62.Sな彼女とドSな彼

滝つぼから戻ると


亜湖と剛は服に着替えて


二人でベンチに座っていた。




明らかに飛込み前の感じとは


二人の様子は違っている。





剛は亜湖を気に入ったんかな?





「あたし、助手席に乗るね」




亜湖が言う。




ん? 亜湖も剛を??




あの短い時間で何があったんやろ。




標的を変えられるのは少し寂しい。





運転手が剛、助手席に亜湖。


二列目に幸治&沙織。


三列目に紀樹&サヤカ。




自然と座席が決まる。




三列目は狭くて腕がぶつかる。




目の前の沙織とコウちゃんは


むやみにイチャイチャしている。




沙織の携帯を二人で見て


顔を寄せ合って


今にもキスしそうな。




明らかに胸を押し付けてるのも


エロ過ぎる。





我慢できずにサヤカに耳打ちした。




「何か……沙織ちゃん、エロいよな?」




サヤカが笑って頷いた。




「西川さんは沙織みたいなタイプはどうなんですか?」




そういうタイプも嫌いじゃないけど。




「エロい子は好きやけど、彼女となると違うかな〜とは思うけど」




「変態」




「変態じゃない男なんかおらんわ」




「やっぱ彼女にするなら亜湖の方がいいですよね。このままじゃ剛くんが落としそうですよ? いいんですか?」




「まー、好みのタイプを必ず好きになるわけちゃうやん?」




「そうです……ね」




「俺は剛もコウちゃんも上手くいって嬉しいし、別にええねん」




「そうですか」





車の揺れが眠気を誘う。




慢性睡眠不足が睡魔に勝てない。





いい夢を見ていた気がする。





柔らかくて温かい。





居心地のいい場所。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます