75.Sな彼女とドSな彼

「あー、誰かさんがグダグダ言うから花火まともに見れへんかったやろ」




「う……すみません」




「ええよ。この貸しはサーヤの体で払ってもらうからな」




サヤカの体がビクッと震えた。




「いっ、今から?!」




「誰も今からなんて言うてへんわ。スケベ」





真っ赤になっているサヤカを


いじらしく思った。




「ほら。行くで」




さっきからぶつかっている手を握る。




「あの、手汗が……」




「お前は色気ゼロか(笑)。別にヌルヌルでええから黙ってつかまっとけ」





人混みの中を埋もれるように歩く。





汗ばむ手を離さないように。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます