91.Sな彼女とNな彼

朔くんが総務部の舞と一緒に


アルバムを持って帰ってきた。




「パーティーの準備は総務がやるから、幹事の仕事は連絡係と仕切り役だよ」



舞が昨年のタイムスケジュールやリストを


ファイルから取り出す。



「じゃあ、朔くんがリーダーでも大丈夫?」



「出来るとは思うけど、実結がやった方がいいんじゃない?」



順番的には北山さんだけど~と舞は


哀れんだ目で私を見た。



「私ハロウィン直前に泊まりの大阪出張で、何かあったら当日帰って来れないよ」



「それなら朔くんがリーダーで、実結はサブね」



サブも拒否したいが


朔くんに全部を押し付けられない。



「わかった。何すればいい?」



「今週中に出欠確認とくじ引きかな」



「くじ引き?」



「仮装が被らないようにくじ引きで決まった衣装を着るってルールなんだよ」



「そうなんだ」



舞が朔くんからアルバムを奪って


パラパラとめくって見せた。



「人気があるのは、メイドとか魔女とか。谷本さんたちはセクシー系がいいって言うから、ミニスカポリスもあるよ」



「へー、可愛いね」



三鷹さんは女豹だったのか。


似合いすぎるでしょ。



「おじさん達は被り物で、若い男子はアニメキャラかな。女子の希望で(笑)」



おじさん達の扱いがヒドイ(笑)。



「これって自前で用意してるの?」



「経費で出るから、なるべく去年のを使い回してね。クリーニングして倉庫に保管してあるから、くじ引き前にはチェックしてね」



「ありがとう。早速準備に取り掛かるね」




朔くんが倉庫の鍵を借りに走って行った。




「あっ、あともう一つ」



「うん?」



「夜のイベントで、あおすけバンドが演奏するから、練習用に楽器を中会議室に運んでおいてって」



「あおすけバンドって何?」



「知らない?社長の趣味で社内でバンド組んでて、行事の時には演奏するんだよ」



舞がウンザリという顔をしたから


多分そんなに上手じゃない。



「あ、それ広報動画で見たかも」



「ギター兼ボーカルが社長で、キーボードが総務部長。ベースが松川課長で、ドラムは今年は朔くんがやるって聞いたよ」



「朔くんが?!」



意外だと言ったら失礼かな。



「うん。とりあえずはそんな感じで。わからないことは私か総務の人に聞いてくれたらいいから」



「ありがとう」





戻ってきた朔くんと倉庫に向かった。




綺麗に整頓されている衣装ケースを


片っ端から開けてみる。




「どれも今年も使えそうだね」




「本当っすね」




「この女豹……もし私がくじ引きで当たったら着るの?」




体のラインがくっきり出る上に網タイツ。




「実結さん似合うと思いますよ」




「いやいや、無理だから」




仮装リストから除外しておこう。




「セーラー服も厳しいなあ」




「えっ、それは残しましょうよ」




「やだよ(笑)。恥ずかしい」




「絶対可愛いですよ」




二人で仮装に使う衣装を選んで


出欠確認の後


足りない分は買い足すことにした。





週末にはくじ引き。





私は最後の一枚を引いた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます