第二部エピローグ

お前はいつも遠慮ばかりで


付き合ってるのに


片思いしてるみたいだと


くだらないことを言う。




そんなわけないやろ。




お前のそばは居心地が良くて


隣で眠るときには


幸せな夢ばかり見ていた。




そんな俺の幸せが


嘘なわけないんやから。




今度の恋は


サーヤの幸せを守りたい。




泣かせないで済むように


一回でも多く笑ってもらえるように


精一杯可愛がるよ。




俺がこの台詞を言うのは


永遠を誓う時だけと決めたから


今は言わへんけど


お前の笑顔を見た時に思ってん。





心から愛してる。















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます