9.Sな彼女とドSな彼

長崎は晴れ。



コートが不要なくらいの暖かさで


旅行日和になった。




実結が指定した行き先は


海の見える教会で


異国情緒溢れる街並みに


溶け込んでいた。




「こういう教会で結婚式したいね」



「そうやな」




真っ白なバージンロードを


駆け抜けて振り向いた実結に


思わず顔がほころぶ。




「なに?」



「いや、実結は可愛いなと思って」



「急に何よ?」



「仕事場はプクプク動物ランドやからw」




実結は一瞬キョトンとしたが


すぐに意味を理解した。




「タヌキに見えるっていう新人さんのこと? 怒られるよ(笑)」



「別に構わへんよ」



怒らせても怖くなさそうやし(笑)。




実結が大きな十字架の前に立つ。




「アナタハ病メル時モ健ヤカナル時モ間宮実結ヲ愛スル事ヲ誓イマスカ?」



「牧師モノマネ?w」



「うん。ねぇ、答えてよ」



「その時が来たらな」




抱き寄せてキスをする。




聖なる場所で誓いのないキスをしたから


神様を怒らせてしまったんやろか?




「私ババアになっちゃうよ」



「既にもう結構なババアやろ(笑)」



「紀樹のあほっ!」




ツッコミの蹴りの威力は


なかなかのモンやと思う。





神様。




二人の罪をお許し下さい。




アーメン。











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます