嵐のような日々

 帰ってきたディレクターに、真奈美が事態を説明できるようになるまで丸一日。

 ディレクターが事態を理解するのにもう一日。

 そして顔を真っ赤にして怒鳴り散らす事17分。

 幸い真奈美も焦っていた事と、ディレクターの興奮も極まって何を言っているのか全く聞き取れなかったので、萎縮する事はなかった。

 髭の男が散々悪口を言っていたが、ディレクターもやはり社会人には違いない。離れていたスタッフを呼び戻し、テキパキと指示を与える。

 真奈美は各方面に頭を下げて回り、一日の大半を地面を見て過ごす事になった。

 文字通りの目の回るような日々に時間の感覚も分からなくなる。

 そして嵐のような二か月は過ぎた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!