65.Sな彼女とドSな彼

返事がないやんけ。




手を止めて横を見ると


サヤカと視線がぶつかる。



何か言いたげな様子で


こちらを睨んでいた。





何やねん。





「で、どうすんねん?」




「西川さんって……ゲテモノ好き?」




ゲテモノ?




俺は珍味グルメツアーには誘ってへんぞ。




「はあ?」




「だって……」




だってもへったくれもないねん。




「だって、何やねん?」




「何で私なんですか?」




面倒くさいヤツやな。




俺はお前を誘ってるやろ。




「サーヤも今週は土日休みやろ?」




「あ、はい」




「ほな、決まりな。時間はまた連絡する。俺は今週また現場やから事務所にはけーへんし」




「あ、う……」




何を躊躇うことがあんねん。




「嫌なんか?」




「嫌ってわけじゃないんですけど……」




「ほんなら別にもうええやろ。働け」




「……はい」




サヤカは腑に落ちないといった顔で


伝票の入力を始めた。






来年は連れてって下さいと



頭下げさせたるからな。





覚えてろ。





忘れられへん夜にしたるから。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます