シナリオデビュー一本

「く、九条さん……」


「なんだよ? 前より遥かに困った顔して」

「遥かに困ってるんですよ。次回作のシナリオ一本やってくれって言われました」


「……めでたいじゃないか」

「だって前はあんな目にあったんですよ! 無理に決まってるじゃないですか!」

「どういう経緯でそうなったんだ?」

「いや、何が悪かったのか言ってみろって言われて、九条さんに教えられた事をそのまま言ったら……」

「やったじゃないか」

「なんでそうなっちゃうんです?」

「それはそこさえ直せばお前さんのシナリオは使えると判断されたからだよ。実際人は足りないんだし、どっちにしろ直しは入るんだから、自信持ってやってみろ」

「はあ……」


「まずは前作のシナリオを読んでみるんだな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます