#242 フィメノーウルとリノーツ


 目の前に現れたのは曲剣と弓を構えた男たちだった。整った服装に髪型、透き通った蒼色の瞳には山賊たちに襲われたときのようなものを感じなかった。彼らに足元に過たず撃つことが出来るだけの精度があるなら自分たちは既に殺されているはずだった。ならば、彼らに殺意がないことは明白になる。

 鬱蒼とした森の中で、お互いにしばらく膠着状態が続いたが暫くすると黒髪短髪の凛々しい少女――インリニアが毅然とした表情で彼らの方に歩き出した。


"Filaichèsなるほど?, nachaisごめんなさい? no jenfasジュンファ nautノー varヴァル vailiesヴェリエ. Jaisジェ kynèssキュンス ne at faidaileフェデーレ qautコー."


 相変わらずヴェフィス語は全くわからないがリパライン語と似たような発音の単語が幾らか聞こえてくるおかげで大体何を言っているのか予想できる。"filaichèsフィレシュ"は以前も出てきたが"firlex理解する"と同義語なのだろう。"nachaisナシェ"は"naceごめんなさい"とよく似ている。

 おそらく謝っているのだろう彼女の言葉を聞いて、リーダー格のような曲剣を持った男はその得物を下げた。それを見て、彼の周りの弓を構えていた者たちも弓を下げる。リーダー格の男は目を瞑って一拍置いてからインリニアの言葉に答えるように話し始めた。


"Jaisジェ faèhaisファイェ ne folフォユ varヴァル eschaisエシェ varヴァル lyncaisリュンセ jenfaiジュンフェ nautノー varヴァル vailiesヴェリエ."

"Mait, fammiaiファミエ?"

"Vincerヴィンサル faitフェ est alinaudesアリノーダ fimainaulautフィメノーロー fautフォー jaisジェ. Mait, aitoilachèエトヮーラシュ ne nai jaisジェ ats jenfasジュンファ varヴァル kichéキシュ fasèファス jaisジェ."


 インリニアが真摯に聞いている横で、俺は分からないなりに聞きながら分析を試みていた。"jenfasジュンファ nautノー varヴァル vailiesヴェリエ"と"jenfaiジュンフェ nautノー varヴァル vailiesヴェリエ"というよく似た句が二回出てくるが"jenfasジュンファ"と"jenfaiジュンフェ"の違いは一体何なのだろう。前者が"nachaisごめんなさい? no"という単語列に続くのを考えると、リパライン語の"nace fua……についてごめんなさい"という構造に似ているとすれば"no"は前置詞だと仮定できる。もしかしたら、ヴェフィス語には前置詞の格支配のようなものが存在するんじゃないだろうか。ドイツ語に限らず、ヒンディー語、リトアニア語、タミル語、ロシア語、カンナダ語など接置詞に格支配が存在するのは通言語的だ。


 そんなことを考えているとリーダー格の男は背負っていた袋をおろしてその中から干し肉のようなものを取り出してこちらに渡してきた。その目はこちらを可哀想だと思っているのでもなく、ただしょうがないからという雰囲気で見つめていた。受け取ると彼らは踵を返して静かに森の別の方向へと去っていってしまった。

 インリニアはその様子をじっと見送ると大きく息を吐いた。緊張が解けたようで腕を上げていた。身体を伸ばしていると胸元が強調されて、つい目が行ってしまう。有意な胸がないというのに強調されるとはこれは如何に? 胸の存在論的証明とは?

 視界を閉じて頭を振る。バカバカし過ぎる考えに強制的に別れを告げた。


"Fhurふぅ......! Xetten……!"

"Inlini'astiインリニア, Edixa si彼は何を lkurf harmie言っていたんだ? Plasi plax説明してくれよ."


 インリニアはこちらに向き直って、彼らによる餞別を見分しながら近くの倒木に座った。


"Edixaあの鹿 rypisestanは彼らの es siss信仰する tvasnkerl対象だった magんだよ siss pusnistだから殺すのを retoo la lex止めたんだ."

"Lipalaoneリパラオネ教は tvasnk rypis鹿を信仰するのか?"


 シャリヤたち多くが信仰していたリパラオネ教では確かアレフィスだったはず。タームツィ教はPMCFの人々が信仰していた宗教だったし、もしかしたらヴェフィス人は他の宗教を信仰しているのかもしれない。


"Nivいや, Siss彼らは tvasnkフィメノールを fimenorl信仰しているね."

"Hmmふむ......"

"Tvasnkerフィメノールの fimenorl信者は letix nisse'd彼らの linorz……を mal la lex持っていて letix setそれは信仰に jurletenとても……な kante fal意味をもって tvasnko居るんだ. Siss pusnist cun彼らが止めたのは sisse'd linorz彼らの…… es rypisestan今回あの fal fqa'd liestu鹿だったんだよ."

"Firlex jaなるほどな,"


 言い終わるとインリニアは地面に落ちていた石ころをつま先で蹴って転がした。

 おそらく、"fimenorlフィメノール"というのがヴェフィス人の信仰を指しているのだろう。フィメノール教は恐らくアミニズム的な信仰で"linorzリノーツ"というトーテム的なものを信仰しているのだろう。自分のトーテムを殺されようとすれば反感を抱くのも当然だろう。彼らは相手に自分の干し肉を無償で分け与えるまでして先祖との呪術的な繋がりを守ろうとしていたのだろう。


"Lirs……, harmueアレス ales.xalija・シャリヤは tydiest何処に行った edixaんだ?"


 そういえば、というような口調でインリニアは言う。その視線は先程までシャリヤが居たとこにあった。確かにこちらからではシャリヤの姿が確認できないでいた。なんだか、心のなかにざわつきを感じる。次の瞬間にはもう焦りで足が勝手に動いていた。


"Jeiおい, mili待ってよ!"


 インリニアの抗議するような声が後ろから聞こえたが足を止めることは出来なかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます