#114 演説


"Alsasti, senost plax聞いてくれ."


 無線機の子機から翠が話しかける言葉は、少し震えていた。聞こえているのか、聞こえていないのか良く分からない状況でそれでも用意した言葉を紡ぐしかない。隣にいたエレーナも息を呑む。


"No io elmerss戦う者たちは letix harmie何の意味を持っ kanteているのだろうか? Fua家族 sesnudoを守るため relod'it olもしくは sesnudo世界を unde'it, es守るため? Fgir esそれは大間違 set nixいだ. Dqa'd三人の lartass知り合い zu mi firlex親を, veles retoされ josnusn'it. Ciss nat彼女らはまだ es josnyk幼い selun子供だ!"


 翠の勢いを増していく声に、エレーナは自分のことについて語っているのだと思ったのか顔をこちらから背けてしまった。嫌そうにしている様子ない。覚悟していたのだろう。


"Cene niv誰も、 xanpanqa ol100人も sanpanqa ol1000人も canpanqa'd lartass10000人も nat fynetまだ誰もはっきり lkurf melsこの戦争の fqa'd意味を elmo'd語ろうと kanteしない! Cunなぜなら, sneiet larta強い人間が celes letixoその意味を kante'it戦士達に elmersse'st持たせている fal noからだ. Edixa fai siss彼らによって, loler lartass多くの人が veles retoo殺された."


 適度な間を入れる。異教徒側にも、イェスカの軍側にもこの言葉が伝わっているのかさっぱりわからない。両方が使っている周波数にエレーナが設定し、無線機の子機をどちらからも発せられる設定にしてあるので理論上は伝わっているはず。心配だが、伝わっているとして話し続けるほかに方法はない。


"Lartass io人々にとって jurlet under大切な平和でさえ veles reto sisse'st彼らにまず最初に fal panqa破壊された. Deliu miss今戦うべき elm sissは彼らと fal noではないのか? Fqa esこれが snietij mal難しいなら deliu nivまず我々は miss elm敵と zelk戦うべきで fal panqaないのでは? Cene miss私たちは平和を laozia unde作れるんだ!"


 少ない語彙力で意思が伝わっているのかどうか、気になるところではあったが一夜漬けでのスピーチだ。どの語学の先生ですら、翠の頑張りを評価してくれるだろう。言わずもがな、これまでの言語習得も合わせると高得点に決まっている。

 そんなことを考えていると頭がくらくらしてきた。意識が薄まっている気がする。昨日と同じ頭の痛みがぶり返してきた。しかし、ここで話すことをやめるわけにはいかない。シャリヤと多くの命がかかっている。

 エレーナも心配そうにこちらを見つめている。何か言いたげだが、演説中は必ず黙っているという事前に決めたルールに沿って黙ったままだった。


"Mi klieユエスレオネに yuesleone来てから fal anqa21日 panqaが経った. Fhasfa'd larta色々な人が celdin mi俺を助け mal mi niejod俺は今 fal no生きている. Malそして, als larta皆は celdin fua平和を作るため unde'd under助け合うことが出来るんだ. Fi fhasfa'dもし誰か larta jaesが俺に賛同 miするなら, shrlo senostこれから言うことを mi'd lkurfo聞いて plaxくれ."


 頭の痛みはどんどん強くなってくる。片肘を立てて、頭を押さえ、痛みに耐えているうちに額が汗だらけになっていた。息も荒くなっている。エレーナは心配そうにしているが、何も出来ない状況を悔しがっているようだった。

 作戦が終わるまでは、倒れるわけにはいかない。そう考えるたびに頭の痛みが倍増している気がした。


"Ysev paz plax銃を捨ててくれ. Co elm niv戦わないで mal lecu miss共に miscaon parl抱き合おう! Malそうすれば, cene miss戦争と殺戮を molkka sneiet好む強者に larta'c zu勝つことが lirf elmo ad出来る retooんだ! Lkurf答えてくれ harmae's誰が eso'i jaeso'it誰が賛同してくれるんだ!"


 必死の呼びかけを行うたびに頭の痛みがやめろと訴えてくる。心臓が脈打つ度に重しを載せられたような痛みが殴られたような痛みに変わる。

 心の中は早く安心させてくれという願いで一杯になっていた。エレーナも隣で翠の様子を見ていて、同じようなことを思ってくれているだろう。しかし、まだ最後の最後まで、安心することはできない。答えが来るまでは。

 そんなこんなで数分無言の状態が続いた。誰も自分の言うことに耳なんか貸してくれなかったのかもしれないと思うと頭の痛みよりも痛いものを感じた。


 しかし、静寂はその一瞬で途切れた。


"Miss l'es我々…… fentexoler'd異教徒の als elmer戦士は皆 jaes co賛同する!"

"Jaそうだ! Lecu miss俺らは pusnist……の家族を retoo殺すのは viojssa'd止める relodんだ!"

"Tvasnk alefisアレフィスを信じろ! Dznojuli'o las………… xelvin es nivは続けて…… niliejではない!"

"Alsasti, olo jazgasaki八ヶ崎翠.cene'cに……!"


「探すといい……彼らに銃声を今日の静寂の中に探させよう。」


 脳の痛みがさっと引いて、勝利の快感が体中に走る。その後からも自分に賛同してくれる歓声がとめどなく続き、これまでの疲れも吹っ飛んだ。

 エレーナの顔を見ると彼女は成功を知って、涙を流していた。顔を抑えて、静かに泣いていた。これまでの緊張状態を考えると当然の反応だろうと思った。


"Jazgasaki.cen八ヶ崎翠 es vynutはいい奴 lartaだな! Miss elm俺らは俺ら fua misのために戦――"


 安心しているところに賛同の無線が次々と入る。正直むさ苦しい男の声は煩いので切って、しばらく休みたいところだった。

 椅子から滑り落ちるように倒れる。頭の痛み、体のだるさに耐えられなかった。このまま床で横になっていても別にいいと思った。ただ、エレーナにうるさい無線機を切ってくれ、と頼むところであった。


"egiaaaaaaaaギャァアアアアア!"


 悲鳴が聞こえる。エレーナでもレシェールでもない。無線機からの叫び声であった。複数の銃声の後に声が聞こえた。


"Votyn全軍 als elmerssesti進め! Shrlo elm戦え mal reto殺せ!"

「督戦か……よ……ファンタジー異世界の癖に……」


 怯える声や苦しむような声が次々と無線機から聞こえる。エレーナはうれし泣きを止めて、驚いた表情で無線機を見ている。

 床で薄れゆく意識のなか、翠は作戦の失敗を悟った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます