8.Sな彼女とドSな彼

実結の好きな花の季節には


まだ早いけれど


扱っている花屋を探して


花束にして送ってもらった。




白い小さな花が鈴なりに咲いている。




花と揃いのイヤーカフと


手書きのカードを忍ばせた。





実結も残業の多い仕事をしている。


繁忙期には土日出勤もあって


俺の仕事が忙しくなってからは


上手く休みを合わせられずにいた。




幸い実結の業界は落ち着く時期。




『会いたい』のメッセージを添えた花は


昨晩には届いてるはずやけど


実結からは何のアクションもなかった。




昼休みにメールを送る。




『今週は土日休みやから実結の行きたい所に連れて行く。どこ行きたい?』



『長崎』



『唐突やな。飛行機取れるやろか』



『何とかせえ』




コーヒーを吹きそうになって


咳き込んだ。




どうやらお姫様の機嫌は直ったみたいで


花のプレゼントの効果は絶大。




(さすが縁起物タヌキやな)




隣のサヤカと目が合うと



「西川さん、汚ーい(笑)」



ケラケラ笑いながらティッシュを渡された。



「どっこも汚してへんやろ」



「ミクロの唾が飛んでるはずです」



「あほか」



「ひどい」とブツブツ言いながら


三個目のオニギリを頬張っている。





痩せへん理由は食い過ぎやろ(笑)。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます