31.Sな彼女とドSな彼

"SAYAKA"




「サーヤ! 冷蔵庫に納豆巻いれんな!」




油性マジックで名前の書かれた納豆巻を


冷蔵庫に見つけた。




「納豆巻を引出しに入れてたら昼にはヌメヌメになっちゃいますよ!」




今日もタヌキのサヤカが


ポンポコと鳴いている。





月曜日の朝。




アイスコーヒーを飲もうとして


給湯室の冷蔵庫を開けると


"SAYAKA"と書かれた食料が


所狭しと並んでいた。




完全に冷蔵庫を私物化しやがって……。




「何で関西の人って納豆嫌いなんですかね?」



「あほか。いつの時代の話をしてんねん。今は関西でも納豆食ってる人のが多いやろ」



知らんけど(笑)。



「そうなんですか?!」



「誰も納豆がどうの言ってるんちゃうねん。お前だけの冷蔵庫やないんやから……」



「あ、入れてるのは好きに食べてくれていいですからね」




ほな、何で名前書いてんねん。




「もうええわ。怒る気失せた……」



あほ過ぎて文句言う自分があほみたいや。



「西川さん、コーヒーは?」



「忘れるとこやったわ。サーヤ入れて」



「しゃーないなあ」←



俺の真似か?!



腹立つ!




「サーヤ! 入れ過ぎや!」




今にも溢れそうなコーヒーが


表面張力でギリギリ止まった。




「あ、すんませーん……」




「何をボーッとしてんねん」




いつもに増して様子がおかしい。



テンションが無駄に高かったり


異様に低かったり。




「ふなっきーと喧嘩でもしたんか?」



サヤカがビクッと反応した。



わかりやすっ!




「そんなんじゃないんです。西川さんこそ最近元気ないですよね。彼女と喧嘩でもしてるんですか?」




「俺はもう別れたから」




「そーなんですね。お気の毒さま」




サラッと流しやがって……!




「揉め事ははよ解決せなあかんで?」




「そーですよね……」





サヤカがふなっきーとの別れを意識して


既に付き合いが終息に向かってるなんて


これっぽっちも知らず


二人には上手くいって欲しいと思ってた。





これはほんまやで?











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます