帰宅 綾乃

「あと少しで祈りの丘だというのに!」

 目的地はすぐ上に見えているのだが、間に立ちはだかるのは断崖絶壁。

「ここまでなのか?」

「大丈夫ですのー」

 小さな魔法使い、フェリシアが杖を振うと、パーティーは祈りの丘にワープした。

「何もないじゃないか。本当にここか?」

 丘に着いた勇者は呟いた。ここに魔王の居城があるはずだ。

「太陽系の惑星が一直線に揃わないと姿を現さないんですのー」

「それはいつだ?」

「八十年後ですのー」

「なにぃ、それじゃダメじゃないか!」

「心配無用ですの!」

 フェリシアが杖をふるうと、夜空の星が、扇状に線を描いて回り始めた。

 凄い風が吹き荒れ、みんなのスカートが捲くれ上がり、モリガンのふくよかな胸が零れ落ちて揺れる。

「一気に八十万年飛ばしますのー!」

「飛ばしすぎー」



 うーん、と印刷を見返し溜め息を付く。

「そんなに悪いかな……」

 と言いつつも、改めて見ると確かにそうかもしれない。

 実際、少年には女友達もいない。だから欲望に走ってしまうのだろうか。

 部屋で少し休んだ後に入浴の準備をして部屋を出ると、ちょうど綾乃が入浴を終えて部屋に戻る所だった。

 バスタオル一枚の格好だ。

 結えた髪から水滴が、ほんのりと湯気が立ち上る体に落ちる。

 さすがに母親に見つかれば注意されるが、綾乃はこういう事には無頓着だ。

 少年も姉の裸に興味を持った事はないので何事もないようにすれ違う。


 だが今日は立ち止まって振り返り、

「そうか、分かったぞ。姉ちゃんは男ばっかりでむさい僕の人生に、少しでも潤いを持たせるために産まれて来たんだね」


「しまいにゃ殴るよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!