい。前の会話でシャリヤは翠の"tvacferlk"の"tesnoken aloajerlerm"に関して話していたような気がする。そうなると、レチェーデャは翠の名前も分かるのだろうか。


"Dzeparxarzni'arstiジェパーシャーツニアー, cene co lkurf俺の名前は mi'd ferlk言えますか?"

"Mercえっと...... la lex es snietij paそれは難しいけど metista es cen……はセン?"

"Xorlnem凄い! Jaええ, si'd tesnoken彼の…… aloajerlerm…… es cenは翠ね."


 シャリヤが手を合わせて蒼い瞳を輝かせる。レチェーデャはそんな尊敬の眼差しを避けるように顔を少しそむけてメガネの位置を直した。

 話しぶりから考えるにシャリヤの時はすぐに言うことが出来たが、翠の時はどうやら少し難しかったようだ。シャリヤも驚いているところから、一般的に見て翠の名前を"tvacferlk"から考えるのは難しいことらしい。シャリヤが翠の"tesnoken aloajerlerm"は"cen"と言っているところを見るとこの表現は「名前、個人名」を表すようだ。ということは"tvacferlk"には名字と個人名が存在するのだろうか。


"Dzeparxarzni'ar'itジェパーシャーツニアーを aleron feleceson is firlexer jetesonj分かる人になる ti. Lirs, co'd ferlk esあなたの名前は infavenorti ti. Harmue co'dあなたの国 icco esはどこ?"


 レチェーデャは翠の出身に興味津々の様子で顔を傾げて訊いてきた。権威ある人も難しい問題に直面すると折れてしまうことがあるが、彼女はそういった人ではないのだろう。知らないことを調べ尽くし、宗教的な観点から人を助けるというのがリパラオネ教の聖職者シャーツニアーの役割なのであれば尊敬されるのも納得できる。

 "icco"は国の意味だが恐らくこの文脈では「故郷くに」を表しているのだろう。レチェーデャに日本はわからないだろうが、素直に答えれば良い。


"Mi'd icco私の故郷は es nihon日本です."

"Nihona......sti日本? La lex xaleそのような poltaferlkal molがある tirne?"


 思ったとおり、日本という国を知らなくて当然のレチェーデャは首を更に傾げて訊いてきた。シャリヤは首を振った。興味深かったのは、首を振ると共に右手でジェスチャーをしていたことだった。どうやら否定は胸の前で手のひらを話し手の方に向けることで表すらしい。


"Si es彼は waxundeener mal si klieそして彼は来た launsar lerから fai werlfurp."

"Si es kertni'ar彼は……なの?"

"Jaええ, Pa cene nivでも私は…… mi fynet lkurf言えない celx mi es何故なら私は niv lespli……じゃないから."


 ふむふむとレチェーデャが頷くと奥の方からシャーツニアーの服装をした女性がレチェーデャの元までやってきて耳元に話しかけた。彼女は頷くとその場から立ち上がった。雰囲気からするとどうやらもう行ってしまうようだ。権威ある人間ともあれば色々な仕事があるのだろう。


"Mi slaxersあなた達と lkurfo cossa'st話すこと……. Tanstes fal cossあなた方に."

"Xace fua coこちらこそ at."


 シャリヤもレチェーデャが立ち上がったのを見ると立ち上がろうとする。だが、挫いた方の足で立とうとして、酷く顔を歪めて痛そうにして体勢を崩してしまった。レチェーデャと翠は同時にシャリヤを支えた。


"Coあなたは pothes lovime'c……に?"

"Jaええ, ekce ers pa少しですが......"


 レチェーデャはシャリヤの足を見ながら、頬に手を当てて考えていた。そんななか、伝令をしてきたシャーツニアーが何かを思いついたように手を叩いた。


"Ivane'd……の kyrdentixti'ct……に tydiesto es vynut行くことが良い."

"Arあぁ."


 伝令は何やら折られた紙をレチェーデャに渡した。彼女は何かを思い出したかのように頷きながら紙を広げた。そこに書かれていたのは地図であった。レチェーデャはその一点、"Ivane'dイヴァネの kyrdentixtiキューデンティシュティ"と書かれた建物らしき区画を指した。


"Jol cene fqa io……ここでは co velesあなたが……される sleo filx事ができる kinium……. Deliu co veles sleoあなたは……されるべきだわ. Icve fqa'd laelこの地図は差し上げるわ."

"Xaceありがとうございます......"


 どうやら、レチェーデャは地図をくれるらしかった。彼女がシャリヤの足が痛むのを見て紹介した場所ということは恐らく"kyrdentixti"は「病院」ということになるのだろう。病院だとすれば"ivane"は恐らく人名、"sle"は病院でされる行為と考えれば「診療する、診る」という意味になるだろう。ただひとつ、"filx kiniumフィルシュ キニュム"の意味が良く分からなかった。病院を紹介したのはきっと自分たちの状況を気遣ってくれていたからなのであれば、恐らく「診察料なしで」という意味だろう。


"Xaceありがとうございます, dzeparxarzni'arstiジェパーシャーツニアー."

"Salaruaさようなら, mian ad mionasti."


 挨拶を済ませるとジェパーシャーツニアーはゆったりと伝令に付き従われながらどこかへ行ってしまった。翠はシャリヤの立ち上がるのを手助けすると、最初に案内してくれたシャーツニアーは出入り口を開いてくれた。人の好意が身にしみる。


"Lecu miss病院に tydiest kyrdentixti行こう, xalijastiシャリヤ."

"...... Jaえぇ."


 シャリヤは申し訳なさそうに俯きながら、意気消沈した様子だった。自分が足手まといになっているとでも思っているだろうが、自分は全くそんなことは思っていなかった。

 出入り口まで行くと、開けてくれたシャーツニアーが"Salaruaさようなら"と声を掛けてくれた。翠は会釈をしてゆっくりとフィアンシャから出ていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます