ところ変わって屋敷の外

「なんか……。騒がしいわね」

 外で見張りを兼ねて待機していたホーリーは言う。

「やっぱりあの人達に隠密行動は無理でしたか……」

「今から助けに行っても遅いかな……」

 もちろん助けるのは妖精の方である。ここは兵士の詰める宿舎などではない。貴族などの老妖精の住む普通の屋敷だ。血気盛んな戦士と鉄をも切り裂く爪を持った獣魔に妖精の魔法力が加わった一行の身を案じる必要などなかった。

「街の警護団に捕まったりした時に、助け出してあげないといけないから、私達は隠れてましょ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!