#87 中置記法


"Lecu sysnul at io今日…… miss lersse私たちは dieniep!数字を学ぶ"


 白いブラウスに、黒のサブリナパンツ。頭から垂れる銀のポニーテールは、穏やかさの中に凛々しさを感じさせる。ヒンゲンファール女史はホワイトボードに記号と数字をいくつか書いて、ペンでボードをこつこつと叩いて言った。

 上下ともに2と1と書かれているのは同じだが、間に丄のような形の記号と、Tのような形の記号が書かれている。1の右には両方ともzのような記号があり、その右に上は3、下は1と書いてあった。


(計算式っぽいな。)


 多分上は足し算で、下は引き算だろう。丄は+で、Tは-で、zは=だろう。ただ、リネパーイネ語でどういうかは良く分からない。


"Hingvalirstiヒンヴァリーさん, mi firlexそれの言い方が niv lkurfelわかりま fgirせん."


 それを聞くとヒンゲンファールは頷いて、上の方の式をペンで指した。


"Qa2 atakes panqa1 mal is dqaそして3になる."


 そして、また下の方の式を指す。


"Qa2 ny atakes panqa1 mal is panqaそして1になる."

"firlex.なるほど"


 多分、"atakesアタケス"、"nyニュ atakesアタケス"はそれぞれ「足す」、「引く」だろう。"ny"というのは対義語を作る前置詞なのかもしれない。

 もう一つ、分かったことといえば、未だに自分は四則演算すらリネパーイネ語で言えないということだった。こんな調子でシャリヤに日本語を教えると言っていたのかと思うと恥ずかしく思えてくる。


"Co es大丈夫 niv vynut?じゃなさそうね"


 溜息をつくと、ヒンゲンファールが心配そうにこちらを見てきた。翠は心配させまいと急いで顔をあげて繕おうとした。


"Nivいや, arえっと, harmyなんで jeska quneイェスカがあなたの co'd ferlk名前を知っていたのか. mi tisod考えて fqa......"


 繕おうとして咄嗟に出した疑問だが、本当に不思議に思っていたことだった。街に来てからヒンゲンファールとは一回も顔を合わせていないのにイェスカは彼女のことを知っていた。何らかの繋がりがあってしかるべきと思っていた。

 ヒンゲンファールは翠の問いを聞いて、どう答えればいいか決めかねている様子だった。何かを言おうとして口を開いては、違うと首を振って言おうとしたことを飲み込んでいた。何回か彼女の中で逡巡を繰り返したのちに、諦めたような顔で翠の隣の席に座って来た。


"Deliu mi話すべき lkurfよね cirla. Mi es私は jeska'dイェスカの lertasala'd教会の larta人間なの."


 ヒンゲンファールは真っ直ぐ翠を見据えて、真面目な顔で言った。

 イェスカが顔を知っている理由は、同じ組織の人間だったから、ということだったのか。


"Selene niv私は敵対的な行為を mi elmしたくはない. Paでも, jol ci彼女は reto als全ての fentexoler異教徒."


 深刻そうな顔で放つ言葉は所々理解が出来ない。でも、ヒンゲンファールがこの内戦に対する思いを述べているということ、その憂いは"elm"という言葉が入ったこととその沈痛な顔で痛いほど伝わって来た。


"Cenesti翠君, Edixa co君はシャリヤ celdin xalijaを救ったでしょ?"

"Arああ, jaそうですね."


 ヒンゲンファールは翠の手を掴んで、強く握った。


"Celdin xaleあの時の fgir'dように liestu i皆を als'i co's救って plax欲しい. Cene co君はみんなを助ける celdin missことができる."


 掴む手が切実な思いを伝えてくる。

 ヒンゲンファールはイェスカと同じように翠が"lertasal"に居てほしいと思っているのだろう。詳細は分からないが、結果的にそれがこの世界の人々を救うことになるからと訴えかけて。


"Liaxu mi考えて tisodます paけど mi firlex分からないん nivです."

"Deliu co考える tisodべきだ jetesonj."


 そういってヒンゲンファールは手を離した。何か気が抜けたような顔をして、肩を落としていた。そのまま彼女は、"naceごめんなさい"と一言だけ残して、部屋を出て何処かに去って行ってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます