#167 方針は変わった


"Joppおっと."


 自分はそのまま落ちて、地面に叩きつけられて気絶でもするのかと思っていた。だが、下の地面にはユミリアが居て、俺――ガルタ・ケンソディスナルはお姫様抱っこのような形で彼女にキャッチされてしまっていた。怪訝そうにこちらを見ている。これだけの高さから落ちてきた人間をキャッチできるとは彼女はケートニアーだったのかもしれない。


"Mi lkurf誰も niv ny la大道芸を lex. Esやれとは ungliuslurfa'i言ってないんだが."

"La lex esそりゃ kafi'aen besltafaitどうもすみませんでしたね."


 皮肉を言うような口調で言って、彼女の肩を押すようにして離れる。異国の政治家にお姫様抱っこされているなど、冗談ではない。だが、もっと冗談ではない状況があった。

 ユミリアは少しの間笑っていたが、ふと俺が落ちてきた屋上の方を見上げて真面目な顔に戻る。


"Edixa mi銃声が senost聞こ pazeskantえたが. Harmie何が voles起こった?"

"Inlini'aインリニアが faorretesカリアホを kali'aho人質にとった. No io ci今はそいつと ad cen lap翠が屋上で mol fal二人っきり acelajurだぜ."

"Josnyker es若い子 le vynutは良い jarneuわね?"


 ユミリアは冗談を言うと、翠の居る棟へと踵を向けて歩き始めた。端末を開いて何処かに連絡をし始める。


"Jol hameどうする co esつもりだ, jumili'astiユミリア?"

"Fhanka faixes特別警察は veles eno既に展開 xelvinj済みだ. Niss es彼らに serzema'i制圧してもらう."

"Deliu miss俺たちは tydiest行くべき fal fgirなのか?"


 怪訝そうに訊く俺の声色に少し面白くないと思ったのかユミリアは少し顔をしかめたが、すぐに楽しそうな顔になる。


"Miss es我々が stoxiet青い fiurs ol et目かどうか. Lecu miss判断して snojijみよう dirawirngleじゃないか."

"Stoxiet青い...... harmiestiなんだって?"


 俺が挟んだ疑問にユミリアは結局答えなかった。校舎の中に入ると、ひたすら無言で進んでいこうとするが、目に見えた人影でその歩みを止めた。


"Cen ad翠とシャリヤ xalijastiじゃないか,"

"Edicy hameカリアホは coss moliupi'aどうしたんだ kali'aho, cossasti君たち?"


 翠はシャリヤと共に走ってきた様子だった。異様なのは、翠がシャリヤをお姫様抱っこしていることであった。焦った表情でこちらを一瞥すると逃げるようにしてこの場を去っていった。ユミリアは冷静な様子で駆けて行く二人を流し目で見ていた。端末からブザー音がなり、取って彼女はやれやれと言わんばかりに首を振った。


"Jeiおい, Co josxe追わない niv jarnのか."


 ユミリアはため息をついて、端末をしまうとこちらを横目に据えて階段を焦った様子もなく上がっていった。


"Edixaインリニアは inlini'a iesnyx倒れた."

"Co kantet翠が倒した tysneno si'stってことか? Malじゃあ, harmie nissなんで zailemalefe逃げる."


 ユミリアは一切俺の顔を見なかった。ひたすらゆっくりと階段を上っていく音だけが周りに響いていた。


"Edixaカリアホは kali'aho jisesn死んだ. Lex melna待機していた hal'jiner elx狙撃手が edixa lkurfそう報告した."

"A?"


 聞こえた言葉を信じることが出来なかった。

 カリアホ=スカルムレイが死んだ?ユエスレオネと両国間の関係をつなぐはずの存在だった彼女は、結局の所死んでしまったというのか。

 唸るような声が漏れてしまう。ここでユミリアに当たっても意味はない。翠とシャリヤの二人は失敗した自分たちへの追求を逃れるために逃げたということなのだろう。そんなことを考えていると、ユミリアは更に話を続けた。


"Kali'aho'itカリアホを pazeser es撃ったのは xalijaシャリヤよ."

"Cene niv mi何を言ってるのか fav firlexさっぱり plasierl分かんねえな. Xturkhurte流れ弾が cinaste当たった rodestelってわけ ci ja?"


 ユミリアは一切こちらを振り返らなかった。だが、彼女は頭を振った。

俺の予想に対して否定するように何回も。


"Xalijaシャリヤは falmet reto故意にカリアホを kali'aho殺した faiとの jostolerl報告よ."

"Liacy yrcastanあのアマ es xelken olシェルケンか penul aptumirle'd旧政府官僚の melser da関係者ってわけか?"

"Moviersti馬鹿か, La lexepeそんな xale larta'c人間に jurleter'i要人を derokr引きamcol渡す nenわけがない. Ci'd josnusn彼女の両親 es tersexolerは革命派 melx liacy ci彼女自身 letix nivそんな la lex xale人間関係は unsalない. Edixa bliument行政執行部が dzarn面倒を pesta見させる josnusnon前に xelil kali'aho調査している. Mels la lexそれに関しては, ci es彼女は jatekhnef無実だ."

"Malじゃあ, harmie jaなんで!"


 イライラと疑問が焦燥感を高めていく。よく前を見ると屋上へと続きそうなドアが半開きになっているところに二人はいた。ユミリアはやっとこちらに振り返った。表情はとても冷酷なものを感じさせた。


"Mi at私も firlex niv分からんよ."


 表情に見惚れていたからか、その一瞬に気が付かなかった。胸に突き刺さる衝撃によろけて上階から転げ落ちる。踊り場に落ちて曖昧な意識の中、上階の銀髪のリパラオネ人を見上げた。彼女の右手には拳銃が握られていた。


"Lertasel方針が veles変わった furnkieoんだよ. Shrloカリアホの kali'aho'st死は jisesno知られては veles elxならない quneoから hata'st. Fqa at esこれ fua elmenerfergol平和のためだ. Firlex plax da分かってくれ."


 そう言いながら、ユミリアはこちらに銃口を向けた。ケートニアーの治癒能力は何故か促進されなかった。銃弾が特殊なものであったのだろう。

 ユミリアが引き金を引いたのが見えたのが最後に見えた視界であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます