3.Sな彼女とドSな彼

隆人たかとくんいるんじゃないの?"



実結が声をひそめて


ベッドに接する壁を指差す。




弟の隆人はインドア派で


休みの日は家にいる事が多い。



共働きの両親は平日が休みで


土日は遅くまで帰って来ない。




紀樹はニヤリと笑って


下だけを脱ぐ。



"実結も服は着といて"



小声で言った後


スカートからショーツだけを


そっと抜き取った。






ベッドがギシと鳴る度に


実結は体に力を入れて唇を噛む。



限界まで責め立てると


我慢しきれない表情で


首を振ってイヤイヤした。




たまらん。






♥ ♥ ♥






「隆人は今日はおらんねんけどな」




鏡の前で髪を整えてる実結を


後ろから抱きしめた。




「はあっ?!」




素っ頓狂な声を上げた実結と


鏡越しに目が合う。




「何でそんな嘘つくの?!」




必死で我慢する姿が可愛いから。




「別に嘘はついてへんやん」





実結が腕をほどいて


さっきよりもすごい形相で


紀樹の方へと振り返った。




「サイテー」










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます