42.Sな彼女とドSな彼

「恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう?」




幸治が突然歌い出す。




「急に何?」



「紀樹はその子の事を好きなんやなって思って」



「えー……?」




遠方の現場で幸治が一緒の時は


大体同じホテルに宿泊する。




もちろん別部屋で。




夕飯というより夜食の時間に飲みに行く。




「落ち込んでるのを放っておけないから連れ回すなんて好きな子以外にはせえへんやん」



「俺はするけど……」



「性の対象として見れるんやったら女友達とも違うやん」



「食わず嫌いはしない主義やもん」



女友達やからって理由で


相手を女として見られないって


理解不能な感覚。




友達でも動物でも女は女やろ。




「紀樹はストライクゾーン広いな……。もし相手がオネエでも出来んの?」



「オネエは男やろ。あー、でも見た目が男に見えんかったらいいかな」



「とりあえず女やったらええの?」



「わからん。ソノ時になってみないと」



「節操がないというべきか、懐が深いというべきか悩むわ……」



「どっちも否定せんとくわ」




俺の知ってる中でコウちゃんが一番


色恋沙汰には詳しい。




なのに何でモテないんやろ?




「にしても紀樹に誘われて落ちない子もいるんやなあ」




「落ちるとか落としたいって感じちゃうねんなあ。何やろ? 上手く言われへんけど、あいつと一緒にいたら楽しいだけというか……」




「紀樹が女の子を"あいつ"って呼ぶのは珍しい気がするけどな」




ん?




同じ事を前にも言われたっけ。




どうなんやろう。




ドキドキもハラハラもない。




そんな好きもあるんやろか?




あいつに対して


胸がキュンと狭くなったことは


あったかな……。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます