68.Sな彼女とドSな彼

花火大会前日の晩。





「コ……コンバンワ」




受話器の向こうのサヤカが


宇宙人みたいな声で言う。




「お前誰やねん(笑)。明日なー、車は渋滞するやろうから電車やな。サーヤん家の近くで駐車場探して車置くから駅で待ち合わせな」




時間ないから手短に。




「わざわざコッチまで車で来なくてもいいと思いますけど」




帰りに送った後が面倒くさいやろ。




「俺ん家は最寄駅から遠いからどっちみち車やからついでになー」




「はあ……」




「んじゃ、2時半に待ち合わせな?」




「早くないっすか?」




「あほ。いい場所で見るには明るいうちに場所取らなあかんやろ?」




「えー、そんな本気で見るんですか?」




「当たり前や」




花火職人の気持ちを考えろ。




「わかりました」





まだ文句を言うかと思ったけど


サヤカは特には何も言わなかった。





「ほな、仕事に戻るから」




「え? まだ働いてるんですか?!」




色々仕事以外にも用があって


終わるもんも終わらんかった……。




「んー、ちょっとトラブルがあってなあ。もうしばらく掛かるから一応明日の12時ぐらいに起きてるか確認して(笑)」




「もしかして徹夜コース?! だ、大丈夫ですか?」




「俺を誰やと思ってんねんw」




「はいはい、西川さまですね。わかりました。頑張って下さい。明日は栄養ドリンク持って行きますんで」




「いらんわ。昨日から既に高いやつ5本飲んで元気過ぎて体持て余してるくらいや」




栄養ドリンクは飲み過ぎると


色々興奮し過ぎてヤバイって知ってた?




「さようですか。頑張って下さい」




「ありがとう。ほな、また明日」






花火大会は明日。





もう逃がさへんからな。




覚悟しとけ。





ナマケモノ捕獲の二十時間前。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます