『英雄の因子』所持者の『異世界生活日記』

笠井裕二

設定

第0話 魔法解説 ※随時更新



『魔法』


『アクエラ』の『魔法』は、四大属性、すなわち、火・水・風・土に大別される。と言っても、中級以上になってくると、純粋な『属性魔法』は皆無になってくるので、~系術式と表記されている。


『バインド』・・・地系術式。木の根やツタなどで対象を拘束する。


『スリープ』・・・火系術式。催眠効果で対象を深い眠りに誘う。


『クイックムーブ』・・・風系術式。術者を空気のベールで覆い、軽微な浮力・揚力を与え、移動速度を高める。


『ヒール』・・・水系術式。『回復魔法』。ある程度の傷を癒す事が可能。ただし、『HP』は時間経過と共に回復する。基本的に、対象者の『自然治癒力』を爆発的に高めたモノなので、対象者が瀕死であったりすでに息がない場合には効果がない。また、『自然治癒力』を高める関係で対象者の体内の栄養素を大量に使用する為、多用は禁物。 知識の乏しい者が無闇に使用すると、この『魔法』は逆に『死の魔法』となる。


『ファイア』・・・火系術式。火種を発生させる。火系術式の初歩の『魔法』だが、生活から戦闘に至るまで応用範囲は広い。


『イリュージョン』・・・複合術式。対象に幻覚などを見せる。『無詠唱魔法』に属する特殊な『幻術系魔法』。『魔法発動失敗』から派生した術式の為、悪いイメージがあるのか、一般的な『魔法使い』からは忌避される傾向にある。しかし、即応性に優れ、応用範囲も広いのでアキトは好んで使用している。攻撃力は皆無だが、殺傷能力が無い訳ではないので、対人に使用する場合は注意が必要。

(思い込みで人は死ぬ事もある。『ショック死』などがその例だが、『イリュージョン』は『幻術系魔法』なのでその危険を孕んでいる。)


『ヒュプノ』・・・複合術式。『無詠唱魔法』に属する特殊な『幻術系魔法』。『イリュージョン』の派生系の術式で、『催眠』の効果に特化している。ただし、ある程度の『テクニック』を駆使しないと、対象に上手く『暗示』をかけられない。また、対象の生命の危機に関する命令は拒否される。ただし、使い方次第ではその限りでは無い。


『ライト』・・・火系複合術式。光源を発生させる。


『フラッシュ』・・・火系複合術式。『ライト』の応用で、爆発的な閃光を発する『魔法』。主に目眩ましに使用される。


『フライ』・・・風系複合術式。『飛翔魔法』。術者を空気のベールで覆い、浮力・揚力を与え、飛行する事が可能。飛行時間・距離は術者の『力量』に左右される。


『ファイアーストーム』・・・火系術式と風系術式を組み合わせた上級複合術式。爆炎の嵐を発生させる。超高熱と酸欠が一度に襲う凶悪な『範囲魔法』。


『テレスコープ』・・・水系術式。光の屈折を利用して、遠くを見通す事が可能。ただし、光源を直視すると視力を失う可能性があるので、使用には注意が必要。


『バ〇ス』・・・言わずと知れた『滅ぶの呪文』。まぁ、実際はただの『目潰し』。


『ファイヤーボール』・・・火系術式。複数の『火の玉』を発生させ、対象にぶつける『魔法』。火系術式の『初級魔法』にして、代名詞でもある。その大きさ、数などは術者の『力量』に左右されるが、副次効果も含めて非常に優秀な『攻撃魔法』。


『アース・クエイク』・・・上級地系術式。地面を隆起させたり、陥没させたりする事で大規模に地形を変化させる『範囲魔法』。本編でアキトが使用した例の様に、土木作業にも適しているが、地形を変化させる関係上、恐ろしい『攻撃魔法』にもなるし、『罠』・『防御』にも転用が可能な応用に優れた『魔法』でもある。


『アイスショット』・・・水系複合術式。水と風の複合術式だが、四大属性の派生であるので、『初級』~『中級』程度の難易度。氷の弾丸を射出する。本編では大した活躍はなかったが、副次効果も含めて非常に優秀な『攻撃魔法』。


『クエイク』・・・地系術式。地系術式の初歩の『魔法』で、極小規模に地形を変化させる『範囲魔法』。『アース・クエイク』の簡易版みたいなモノ。


『ウォーター』・・・水系術式。水を発生させる。水系術式の初歩の『魔法』で、『ファイア』に並んで使い勝手の良い『魔法』。戦闘においては直接的な『攻撃魔法』とはなりにくいが、間接的な応用に優れた『魔法』である。


『ブリザード』・・・水系複合術式。暴風雪を巻き起こす『範囲魔法』である。高い殺傷力を持ち制御の難しい『魔法』であるが、『中級』に属する『魔法』である。とは言え、『属性魔法』から派生した複合術式は、扱える術者がかなり限定されてしまう。


『ウォーターボール』・・・水系術式。複数の『水の玉』を発生させ、対象にぶつける『魔法』。『ファイアボール』や『アイスショット』と同じ『指向性』を持った『攻撃魔法』だが、『アイスショット』の劣化版であるとの認識が強い。ただ、これも術者の『力量』によっては、射出する際の『速度』・『圧力』にも差が出るので、意外と凶悪な『攻撃魔法』になりうる。


『ストーンショット』・・・地系術式。複数の『石つぶて』を対象にぶつける『魔法』。『ファイアーボール』・『アイスショット』・『ウォーターボール』と同じ『指向性』を持った『攻撃魔法』だが、それらと違い、地系術式のメリットとして『石ころ』はそこら辺に存在するので、使い勝手は一番良いかもしれない。ただし、副次効果は見込めないので、その点には注意が必要。


『エクスプロージョン』・・・複合術式。所謂『爆発魔法』。術式の研究や『火薬』や『ガソリン』の流通次第では『広域殲滅魔法』となりうる。しかし、アキトは『前世』の『知識』と『魔獣の森』で育った環境柄、必要以上に自然環境に被害を出す恐れのある『無差別攻撃』には否定的な考えを持っている為、本編の通り、それほど大規模な『威力』ではなかった。


『サンダーストーム』・・・水系術式と風系術式を組み合わせた上級複合術式。水と風を組み合わせた『魔法』によって雷雲を発生させ、風系術式の派生属性で『上位属性』である『雷』を放電させる。


『マイクロスコープ』・・・水系術式。『テレスコープ』を応用した小さな物を拡大する顕微鏡や虫眼鏡の様な効果を持つ。アキトのオリジナル魔法(ただし、その発想さえ持っていれば、魔法を扱える者ならば簡単に応用が可能だが)。アキトはこれを用いて、菌などの研究に役立てた。


灼熱フレア】・・・超高熱の『爆発現象』を伴った『竜種』の持つ特殊な言語による魔法・『竜語魔法ドラゴンロアー』による『ブレス攻撃』。その『威力』はミサイル攻撃に匹敵すると見られる。『竜語魔法ドラゴンロアー』のメカニズムは、『圧縮言語』によって瞬時に構築された(省略された)『詠唱』、『印』、『魔法陣』を、『息吹ブレス』と共に『魔力(魔素)放出』する事で発動している。


疾風迅雷サンダーストーム】・・・『サンダーストーム』の『竜語魔法ドラゴンロアー』バージョン。その『威力』は、『詠唱魔法』時より遥かに向上していると見られる。


【神々の波動】・・・幻術系魔法を応用した、情報改変系魔法。アキトのオリジナル魔法。を指定・設定して、そのの事象・情報などを上書きする事が可能。場合によっては、そののルールすら掌握してしまうある意味チート染みた魔法。もっとも、そのコントロールには驚異的な情報処理能力を必要とし、同時に莫大なエネルギーを必要とする。アキトは本編中に、アルメリア・セレウス両名の力を借りて発動している。仮にアキト一人で発動する場合は、『精霊石せいれいせき』を用いて、アキト自身で情報処理とエネルギーのコントロールをしなければならないので、本編中よりもやグレードが下がると思われる。


『ウォーターカッター』・・・『現代魔法』とは異なる『古代語魔法ハイエイシェント』の一種である。水系術式で顕現させたただの水に超高圧を掛ける事によって金剛石ダイヤモンドすら容易に貫く、言わば『水鉄砲』の超強化版の様な『魔法』。


筋力強化パワー』・・・『ヒーバラエウス公国』の『魔法士ウィザードナイト』が扱う特殊な『自己バフ』系の『強化魔法』。『ヒーバラエウス公国』が独自に開発した『増幅魔法』と、異世界『アクエラ』にて主流化しつつある『刻印魔法』を組み合わせた『魔法』で、系統的には『魔闘気』や『覇気』に近い。ただし、『魔闘気』や『覇気』が完全に個人の資質に依存する『スキル』なのに対して、これは『魔法技術』を基盤としている為に、他者への『伝達』や『継承』が可能である。もっとも、その『達人』となる為には、当然それ相応の『修行』や研鑽は必要不可欠である。


治癒力強化ヒーリング』・・・『ヒーバラエウス公国』の『魔法士ウィザードナイト』が扱う特殊な『自己バフ』系の『強化魔法』。『ヒーバラエウス公国』が独自に開発した『増幅魔法』と、異世界『アクエラ』にて主流化しつつある『刻印魔法』を組み合わせた『魔法』で、系統的には『回復魔法』に近い。ただし、『回復魔法』とは違い、これはあくまで『自己修復機能』の『強化』であるから、他者への治療効果は見込めない。


☆☆☆


地獄の業火インフェルノ】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・“The Lost World~虚ろなる神々~”内限定の魔法。『公式』の説明によれば、地獄から『黒い炎』を召喚し、対象を攻撃する魔法で、火系魔法の最上位魔法の一つ。


幾万の雷ヴァジュラ】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・“The Lost World~虚ろなる神々~”内限定の魔法。『公式』の説明によれば、『雷神』の力を借り、対象に無数の雷光で攻撃する魔法で、天系魔法の最上位魔法の一つ。


大回復ハイヒール】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・“The Lost World~虚ろなる神々~”内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、『HP』を中程度回復。とあるが、『アクエラ』では、重傷者を瞬時に回復する程度の効力がある模様。


回復ヒール】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・“The Lost World~虚ろなる神々~”内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、『HP』を小程度回復。とあるが、『アクエラ』では、軽傷者を瞬時に回復する程度の効力がある模様。


獅子の心ライオンズハート】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・“The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、『混乱』の『バッドステータス』を回復する『状態異常回復』の魔法。とあるが、『アクエラ』では、精神安定作用をもたらす『精神干渉系魔法』である模様。


癒しの風ヒールウィンド】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・“The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、『MP』を全体に小程度回復する魔法。とあるが、『アクエラ』では、精神に活力を取り戻し、ストレスを軽減する『精神回復魔法』である模様。


強制睡眠スリープ】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・“The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、『睡眠』の『バッドステータス』を与える『状態異常』の魔法。ただ、『TLW』時は、敵キャラや味方に対しても使用可能だったが、成功率はその対象の『精神耐性』に依存する為、中盤~終盤にかけてはすっかり出番のなくなってしまった不遇な魔法である。ただし、『アクエラ』においては非常に有効な魔法である。


爆炎陣ファイアーバースト】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、火系魔法の派生系で、指定した範囲に爆発と高熱を起こして攻撃する『広域殲滅魔法』である。『TLW』時は、せいぜい中級程度の魔法だったが、本編では『大爆発』に伴い『キノコ雲』が発生する程度には強力な魔法である様子だ。


【女神の癒し手】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、『敵』などから受けた『戦闘不能』以外の『バッドステータス』を回復する『状態異常完全回復』の魔法。とあるが、『アクエラ』では、『精神干渉系魔法』である模様。本編では、アラニグラの“変貌”を、『バッドステータス』のたぐいとみなして使用したが、術者の『イメージ』、あるいは『認識』が不十分であった為、効果は現れなかった。


真なる蘇生トゥルーリザレクション】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、『戦闘不能』状態から復帰させる、所謂『蘇生魔法』・『復活魔法』である。ただし、復帰の際に『アバター』の『レベル』が『ダウン』してしまう『デスペナルティ』が発生する。とは言え、【真なる蘇生トゥルーリザレクション】は、『蘇生』・『復活』系の『魔法』としては、最上位に位置する『魔法』であり、『レベルダウン』の『デスペナルティ』も、最小限に抑える事が可能である。


物理障壁プロテクト】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、敵からの『物理攻撃』を軽減する、あるいは防ぐ『防御魔法』である。本編でも言及したが、異世界『アクエラ』には、そもそも『防御魔法』自体存在しないので、『異世界人』である『Lord of The Lost World』のメンバーのみが使用可能である。その効果は強力で、『術者』の『力量』を越える者達からの『物理攻撃』には効果が薄くなってしまうのだが、『Lord of The Lost World』のメンバーは、異世界『アクエラ』では最高峰の『レベル』を持っているので、ほぼ完全な『物理攻撃無効』を実現している。


対魔障壁マジックシールド】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、敵からの『魔法攻撃』を軽減する、あるいは防ぐ『防御魔法』である。本編でも言及したが、異世界『アクエラ』には、そもそも『防御魔法』自体存在しないので、『異世界人』である『Lord of The Lost World』のメンバーのみが使用可能である。その効果は強力で、『術者』の『力量』を越える者達からの『魔法攻撃』には効果が薄くなってしまうのだが、『Lord of The Lost World』のメンバーは、異世界『アクエラ』では最高峰の『レベル』を持っているので、ほぼ完全な『魔法攻撃無効』を実現している。


復元リセット】・・・フルダイブ用『VRMMORPG』・The Lost World~虚ろなる神々~内限定の魔法。で、あったが、異世界『アクエラ』でも『Lord of The Lost World』のメンバーは、『異能力』により使用可能であると判明した。『公式』の説明によれば、この魔法は“戦闘開始時に戻す”魔法として存在していたが、異世界『アクエラ』では、回復魔法の代用に用いる事が可能だと判明している。もっとも、これは結果論に過ぎず、対象者を“戦闘開始時の状態”に戻したからそうなっただけであり、異世界『アクエラ』の定義する魔法理論的には、『時間干渉系魔法』に属する、場合によっては、術者を“時間の狭間”に飲み込んでしまう可能性のある、高度かつ大変危険な魔法である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る