74.Sな彼女とNな彼

野本くんに触れられて



何とも言えない不快感と嫌悪感に



気持ち悪さが止まらない。





私が考えて悩んで選んだのに




心と体が拒絶した。





もう無理。





脱衣場に畳んで置いたあった服に着替えて



帰る支度をした。





「野本くん、ごめんね。気持ち悪くて吐きそうだから、今日は帰るね」




一刻も早く逃げ出したい。




「飲み過ぎ?横になってた方がいいんじゃない?」




優しいところは好きなのに。




「ううん。立ってる方が楽だから大丈夫。帰るね」






送るから待って、と言った野本くんを置いて



ホテルから逃げ出した。






暗い夜道が怖くて



街灯と人通りの多い道を行く。




遠回りしすぎたと後悔し始めた頃



私は五階建てのビルの前で立ち止まった。





『bluetwil ブルートゥイル』





目立たない看板のある玄関は閉まっているのに



二階の電気は煌々としている。





ドクンと胸が鳴る。





西川さんの会社、こんな所にあったんだ。





まだ働いてるんだろうな。





会いたい。





でも、今は会いたくない。





二階を見上げる。





すぐそこにいると思うだけで



元気がわいてきた。





帰ろう。





早足で歩く。





線路を越えて駅前から離れると



人通りは少なくなる。





ブルッと携帯が震えた。





置き去りにしてきた野本くんからだったら



どうしよう。





今は声も聞きたくない。





よし。電源を切っておこう。





表示された文字をチラッと見た。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます