本格的に執筆開始

「今日から本格的にシナリオの作業に入るんですけど、相談に乗ってもらえます?」

「あのなー。俺は別プロジェクトの人間だぞ」

「だって元はと言えば九条さんの勧めでこうなったんですよ? そりゃ感謝してますけど、もう少し面倒見てくれてもいいんじゃないですか?」

「まあ、そうだな」


「実際の所、僕に出来ると思います?」

「無理だな」

「いきなりですか!?」

「出来ないものを出来ると言ったら俺の責任になっちまうだろ。心配するな。出来ない事を認識して、完成までに出来るようになりゃいいんだ」

「そ、それは出来ますかね?」

「当たり前だ。そこは努力次第だ」


「手始めに、何をすればいいですかね」

「そうだな。『ファンタジー物語』を見る限りではまだキャラクターを作れないだろう。せいぜい語尾を分けるくらいだろうな。今回、続編だから主人公のキャラクターはもう出来てる。前作のを真似るだけでいい。問題はヒロインだな」

「何人かいるヒロインの内の一人なんですけど、最後に出てくるおまけ的なキャラとか言われましたね」

「他のキャラクターとの掛け合いが少ないんだな。だからお前さんに当てられたんだろう。このヒロイン一人作ればいいんだ。必要最低限の設定はあるんだろ」

「あ、はい」

「それを守って、後は自分でこのヒロイン像を作るんだ。まあ、ライターがヒロイン作ると言っても、書いた後で新しい設定が出てきてリテイクなんて事はよくあるぞ。それは覚悟しとけ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!