第一部 エピローグ

『ディオリッシモ』



大きな緑に覆われて


凛と咲く小さい白い花。



ほのかな甘い香りの中に


君の影を見る。




意地っ張りで強がりなのは


弱い自分を隠すため。



素直じゃなくて嘘つきなのは


弱い相手を守るため。




そんな君を守る葉になれなくて


違う誰かに摘まれていくのを


止める強さも持てなかった。





小さな幸せを見つけて笑う君に


僕は大きな幸せを貰ってたんだ。




誰かの前でも笑っていて。




人前で泣くのが苦手な君が


僕の前では泣いてばかりいたね。




誰かの前でもちゃんと泣いて。




感情を押し殺して震える君を


僕の胸で安堵の眠りにつかせた。




誰かの腕に抱かれて眠って。





だけど



僕を思って恋した瞳も



愛し合って流した涙も



照れて笑う桃色の頬も



他の誰かに見せないで。






愛しい君が



初夏の風に揺られながら



幸せを運ぶ香りを放ち



ずっと変わらぬ美しさで



咲き誇っていられますように










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます