丗三日目

#169 名前の意味は


 私はカリアホの話に関してシャリヤから話を聞いていた。話を聞くもなにも、私とシャリヤとカリアホは同じクラスである。そういうわけで、カリアホがどういった存在なのかというのは大体わかっていたし、ユミリアやら謎の外国人が関わってきた時点でただ事ではないと思っていた。

 ウェールフープでシェルケンが異世界に干渉しているというような噂は社会に蔓延していたが、何かとシェルケンの話もシャリヤにまとわりついていたのも心配であった。

 だから、私は気になっていた。心配だった。


"La lex esおかしい xorln celxだって tejiset人が lartassa's居なくなった ti jaのよ."

"Elernastiエレーナ......"


 銀のロングポニーテールの先が振れる。深い蒼色の目が申し訳なさそうに視線を私から外していた。自分の名前を呼んだのは、それが数えられるくらいしか無かった人物――ヒンゲンファール・ヴァラー・リーサであった。彼女は言いづらそうに表情を歪めていた。

 昨日からシャリヤがレトラに戻って来ていなかったことは不思議であった。翠も、カリアホも同じように戻ってきていない。カリアホとガルタの死体が後に発見されたということはレシェールやヒンヴァリーの話を聞いて理解していた。翠もシャリヤも一緒に戻ってこないのは、どう考えてもおかしいのだ。


"Deliu coこれには melses niv関わらない fqa celxほうが良いわ co veles殺される retooわよ."

"Selene harmieどういう co kantet jarn意味よ."


 ヒンゲンファールはため息をついた。

 図書館の一室、ここは翠が通って色んなことを学んでいた部屋だ。彼のひたむきな姿は、私に彼がシャリヤを支えるのに十分な力を持っていたと信用させた。これまで二人がどれだけ危機を打ち破ってきたか、考えればわかることだ。シャリヤの幸せのためには翠が必要だし、翠の幸せのためにもシャリヤが必要である。それなのに目の前から二人共消えてしまった。ただで居られる訳がない。


"Edixa jumili'aユミリアは reto galtaガルタを殺したわ. La lex esカリアホが fua pielyno殺害された cirlaverl zu事実を消す veles retooためなの kali'aho'it. lex melses関係した miss l'es lexerlレシェール ad miと私 at veles faljneo狙われているわ. Pesta retovil殺される前に, Jol miss eski私達は tydiest lerjレトラを retla lyme出るつもり. Co'st la lex'itあなたが事実を quneerl知っていることを veles niv quneoユミリアは jumili'a'st知らないわ. Magだから......"

"Magだから, niss'it彼らを xelnkanon放っておいて sietiv nujononj楽しく暮らしてって. co lkurfそう言う la lexわけ?"


 ヒンゲンファールは私の反駁を聞いて言葉に詰まってしまった。完全に肩を落として落ち込んだ様子だ。少し強く言い過ぎたのかもしれない。ヒンゲンファールはエレーナの身を案じてくれていたのだ。


"Hingvalirstiヒンヴァリーよう, co es farnenシャリヤと fua celdino翠を助けに行く xalija ad cen'it準備は出来たか!? Fal laピンチに mieste ioパンチとは celdinerlstoまるで叙事詩の es xaleユフィアの yfi'a'd 4'd四副将 xurxifaみたいだ...... da...... jarnえーっと?"


 闖入者は大きな手を掲げながら、意気揚々と部屋に入ってきた。ヒンゲンファールの姿を見た途端に反射のように声を上げていたが、エレーナの存在に気づいてつい言ってしまったというような顔をしていた。

 ヒンゲンファールが更に一層深い溜め息を付く。忌々しげにレシェールを見上げていた。


"Jol coss lap私を騙して celdinerlstあなた達だけ qa fal ecesolで二人を助けよう mi'st jaとしてたのね?"

"...... Cene niv子供の josnusnon xel面倒までは selun fal laみれない lex."


 ヒンゲンファールは今度こそはっきりと私と向き合ってくれるかのような表情になった。上から冷酷に見下げるような目、それでもその本当の意図はエレーナをここに残して傷つけないための配慮だ。彼女なりの剥き出しの優しさはどうしても暴力的になってしまうのかもしれない。


"Niralsen xalija元気なシャリヤを xelil elj elx見るまでは cene niv mi眠れないし riejiel mal何も考え fav tisodられないわ. Selene mi'tj私も一緒に at tydiest行かせて."

"Senostエレーナ elerna's聞きなさい......!"


 臨界点を超えたヒンゲンファールの怒りは、二人の間に出された手によって遮られた。レシェールがヒンゲンファールの言葉を止めるように、手で抑えていた。そのレシェールの様子はいつもの頭の悪そうな脳筋おじさんではなく、冷静にこちらを見つめていた。


"Edixa mi俺は翠に lkurf mi'd俺の名前を ferlk cene'c言った fal melfertilカリアホを kali'aho探してるときにな. La lex esその名も lefjcenavijuレフィセナヴィユ, lexerlレシェール.lefjcenavijuレフィセナヴィユ daだと. lefjcenaレフィセナは es dexafeleserlあたりを明るくする fua karseために焚く fkaもんだ. Zuつまり, mi taty俺は ny la lex誓ったんだ. Wioll miお前を karse co照らすと. Paでも, liacy cene俺は約束を niv mi snaj守れなかった la lexんだ. Magだから, mi tydiest俺は約束を fua snajo守るつもりだ."


 レシェールは自分の罪を告白するかのように淡々とこちらを見ながら言っていた。言い切ってから、ヒンゲンファールの方を向く。


"Hinggenferl'dヒンゲンファールの tesnoka'd ferlk名前は es lircaリーサだ. Lirca esリーサってのは litarleo測るって意味だ. Liaoll cene物は測ること litarle morsが出来る pelx cene niv心は litarle fusaf測れねえ doよな. Elerna'd fusafエレーナの心 at ioにも litarle測ることsykiができnerfeないrgerl物が mol dea jaあるんじゃねえか."

"Lexerlestiレシェール......"


 レシェールの説得に圧されたようにヒンゲンファールはさっきの拒絶とは全く違う顔をしていた。今世紀一番深い溜め息をついたが、レシェールの真面目な話に日常との違和感を感じたのか、彼女は少し笑みを見せた。


"Celespaconしょうがないわね, Miss adurt連れて co tirlu行くわ pelxでも wioll危ない fudiummeことはしない nivこと. Co tanlatいいわね?"

"Jaええ."


 レシェールも笑って、私を受け入れてくれた。それから、準備はすぐに進んだ。さようなら、レトラ。私は翠とシャリヤを守るためにまた新しい新天地に行く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます